2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

古代ローマを語ろう【ローマ人の物語】25 [転載禁止]©2ch.net

1 :世界@名無史さん:2015/07/19(日) 02:55:28.58 0
■ 過去スレ ■
古代ローマを語ろう【ローマ人の物語】24
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/whis/1433560900/
古代ローマを語ろう【ローマ人の物語】23
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/whis/1427268238/
古代ローマを語ろう【ローマ人の物語】22
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/whis/1419978105/
古代ローマを語ろう【ローマ人の物語】21
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/whis/1415634240/
古代ローマを語ろう【ローマ人の物語】20
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/whis/1410888654/
古代ローマを語ろう【ローマ人の物語】19
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/whis/1406926157/
古代ローマを語ろう【ローマ人の物語】18
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/whis/1403015864/
古代ローマを語ろう【ローマ人の物語】17
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/whis/1398731252/
古代ローマを語ろう【ローマ人の物語】16
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/whis/1389887360/
古代ローマを語ろう【ローマ人の物語】15
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/whis/1383046067/
古代ローマを語ろう【ローマ人の物語】14
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/whis/1378530362/
古代ローマを語ろう【ローマ人の物語】13
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/whis/1370701295/
古代ローマを語ろう【ローマ人の物語】12
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/whis/1365857000/

2 :世界@名無史さん:2015/07/19(日) 20:34:00.98 0
諸君、>>1は投げられた

3 :世界@名無史さん:2015/07/19(日) 21:37:54.78 0
古代ローマを傾けた語ラウヌムの戦いについて語ろう

4 :世界@名無史さん:2015/07/19(日) 21:56:22.34 0
やだ

5 :世界@名無史さん:2015/07/19(日) 22:13:35.74 0
じゃあホノリウス以降の西ローマ皇帝について語ろうか

6 :世界@名無史さん:2015/07/19(日) 22:19:38.71 0
うん、それがいい

7 :世界@名無史さん:2015/07/20(月) 10:19:07.91 0
しかし、匙も投げられた

8 :世界@名無史さん:2015/07/20(月) 10:51:18.38 0
ティベリウスがノマド族の祖先と考えて間違いない

9 :世界@名無史さん:2015/07/20(月) 12:06:13.21 0
西ローマの公用語がラテン語でビザンツの公用語がギリシャ語だったというが、
統一時代のローマではラテン語が公用語だったのか?それともギリシャ語?

10 :世界@名無史さん:2015/07/20(月) 12:46:57.24 0
>>9
西はラテン、東はギリシャ
両方出来てインテリ

11 :世界@名無史さん:2015/07/20(月) 15:28:26.17 0
軍の命令なんかは東西関係なくラテン語なんやで
ただ話す、読むはともかく、まともに書ける連中は少なかったようやな(帝国西部の場合)
東部はどうなんやろうなあ、ドゥラ・エウロポスで碑文がたくさん見つかっとるけど
そっちは詳しくないもんでなあ

12 :世界@名無史さん:2015/07/20(月) 19:13:58.05 O
兵卒はともかく、百人隊長は読み書きができないと困るはず。
現場責任者は命令を受けるだけでなく、報告を上げるのも
大事な職務だからね。

13 :世界@名無史さん:2015/07/20(月) 19:33:25.92 0
>>11
そりゃ軍令は統一されてないとダメだろ

14 :世界@名無史さん:2015/07/20(月) 20:36:10.07 0
ローマのワインてどれくらいの度数だったんだろうねえ

15 :世界@名無史さん:2015/07/20(月) 21:11:18.06 0
9%程度と言われてるね
それを割って飲むから実質度数低い

16 :世界@名無史さん:2015/07/20(月) 22:05:33.30 0
>>11
ヨーロッパ出身の兵が勇猛だったから
パルティアやササン朝と対戦する時は
たいていオリエント軍だけでなく
ドナウ軍とかが加勢していた
オリエント兵でイランに対抗出来たのは
パルミラだけだった

17 :世界@名無史さん:2015/07/20(月) 22:22:13.24 0
ローマ人ってキリスト教を受け入れる際、キリスト教の神って
俺らをゴイム扱いするヤハウェじゃね?
って疑問に思わなかったの?

18 :世界@名無史さん:2015/07/20(月) 22:56:24.92 0
カール大帝やビザンツ皇帝がしている宝石の入った王冠を、
ローマ皇帝が被るようになったのはいつごろからですか?

19 :世界@名無史さん:2015/07/20(月) 23:03:12.96 0
ササン朝の模倣でディオクレティアヌスからでは

20 :世界@名無史さん:2015/07/20(月) 23:59:33.03 0
月桂冠のがローマっぽいんだけどな
禿も誤魔化せる気分になれるし

21 :世界@名無史さん:2015/07/21(火) 00:59:42.23 0
円形脱毛なら宝冠のが隠せるなw

22 :世界@名無史さん:2015/07/21(火) 04:57:09.05 0
>>12
遊牧民の百戸長「別に字なんて読める必要無くね?」
千戸長「大ハーンクラスでも、どこまで読み書きできたものなんだろうな?」

23 :世界@名無史さん:2015/07/21(火) 05:01:15.95 O
リメスのなんたら遺跡で大量に出た木簡は誰が書いてたんだろ?

24 :世界@名無史さん:2015/07/21(火) 05:30:48.80 0
>>23
ヴィンドランダの書簡群は書記奴隷と思しきキッチリ書いたものもあれば、
兵卒や将校の直筆と思われる走り書きメモまで一通り
子供が勉強の一環で書いたと思しき誤字だらけのアイネイアスの一文や、
将校級の妻たちのプライベートな手紙の中にも、筆跡鑑定からその女性本人が書いたと推測できるものもあったり

25 :世界@名無史さん:2015/07/21(火) 06:20:12.65 0
パルティアやササン朝と通交してるから商人はペルシャ語も話してたかも

26 :世界@名無史さん:2015/07/21(火) 07:46:55.50 O
ポンペイの落書きとか見ると、市民権者層は識字率
高かったんじゃないのとも思うがな。

27 :世界@名無史さん:2015/07/21(火) 10:54:44.53 0
中世に入ってからの貴族(騎士)には武勇を一番に尊び、読み書きなんかするのは恥、みたいな風潮が一部にあったと聞いた。

これはこの時代になっても蛮族的な気風が残っていたのか、
単純に文武でいえば滅んだローマ帝国時代に持て囃された文なんかよりも、
地方領主が領地維持のためにも必要とした武をとにかく重視したからか、
聖書ラテン語を理解できる立場を独占し続けたいキリスト教会側が作った策略の面もあるのか……。

28 :世界@名無史さん:2015/07/21(火) 11:09:39.29 0
>>22
匈奴に投降した前漢人は、彼らに読み書き・数え方を教えたというな

29 :世界@名無史さん:2015/07/21(火) 17:33:08.59 0
>>27
アンナ・コムネナがビザンツに来たフランク騎士が筆を持馬鹿にしてたと書いてるな

30 :世界@名無史さん:2015/07/21(火) 19:50:59.31 0
オクタビアヌスはギリシャ語の読み書きも出来たとか

31 :世界@名無史さん:2015/07/21(火) 19:57:52.56 0
オクタはほとんどギリシャ語読み書き出来ねえよ
ネロあたりはガキの頃から教育ママゴンのスパルタで叩き込まれて15才で流暢に演説してたが

32 :世界@名無史さん:2015/07/21(火) 20:05:22.38 0
ギリシア留学経験あるし、当時のローマの子弟の嗜みとして普通に読み書きできると思う

33 :世界@名無史さん:2015/07/21(火) 20:10:31.47 0
出自は良くないんだけどな

34 :世界@名無史さん:2015/07/21(火) 20:17:00.37 O
カエサルの屋敷に引き取られてからはやらされたろギリシャ語

35 :世界@名無史さん:2015/07/21(火) 21:35:21.24 0
オクタヴィアヌスには側近にギリシャ文化に堪能なローマ版へうげものと、
根暗なオリンピックで優勝するような養子がいるから問題ない

36 :世界@名無史さん:2015/07/21(火) 21:38:09.37 0
推測で物を言われてもな

アウグストゥスはギリシャ語を流暢に話したり書いたりできず
ラテン語で書いた文をギリシャ語に訳させていた
BYスエトニウス

37 :世界@名無史さん:2015/07/21(火) 22:31:51.88 O
それは単に語学の才能がなかったのでは

38 :世界@名無史さん:2015/07/21(火) 22:33:32.21 O
なんか前にも同じ話題があったな

その時は、アウグストゥスとアウグスティヌスを混同していた、という脱力のオチだったが

39 :世界@名無史さん:2015/07/21(火) 22:35:15.03 O
アウグストゥルスの立場はどうなる

40 :世界@名無史さん:2015/07/22(水) 01:06:31.84 0
>>2の匙は投げられた!って誰のセリフだっけ?

41 :世界@名無史さん:2015/07/22(水) 01:16:58.95 0
それを知らずにここに来るのは人間世界の悲惨だな

42 :世界@名無史さん:2015/07/22(水) 05:05:40.74 O
神々のもとに行ってこい

43 :世界@名無史さん:2015/07/22(水) 10:23:55.51 0
フランス革命スレでウヨクサヨクと騒ぐ奴もいるしな

44 :世界@名無史さん:2015/07/22(水) 10:44:10.51 0
メナンドロスだな。

45 :世界@名無史さん:2015/07/22(水) 12:32:22.90 0
賽じゃなくて匙か

46 :世界@名無史さん:2015/07/22(水) 15:43:18.89 0
カエサル「匙は投げられた……もうみんな故郷に帰っていいよ……解散」

47 :世界@名無史さん:2015/07/22(水) 18:13:32.99 0
たしかに流暢に話したり書いたりできなかったて書いてるな
ただギリシアの文学や格言には造詣が深かったようだ

48 :世界@名無史さん:2015/07/22(水) 18:42:30.67 O
なんでガリア戦記の第八巻を訳してないんだよ岩波。
読みてぇぇぇぇ

49 :世界@名無史さん:2015/07/23(木) 05:22:30.04 0
ガリア戦記や古代の碑文みたいな原文ってどういうことに所蔵されてるんだろ?

50 :世界@名無史さん:2015/07/23(木) 06:21:03.69 0
>>48
講談社学芸文庫では訳されてるよ。

51 :世界@名無史さん:2015/07/23(木) 10:27:31.42 O
>>50
そっちは読みやすいのかな?岩波は読みにくくてかなわん。

52 :世界@名無史さん:2015/07/23(木) 11:58:42.39 0
講談社学“術”文庫な

53 :世界@名無史さん:2015/07/23(木) 15:13:12.34 0
ユダヤ人にとっても、またあらゆる被征服民族にとってもアケメネス朝ペルシアは日本で言う延喜・天暦の治に値する偉大な時代だろう
ユダヤ人からすれば自分達をバビロン捕囚から解放し、寛大に扱ったアケメネス朝には最高の感謝をし、
その後のギリシャ・ローマは神殿を破壊した迫害者なので恨みを持つはずだ それでもユダヤ以外の被支配民族にとっては
後のキリスト教国教化以降、十字軍以降の時代に比べればまだまだ寛大ではあるが
金帝:アケメネス朝
銀帝:ギリシャ・ローマ・ササン朝
胴帝:東ローマ・イスラム・フランク
廃帝:イギリス・フランス・ロシア・プロイセン・オーストリア(英は交代・後は消滅)

54 :世界@名無史さん:2015/07/23(木) 17:30:32.74 O
ユリウス・カエサルの功績に関する覚書→ガリア戦記
この変化はどゆこと

55 :世界@名無史さん:2015/07/23(木) 18:30:59.22 0
アケメネス朝は寛大すぎていざという危機を迎えるとあっさりろマケドニアに滅ぼされてしまった

56 :世界@名無史さん:2015/07/23(木) 21:01:39.72 0
オリエント式軍隊の超大軍が自国領内の補給どうやってたのかすげー気になる
数万の軍隊で何人倒されても即座にその穴を埋める式の軍が通った後って
ペンペン草一つ生えてないんじゃないの

57 :世界@名無史さん:2015/07/23(木) 21:22:55.69 0
>>49
大英博物館の倉庫にはけっこうありそうです

58 :世界@名無史さん:2015/07/23(木) 22:08:39.36 0
ガリア戦記は原文はないよ
何回も書き写されたモノがあるだけ
それらは当然書き間違いとか、勝手に変更されてる部分があるのでできるだけたくさんの写本を精読して原文を推察するのだ

59 :世界@名無史さん:2015/07/24(金) 11:39:22.78 O
ローマヲタのペトラルカさんが修道院とかで
古写本を発見して広めました。

60 :世界@名無史さん:2015/07/24(金) 22:23:38.69 0
>>56
ヘロドトスによればその数100万人
それに女、子供、馬などの数も含めたら
戦うよりも兵站のほうが大変じゃないかと思う

61 :世界@名無史さん:2015/07/24(金) 22:53:21.35 O
だからサラミスの海戦で制海権を失って補給が滞ってから
ペルシャ軍はパッとしなくなるんだな。

62 :世界@名無史さん:2015/07/25(土) 01:03:39.52 0
ヘタリア人も昔は勇敢だったな

63 :世界@名無史さん:2015/07/25(土) 01:12:36.11 0
サラミは美味いがサラミスは美味いのか?

64 :世界@名無史さん:2015/07/25(土) 02:18:51.29 0
コロッセオで首をかき切るポーズをしているイメージ

65 :世界@名無史さん:2015/07/25(土) 06:29:23.01 0
サラミスなんてザク2一機でも余裕で沈められるだろ

66 :世界@名無史さん:2015/07/25(土) 08:47:21.14 O
>>59
ペトラルカはキケロ書簡集を発見して大喜びするが、
その内容を読んで、キケロのあまりに情けない人物像に
がっくり凹んだとか。著書の格調高さと、現実の政治家
としての風見鶏ぶりの落差に呆然。

67 :世界@名無史さん:2015/07/25(土) 11:11:24.51 0
>>60
そんなに動員したら本国が無防備になりそう
北からサウロマタイや東からインド諸国がイランに侵入しそう
ローマだと常にゲルマンとペルシャに同時に備えていたけど
アケメネス朝は当時ギリシャ諸国以外に敵はいなかったのだろうか?

68 :世界@名無史さん:2015/07/25(土) 12:25:53.95 0
ギリシャ人の話わ話百分の一で聞いとかないと

69 :世界@名無史さん:2015/07/25(土) 12:38:39.25 0


70 :世界@名無史さん:2015/07/25(土) 17:32:02.64 0
不死隊とかいう一応精鋭部隊をよく編成できたもんだな
数万の兵士を常備軍ってそれだけでも結構すごい気がする

71 :世界@名無史さん:2015/07/25(土) 17:36:55.90 0
でも補充兵って能力的には劣るだろ?

72 :世界@名無史さん:2015/07/25(土) 19:26:07.98 0
ペルシャは機動力に富んだマッサゲタイやスキタイを脅威としていた。
マケドニアは小賢しい煩いだが、まさかあれほど強力だとは予想外だったと思われる。

73 :世界@名無史さん:2015/07/25(土) 19:53:27.92 0
ギリシア傭兵がペルシア内で暴れまくった「アナバシス」の件以降だから警戒感はそれなりにあったと思うけどな
何度も苦汁を飲まされ結局潰せなかったギリシアをあっという間に制覇したとなりゃ脅威を抱かないほうがおかしい

74 :世界@名無史さん:2015/07/25(土) 20:40:50.40 0
古代ギリシャや中世ヨーロッパの史実は
神話やキリストの奇跡の話と実際の話がごちゃ混ぜになってる
モーセの話やトロイア戦争なんてその典型だし
古代ローマのすばらしいところはちゃんと事実に基づいて真実のみを残してるとこ

75 :世界@名無史さん:2015/07/25(土) 22:56:38.83 0
アナバシスってギリシャ族の傭兵が土民の落武者刈りに遭いながら
這這の体で長距離を逃げ帰っただけな

76 :世界@名無史さん:2015/07/25(土) 22:58:18.05 0
逃げ帰れただけでもすごいじゃないか
普通なら皆殺しになるか降伏する

77 :世界@名無史さん:2015/07/25(土) 23:07:01.41 0
バビロン近郊から兵糧ゼロ騎兵ゼロの状態で、
数で圧倒的に勝り騎兵もたっぷりな現地軍の追撃をことごとく退け、
行く先々の町や都市を片っ端から略奪し虐殺し、
ペルシア領を縦断横断して小アジア通過して脱出
これを「逃げ帰っただけ」で済ますのはひねくれすぎ
傭兵視点からすると悲惨な敗走劇だけど、ペルシア視点だと災害みたいなもん

78 :世界@名無史さん:2015/07/26(日) 00:25:12.05 0
>>77
現地軍は追撃して無いよな
地方の部民と戦っただけ

79 :世界@名無史さん:2015/07/26(日) 00:40:20.54 0
ギリシャ人とユダヤ人の確執ってやっぱペルシア関係かな?

80 :世界@名無史さん:2015/07/26(日) 00:57:10.94 0
ペリシテ人がギリシャ人に近縁だったらしい

81 :世界@名無史さん:2015/07/26(日) 01:04:26.71 0
ペリシテ人はユダヤ人の敵でしたな
ユダヤ人はペルシア側だから、ギリシャとペルシアの代理戦争が
起きていた可能性が有りますね

82 :世界@名無史さん:2015/07/26(日) 02:27:50.68 0
>>56
エジプトに遠征した軍隊はまるごと消滅しちゃいましたねww

>>79
ギリシャVSフェニキアの交易戦争ですか

83 :世界@名無史さん:2015/07/26(日) 04:36:58.17 O
フェニキア語とヘブライ語は近縁でしたな

84 :世界@名無史さん:2015/07/26(日) 05:02:08.68 0
フェニキア人範囲広すぎだな
カルタゴもユダヤも同じフェニキア系ならペルシアがローマに捨て石にしたんかね

85 :世界@名無史さん:2015/07/26(日) 06:40:30.41 0
その当時のペルシャ地方ってセレウコス朝じゃないか?

86 :世界@名無史さん:2015/07/26(日) 06:42:47.24 O
ヘブライ語って元々カナン人の言葉だろ?
カナン侵攻前ユダヤ人は何語話してたんだ?
アッシリア語?エジプト語?

87 :世界@名無史さん:2015/07/26(日) 09:01:32.40 0
以色列

88 :世界@名無史さん:2015/07/26(日) 09:41:28.85 0
>>81>>84>>85

もともとティルスの植民地だったカルタゴは
レヴァントがアケメネス朝の支配下になった頃に独立したもの。

そんでもってサラミスで主力のフェニキア艦隊が海戦をやってた頃に
カルタゴ軍はシチリアのヒメラで一大決戦を行い無残な敗北を喫したという

戦いの結果如何によっては
その後の歴史の趨勢が全く別物になって
ローマ帝国が存在したかどうかも怪しいかもww

89 :世界@名無史さん:2015/07/26(日) 09:57:33.93 0
http://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000055468.html

90 :世界@名無史さん:2015/07/27(月) 02:18:50.18 0
歩兵のギリシャ傭兵が暴れる脅威よりも
騎馬軍団が縦横に機動力にものを言わせて拷掠する方が脅威だろ。
マデュエスに蹂躙され、キュロスが討ち取られ、
ダレイオスを返り討ちにしたという経緯からして
ギリシャよりもマッサゲタイやスキタイを警戒していただろう。

91 :世界@名無史さん:2015/07/27(月) 03:16:37.49 0
この時代、海の向こうからわざわざ連れてくる黒人奴隷より、
地続きですぐに会える場所にいてしょっちゅう蛮族討伐で捕らえる機会の多い白人奴隷のほうが、
安価で手に入れやすかったんでしょ?
スラブ民族みたいに呼び方まで奴隷ってなってる人たちもいたわけだし。
どんな感覚だったんだろうなぁ。
漫画のヴィンランドサガの描写みたいのが史実に近いのかな?

92 :世界@名無史さん:2015/07/27(月) 03:58:44.34 0
ギリシアには国ごと滅ぼされているしペルシア人が脅威と思うの当然では?
服属していたフェニキア人を嗾けたしても不思議ではないでしょう

93 :世界@名無史さん:2015/07/27(月) 07:23:04.69 0
>>91
スラヴ人を支配していたのはあの頃はイラン系遊牧民
>>92
ギリシャ系勢力ではマケドニアまでペルシャを蹂躙した勢力は出ていない

94 :世界@名無史さん:2015/07/27(月) 10:52:56.63 O
こう暑いと、ローマ人も冬じゃなく夏季休戦したら
よかったんじゃないかとか妄想ががが

95 :世界@名無史さん:2015/07/27(月) 13:00:25.55 0
>>93
妄想と史実がごっちゃに成ってんだろうな>>92

96 :世界@名無史さん:2015/07/27(月) 16:12:00.78 0
しかしローマ人は奴隷に働かせて自分は寝っ転がって一日中食っちゃ寝してたんだろ?
ちょっと出かけると思えば風呂行ったり、闘技場で見せ物見物
そりゃ世直しのためにキリスト教が出て来るわけだ

97 :世界@名無史さん:2015/07/27(月) 16:14:03.74 0
お前の言うローマ人ってどっからどこまでなんだよ

98 :世界@名無史さん:2015/07/27(月) 16:18:26.56 0
そりゃ揺りかごから墓場まで、パンとサーカスですよ

99 :世界@名無史さん:2015/07/27(月) 16:45:53.64 O
釣りだろ
マジで言ってるなら馬鹿過ぎる

100 :世界@名無史さん:2015/07/27(月) 16:56:09.11 0
ローマ人は奴隷に任せて働かない!
ローマ人はパン無償だから遊んで暮らせる!
ローマ人は一日中風呂と闘技場でダラダラ!
ローマ人は食って吐いてを繰り返す!

あまりローマに詳しくない人がとりあえず「ローマ人」を批判したい時に使う糞テンプレ

101 :世界@名無史さん:2015/07/27(月) 17:07:22.91 0
ちょっと前に現代のギリシャ人より働いてたってグラフが貼られてなかったっけ?

102 :世界@名無史さん:2015/07/27(月) 17:20:53.15 0
こんなローマは滅ぼすしかない!立ち上がるイエス・キリスト
自堕落なローマ人を戒め、酷使される奴隷たちを解放するためにキリスト教は誕生しました

103 :世界@名無史さん:2015/07/27(月) 17:45:04.07 0
パウロ「せやせや!」

奴隷オネシモス「奴隷生活にウンザリしたから逃亡してきたで!パウロさん助けてくり!」

パウロ「主人のもとに帰れ。同じキリスト教だから優しくしてあげてって手紙書いてやるから」

奴隷オネシモス「・・・」

104 :世界@名無史さん:2015/07/27(月) 17:50:50.57 O
まあイエスは反ローマというより、反神殿ユダヤ教の
リーダーっぽいけどなあ。

105 :世界@名無史さん:2015/07/27(月) 18:00:04.23 0
>>102は釣りネタだろうけど、
マジレスすると原始キリスト教は奴隷制度そのものについては基本スルー

106 :世界@名無史さん:2015/07/27(月) 18:04:44.58 0
>>105も釣りネタだろうけど
マジレスするとキリスト教は奴隷制度そのものについては基本スルー

107 :世界@名無史さん:2015/07/27(月) 18:08:53.22 O
教会が反奴隷制の立場を取った事なんてあるのか?

108 :世界@名無史さん:2015/07/27(月) 18:16:52.03 O
>>104
新約聖書じゃパリサイ派を目の仇にしてるし、
反神殿というより反律法主義じゃね?

109 :世界@名無史さん:2015/07/27(月) 19:02:22.06 0
そんなダラダラした人たちが地中海帝国を作れるとか思っているのだろうか?

110 :世界@名無史さん:2015/07/27(月) 20:06:53.63 0
ローマ関連の書籍読んでると、
我々が蛮族(笑)とか一笑に付しててザコだと思ってる連中がいかに恐ろしいか
押し出されてくるザコい部族を平らげたらその後ろにはそいつらを押し出した更に強い部族がいる無限ループ

111 :世界@名無史さん:2015/07/27(月) 20:32:10.27 0
ユダヤ総督ピラトの邸宅の改築をイエスとかいう大工に頼んだんだが、
見積もりと施工が全然違うということでピラトが違約を詰っても非を認めなかったので、
(認めれば酌量の余地もあったのだが)総督に対する詐欺ということで死罪になった。

112 :世界@名無史さん:2015/07/27(月) 20:36:58.84 0
奴隷等の身分制を改善できない既存の宗教を打倒するため、共産主義は生まれました
日本でも共○党と公●党の対立はここから来ています

113 :世界@名無史さん:2015/07/27(月) 20:38:39.91 0
>>108
それはユダヤ戦争以後パリサイ派がユダヤの本流になったからじゃねーかなって話が
ナザレ派はイエスを担ぎだしてユダヤと袂をわかったけど結局旧約聖書を捨てられなかった宗教

114 :世界@名無史さん:2015/07/27(月) 20:56:45.81 0
なあ、パルティアとかササン朝ってローマのこと何て
呼んでたの?
ローマ以外に呼び名があったら教えて。

115 :世界@名無史さん:2015/07/27(月) 20:58:26.37 0
>>101
ゲーテの大陸旅行記の中でイタリアは南に行くにつれ
退廃的な空気が蔓延してて、アルキメデスがいた頃の偉大なギリシャの殖民都市の面影も見れないって嘆いてた

116 :世界@名無史さん:2015/07/27(月) 21:16:19.01 O
>>112
> 奴隷等の身分制を改善できない既存の宗教を打倒するため、共産主義は生まれました

そして親愛なる指導者同志の個人崇拝と。
> 日本でも共○党と公●党の対立はここから来ています

単に商売敵だからだろ。

117 :世界@名無史さん:2015/07/27(月) 21:21:05.06 O
>>115
マグナ・グレキアのギリシャっぽさっていつ頃まで残ってたんだ?
共和政時代ならともかく帝政以降にそんなのあったのかね。

118 :世界@名無史さん:2015/07/27(月) 21:35:06.10 O
連休に熱海のMOA美術館に行ったら南イタリア出土の壷が
あって、B.C.320頃だそうだが、赤と黒の彩色といい絵の
題材(ペルセポネの略奪)といいギリシャ風全開だった。

119 :世界@名無史さん:2015/07/27(月) 22:08:58.25 0
>>117
はっきりとした区切りはわからないが
レバントの戦いがギリシャ文化の終焉って感じがする

120 :世界@名無史さん:2015/07/27(月) 22:31:44.70 0
【激ヤバ拡散】サルでもわかるTPPがヤバい9つの理由 1分55秒辺りから TPPと中韓や安全保障の影響 他
http://wc2014.2ch.net/test/read.cgi/kokusai/1292942530/457
.

121 :世界@名無史さん:2015/07/28(火) 05:30:39.85 0
南米どこかの版画か何かの絵に宣教師が原住民奴隷に背負われているのがあったな
未開地の異教徒など人間ですらないから、奴隷として使って当然だったと

122 :世界@名無史さん:2015/07/29(水) 01:30:37.72 0
それってただの風刺絵では?

123 :世界@名無史さん:2015/07/29(水) 02:21:55.14 0
ギリシャ・ローマ神話ってヌルいよね
そりゃキリスト教に滅ぼされるわけだ
ヒンズー教なんかシヴァの嫁・女神カーリーが踊って大地を粉砕しそうだから、
慌ててシヴァが下敷きになるって神話があるらしいじゃん。
自身破壊神にしてヴィシュヌと並ぶ主神級のシヴァがそんなことをするなんてw
同じ多新教なのに違いすぎる。

124 :世界@名無史さん:2015/07/29(水) 16:08:25.90 0
キリスト教の神ってあんまり自分では何もしないんだよな
だから何かをやってダメだったら信仰心が足りないからだみたいな逃げ道がある

具体的に○○を司るとか役割が決まってるとギリシア同士とかローマ同士ならともかく
蛮族との戦争でフルボッコにされた時に、アレ、ミネルヴァって御利益ないんじゃあ?とか宗教アナーキーになる

125 :世界@名無史さん:2015/07/29(水) 16:35:35.98 0
なんだろう、日本の帝が「見るのも畏れ多い」ってのと、
ユダヤ・キリスト・イスラムと教典の民一神教の「描くことも許されない」ってのは通じるものがある感じ
キリスト教は例外的に十字架・イエス・マリアを彫像化・描写化するけど、
それも神そのものではないし、
逆にイスラムは人間ムハンマドまで神格化して描くの厳禁だし

日本の昔の人が帝や公方様と同格のローマ皇帝が庶民と風呂に入ってたって聞いても、
絶対信じられなかっただろうな

126 :世界@名無史さん:2015/07/29(水) 17:15:42.43 0
ただローマ市民権を持ってる時点で本当の庶民とは言い難いけどね

127 :世界@名無史さん:2015/07/29(水) 17:41:04.40 0
絶対にありえなかったからこそ、
水戸黄門や暴れん坊将軍みたいな創作物語が親しまれたわけだしなぁ。
ローマ皇帝だと
「それは鷲の御紋!」
「そうだよ、皇帝だよ」
「こんな風呂に陛下がおられるわけがない!陛下を騙る不届き者め!ものども、出合え出合え〜!」 
「いや、普通に入ってるんだって…」

128 :世界@名無史さん:2015/07/29(水) 17:59:45.76 0
>>125
父と子と精霊は一体
貴様アリウス派か!

129 :世界@名無史さん:2015/07/29(水) 18:02:53.87 O
古代ローマの夏場のドリンクといえばポスカ!
ポスカを飲んで夏を乗り切ろう!


水に酢を垂らしただけのものですが

130 :世界@名無史さん:2015/07/29(水) 18:04:51.49 O
>>128
×精霊○聖霊
この異教徒め!

131 :世界@名無史さん:2015/07/29(水) 18:06:02.53 0
いや俺ではない!この変換エンジンが異端なのだ!

132 :世界@名無史さん:2015/07/29(水) 18:06:41.31 0
>>129
広告

イ エ ス 絶 賛

133 :世界@名無史さん:2015/07/29(水) 18:09:36.04 0
>>125
日本の、見るのも畏多い天皇って朕な中華皇帝が見本でしょ

134 :世界@名無史さん:2015/07/29(水) 18:21:57.05 0
>>128
そりゃ六神合体…じゃないや三位一体は知ってるけど、
これが神だぜ!唯一神だぜ!!って絵はキリスト教でも見なくない?

135 :世界@名無史さん:2015/07/29(水) 18:25:26.57 0
>>131
その変換エンジンをただちに異端審問に掛けるのだ!魔女裁判だ!レコンキスタだ!

136 :世界@名無史さん:2015/07/29(水) 18:52:31.39 O
精霊と契約するとはドルイド教徒だな!?

137 :世界@名無史さん:2015/07/29(水) 18:58:53.76 0
>>133
つか見るの憚られるとかないわー
弓削達かよ

138 :世界@名無史さん:2015/07/29(水) 19:01:10.15 0
六神合体ってさあ・・・・イーヴーぶっ殺しちゃ不味いでしょ

139 :世界@名無史さん:2015/07/29(水) 19:53:14.54 0
>>127
フツーに街に出て大したことない歌を聞かせる皇帝とかいたしな・・・

140 :世界@名無史さん:2015/07/29(水) 20:01:49.48 0
最高権力者たる皇帝が女装して街にでて庶民男相手に売春してケツ掘ってもらう世界

141 :世界@名無史さん:2015/07/29(水) 20:11:53.96 0
そうまでして掘られたいとは
よほど気持ちいいものなのか?

142 :世界@名無史さん:2015/07/29(水) 20:13:52.45 0
君んちのお風呂に彼を派遣するので試してみるといい

143 :世界@名無史さん:2015/07/29(水) 20:28:09.75 0
>>139
現代の感覚では大統領・首相クラスの人がつべやニコ動に「歌ってみた」動画をうpして叩かれる感じだろうかw

144 :世界@名無史さん:2015/07/29(水) 23:56:55.80 0
>>133
でも中華は畏れ多いはずの皇帝があっさり殺されたりしてるからなぁ。

145 :世界@名無史さん:2015/07/30(木) 00:14:12.94 0
神輿に神を移す魂入れは目が潰れるから見ちゃいけない事になってる
ばっちり見てる鳶の親爺さんによるとお守りとかを入れるらしい
天皇も神って設定だったから見るのも恐れ多いって事なんじゃないかな

神が入っているから神輿を上から見下ろすのは本当はNGなんだな
うるさい所だと歩道の上にいる奴は退かされるらしい

146 :世界@名無史さん:2015/07/30(木) 01:15:27.71 0
>>144
権勢絶大だから殺害するしか無いんだよ
スカスカの権力で居ても居なくても同じ周王や天皇なら放置するだけ

147 :世界@名無史さん:2015/07/30(木) 01:17:33.67 0
腐敗しまくってた罰当たりなキリスト教会と同じく
神社の連中が一番御輿や神罰を馬鹿にしていたという普遍の方式

148 :世界@名無史さん:2015/07/30(木) 13:07:25.82 0
新皇帝やっぱりホモだった

1 名前 : 名無しのローマ市民
そろそろノンケの皇帝が見たい

2名前:名無しのローマ市民
ゲルマン人でも呼んでこい

149 :世界@名無史さん:2015/07/30(木) 13:35:16.97 0
平安時代末期によくあった強訴とか言って
神輿をかついでデモやって、神輿に武器を向けるなんて罰あたりめ〜と言うだけで要求通ったんだからな
んで重盛に反撃されて一瞬で終わるというアホか

150 :世界@名無史さん:2015/07/30(木) 18:09:12.87 0
皇帝ティベリウスがケチなせいで今年のオスティア花火大会は中止になった

151 :世界@名無史さん:2015/07/30(木) 22:56:05.77 0
セネカ「この暑さ……今年の夏は死人がでるぞ!陛下は本気なのか?」
ブルス「……近衛隊を動員して会場を囲むらしい、今年は蜘蛛一匹逃さないつもりだ」
アグリッピナ「……仕方ない息子ね、……いいわ!私が歌います!」
セネカ・ブルス「!?」

152 :世界@名無史さん:2015/07/30(木) 23:00:40.67 0
コミケでロリコンとホモを一網打尽か

153 :世界@名無史さん:2015/07/31(金) 01:24:14.01 0
>>138
見せろよ!その姿を!

>>151
ジャイ○ンリサイタル?

154 :世界@名無史さん:2015/07/31(金) 05:19:59.14 O
>>151
そんな中でもいびきを掻いて豪快に居眠りする
ウェスパシアヌス将軍

155 :世界@名無史さん:2015/08/01(土) 10:15:53.04 0
建造物や御像は規模が大きくなるにつれ美しさが増す、とは当時の最先端のエジプト文明に
魅せられた古代ギリシャの傭兵が言った言葉だ

156 :世界@名無史さん:2015/08/01(土) 14:37:55.63 0
唄います・・・聞いてください『我が名はネロ』
♪わーたしーはネロ― 皇帝さー

ってのが思い浮かんだ

157 :世界@名無史さん:2015/08/01(土) 18:02:13.45 O
そこで居眠りするウェスパシアヌスの「そこらの
オッサン」的な面が憎めなくて好きだ。

158 :世界@名無史さん:2015/08/01(土) 18:16:26.86 0
あいつは顔からして下賤のものだからなw

補正しなかったのも好感触
ムスコがまた似た顔で草

159 :世界@名無史さん:2015/08/01(土) 18:38:40.20 0
といっても自宅は豪邸だったが
成金臭がまた下賤だな

160 :世界@名無史さん:2015/08/01(土) 19:09:03.08 O
暗愚とは言わないまでもエキセントリックだったネロの後には、
ウェスパシアヌスのオッサン的な真っ当さが必要だったんだろう。

161 :世界@名無史さん:2015/08/01(土) 19:12:45.47 0
まあ反乱されたり情勢は不穏だったが
大軍握ってたのが幸運だったなウェスパは

162 :世界@名無史さん:2015/08/01(土) 19:14:39.16 O
ウェスパシアヌスにしろクラウディウスにしろ、真っ当に
政治をやったオッサン達が叩かれるローマの謎。
便所オヤジに毒キノコオヤジ。

163 :世界@名無史さん:2015/08/01(土) 19:15:55.39 0
面白おかしく民衆を盛り上げる奴の方が人気なんだろ

164 :世界@名無史さん:2015/08/01(土) 19:16:56.81 0
元老院から要職奪ったり粛清すれば悪口残って当然だろう

165 :世界@名無史さん:2015/08/01(土) 19:18:41.68 0
クラウディウスは嫁どもを制御できない暗愚
byギボン

166 :世界@名無史さん:2015/08/01(土) 19:24:27.54 O
クラウディウスはブリタンニア征服者だろ?
ブリタニクスと呼べ!

167 :世界@名無史さん:2015/08/01(土) 19:28:14.78 0
不要な遠征を強いた愚帝という扱い

168 :世界@名無史さん:2015/08/01(土) 19:35:26.88 O
トラヤヌスのパルティア遠征よりも不要だったの?

169 :世界@名無史さん:2015/08/01(土) 19:40:37.46 0
なぜかキリスト教徒にも評判いいんだよなあトラヤヌス

170 :世界@名無史さん:2015/08/01(土) 21:27:27.04 0
>>162
おいら一番好きな皇帝はクラウディウス帝ww

171 :世界@名無史さん:2015/08/01(土) 21:33:16.11 0
>>169
ユダヤ人をいじめたからじゃないか?

172 :世界@名無史さん:2015/08/01(土) 21:38:09.93 0
>>171
ユダヤいじめならティトスとハドリアヌスだろう

173 :世界@名無史さん:2015/08/01(土) 22:06:38.94 0
ティトウスはユダヤの著作に繰り返し
のろわれた存在として描かれるなw

174 :世界@名無史さん:2015/08/02(日) 02:36:21.05 0
前に放送した再放送らしいが、NHK・Eテレでさっきまで放送してたポンペイの番組が面白かったなぁ。

主人と奴隷が同じトイレを使えて、
主人の後に入った奴隷が「ご主人様の○○が立派だ」と落書きしてたって話は笑ったw
そういうことのできるのどかさのある社会だったわけだし、
奴隷でも字を書ける者がいた証明でもあるね。
あと、裕福さのわかる黒人の骨があったってのと、
貧富の差に関係なく栄養状態が良好だったってね。
人種・身分間は想像以上に隔絶されていなかったわけだね。

175 :世界@名無史さん:2015/08/02(日) 05:49:23.46 0
常識的に考えて立派ということは奴隷より沢山喰ってたんだろうな

野菜を食う風習のあったローマ人のウンコがでかかったのかもしれない

奴隷の方は野菜くわなかったとかかもしれん

176 :世界@名無史さん:2015/08/02(日) 06:16:39.07 0
トイレはそのまま下水にというか、出したら下まで流れてたんだろ?
だから現物を目にできたとは思えないんだよな

日本の相撲取りが噂されてるように、
下の地位の者の役目として尻拭きをやらさせれて感じた不満を皮肉という形で吐露したとか、
誉めた当人が目にしてもおかしくない場所だから、持ち上げるためにゴマ擦りで書いた、
もしくは奴隷同士の連絡目的(その場合先の不満説/ゴマ擦り説どちらもありうるか)とか、
色んなパターンが考えられるんだよな

不満説だと、主人の直後で臭いがきつかったからとかあるかも?w
当時の社会における奴隷の一般的な認識に詳しい専門家に、
どういう説が一番可能性が高そうか訊いてみたいもんだな

177 :世界@名無史さん:2015/08/02(日) 12:00:50.58 0
>>174
エジプト属州は最も裕福な土地の一つだろ
黒人は裕福で当然

178 :世界@名無史さん:2015/08/02(日) 12:15:59.69 0
エジプト人はフェニキア人なんだが

179 :世界@名無史さん:2015/08/02(日) 12:19:46.99 0
どう見てもエジプト人は黒人には見えないよな

180 :世界@名無史さん:2015/08/02(日) 12:27:27.74 0
支配者層はギリシャ系

181 :世界@名無史さん:2015/08/02(日) 12:35:54.24 0
>>177
どう見ても黒人にしか見えないよね

182 :世界@名無史さん:2015/08/02(日) 12:36:20.65 0
支配層も勿論黒人

183 :世界@名無史さん:2015/08/02(日) 14:46:21.71 0
クレオパトラだってエジプトの女王なんだから、当然黒人(嘘)

184 :世界@名無史さん:2015/08/02(日) 15:35:08.64 0
エジプトは古くから、
アフリカの奥地の連中を兵士や奴隷として徴用してたから
黒人のエリート層、富裕層が居てもおかしくはない

185 :世界@名無史さん:2015/08/02(日) 16:07:49.63 0
ユピテルってヨウィ・ピテル(父なる神)の略だったの?

186 :世界@名無史さん:2015/08/02(日) 17:55:41.78 0
クレオパトラの妹がニグロイドで確定したんだよな

187 :世界@名無史さん:2015/08/02(日) 20:44:28.66 0
エジプトは古代からアラビア半島や地中海世界と交易が盛んだったが
ナイル川南方地域とは奴隷の貿易があった程度で接点がなかったんじゃないか

188 :世界@名無史さん:2015/08/02(日) 21:42:00.09 0
>属州アフリカの大多数の住民はコーカソイド系のベルベル人であって、中南部の黒人種との交流はごく限定的なものであった。
>古代ローマ時代のガリアやゲルマンは文明の中心地であった地中海世界や中東から離れた未開地であり、
>ローマ人にとって後年には北方人種と定義された風貌は蛮族の象徴のように書かれた。


>しかしながらいわゆる人種差別という概念は、古代ギリシア・ローマには存在しなかった。
>ギリシア神話では黒人のアンドロメダが美女として描写されていたし、
>ローマの軍人皇帝時代には皇帝候補として擁立されたアフリカ系住民もいた。

Wikipediaからの引用だから、参考程度にどうぞ。

189 :世界@名無史さん:2015/08/02(日) 23:05:30.04 0
イスラムのムハンマドが所有していた黒人奴隷1人が、聖人として賞賛されているが
それはむしろ黒人の奴隷比率が高かったからではないか?

190 :世界@名無史さん:2015/08/03(月) 01:00:36.24 0
>>188
属州アフリカと書いてあるよな
黒人が治めていたエジプトじゃあ無く
而もベルベル人からしてアラビア人やネグロと近縁

191 :世界@名無史さん:2015/08/03(月) 02:05:54.14 0
エジプトの壁画の人物像の突き出た後頭部とか黒人に見える。

192 :世界@名無史さん:2015/08/03(月) 03:45:43.46 0
エジプト王朝壁画に白人は半裸の奴隷や蛮族として描かれてるしね

193 :世界@名無史さん:2015/08/03(月) 14:48:28.91 0
ヌビア人、リビア人、エチオピア人がエジプト王だった時代もあるんだから、
エジプトが多民族国家だったのは間違いないだろう
黒人のファラオが居たかどうかは知らんが

194 :世界@名無史さん:2015/08/03(月) 17:18:14.02 O
海の民はエトルリア人だっけ?ラテン人も混じってたりしてな

195 :世界@名無史さん:2015/08/03(月) 20:09:08.29 0
古代エジプト人から見れば西アジア人は白人なんだな

196 :世界@名無史さん:2015/08/03(月) 21:04:54.21 0
エジプト人もそんな黒いわけではないだろ
南に行けば黒っぽくはなるだろうけど

197 :世界@名無史さん:2015/08/03(月) 21:45:57.48 0
ローマ人は人種や民族差別することなく相手の人間性や文化を尊重して
ときには保護して良質な部分だけを自国に取り入れ同化して発展した

198 :世界@名無史さん:2015/08/03(月) 21:49:40.65 0
だが自分たちとは肌の色が違う人種にも寛容さを見せたローマ人も
一神教のユダヤ教やキリスト教だけは受け入れることができなかった

199 :世界@名無史さん:2015/08/03(月) 21:57:31.82 0
いや、それは発想が逆で、ローマ人は受け入れてたけど
ユダヤ教徒とキリスト教徒がローマ人を否定してた
だから相いれなかった

200 :世界@名無史さん:2015/08/03(月) 22:17:09.32 0
宗教上の理由で納税と兵役の義務を怠ったんだろ

201 :世界@名無史さん:2015/08/03(月) 23:24:13.65 0
水と油

202 :世界@名無史さん:2015/08/04(火) 00:22:40.47 0
でも結局ローマ人がキリスト教徒になってはいるのよね

203 :世界@名無史さん:2015/08/04(火) 00:42:37.89 0
>>198
そのへんは最高神祇官たるローマ皇帝を否定しその滅びを待ち望むという、
そもそも彼らの側が受け入れを拒否していたから
こんな状況でローマに受け入れろと言うのは、
アメリカ滅亡を望む反米イスラム原理主義者たちを受け入れろとアメリカに言うようなもん

204 :世界@名無史さん:2015/08/04(火) 01:00:36.54 0
でも最終的にキチガイスラム原理主義を国教にするんだろ?
本当に苦渋の決断だったろうな
人間蝋燭にして処刑したくなる気持ちも分かるわ

205 :世界@名無史さん:2015/08/04(火) 14:30:51.12 0
>>95
西アジア人は褐色の文明人として描かれてるよ
白い半裸の奴隷として描かれてる蛮族と違って

206 :世界@名無史さん:2015/08/04(火) 16:47:43.51 0
ローマ人だと北の蛮族が髪や目や肌の色に違いはあっても、同じコーカソイドではあるわけだし顔の作りとかでそんなに違和感なかったと思う。

http://www.geocities.jp/mudai55/zatsu_nen/mongoru1.jpg
http://blogimg.goo.ne.jp/cnv/v1/user_image/2d/43/59df1510b9a2e15d837bf164018d4629.jpg
http://blogimg.goo.ne.jp/cnv/v1/user_image/35/8a/6ab5363a46b4a2c4388975b6bb4d1fc1.jpg
でも、こんな素敵ヘアーの遊牧民たちが東欧辺りを攻めて金髪碧眼を奴隷にした感覚はどうだったんだろうな?
やっぱり物珍しかったんだろうか。
日本人みたいに「天狗じゃ!天狗がおる!」とはならなかっただろうが。

207 :世界@名無史さん:2015/08/04(火) 17:23:42.50 0
ローマ水道って熱中症対策も兼ねてるのかね?

208 :世界@名無史さん:2015/08/04(火) 21:05:41.68 O
あんな長い水路を流れて来るんだから、ローマ市に
着く頃にはぬるま湯になってたろうな。

209 :世界@名無史さん:2015/08/04(火) 22:17:05.77 0
西アジア人なんて色白いしヨーロッパ人と変わらんけどな

210 :世界@名無史さん:2015/08/04(火) 22:39:06.36 0
西アジア人は完全な色黒人種だしアラブ人の禁煙だよ
タイ人と何も変わらん

211 :世界@名無史さん:2015/08/04(火) 23:06:26.83 0
西アジア人はコーカソイドでタイ人はモンゴロイドだから全然違うだろ
てゆーか西アジアが色黒人種なら日本人も色黒人種になるわ

212 :世界@名無史さん:2015/08/04(火) 23:14:25.82 0
西アジア人に所謂コーカソイドなどあまり居ないよ
残念だね

213 :世界@名無史さん:2015/08/04(火) 23:16:41.42 0
>>210
コーカソイドのアラブ人とモンゴロイドのタイ人が
大して変わらないとらはどういうことか解説求む。

まあ、どっちも目が二つ、口が一つ、耳が二つで、
腕と脚が二本づつで酷似してるな。

214 :世界@名無史さん:2015/08/04(火) 23:17:30.68 0
アラブ人 ペルシャ人はコーカソイドじゃないのかw
じゃあ韓国人はきっとコーカソイドなんだろうなw

215 :世界@名無史さん:2015/08/04(火) 23:21:40.89 0
ペルシャ人とかクルド人とかトルコ人で画像検索すりゃ一発だろ
どう見ても白人だから

216 :世界@名無史さん:2015/08/05(水) 00:22:43.04 0
少しというかかなり西欧白人じゃない

217 :世界@名無史さん:2015/08/05(水) 00:43:37.27 0
文体見れば煽りだって一発でわかるんだから反応してやるなよ

218 :世界@名無史さん:2015/08/05(水) 01:29:07.65 0
こんなに人種問題で揉めるんなら、どんどん混血化を進めればいいんや!

219 :世界@名無史さん:2015/08/05(水) 01:43:35.27 0
コーカソイドってみんな金髪碧眼なんだろ?
俺は詳しいんだ

220 :世界@名無史さん:2015/08/05(水) 02:24:22.02 0
>白色人種、白人とも訳されるが、日照量の多い地中海沿岸部や中東、
>インド亜大陸では暗色の肌や毛髪を有する者も多い。

221 :世界@名無史さん:2015/08/05(水) 03:53:32.90 0
マリアが黒人だったって説もあるじゃん?

222 :世界@名無史さん:2015/08/05(水) 04:32:09.10 O
夏だねえ

223 :世界@名無史さん:2015/08/05(水) 06:23:55.32 0
ヒトラーが問題視したアーリア人がインド・ヨーロッパ系って定義になっていて
ドイツ人の源流になってるわけだが
明らかにドイツ人とインド人は別物に見えるよね

224 :世界@名無史さん:2015/08/05(水) 12:30:13.91 0
>>220
インド人は古アジア人種だと判明しちゃったんだよね
その一部がコーカソイドの祖先
中東人種は全く別の分かれで、所謂コーカソイドなんて殆ど居ない

225 :世界@名無史さん:2015/08/05(水) 12:50:06.59 0
>>218
まず宗教を無くすべきだな

226 :世界@名無史さん:2015/08/05(水) 15:23:19.10 0
古アジア人種?
ドラヴィダ人やムンダ人からアーリヤ人が分かれたって?

227 :世界@名無史さん:2015/08/05(水) 20:55:37.36 0
>>226
ドラヴィダ人は以っと古い出アフリカから一万年以内の移住組

228 :世界@名無史さん:2015/08/05(水) 20:57:28.67 0
>>215
民族的にいうとイラン人はペルシャ人
イラク人はアラブ人

229 :世界@名無史さん:2015/08/05(水) 21:10:50.78 0
ペルシャ系の有名人といえばイギリスのバンドクイーンのフレディが有名

230 :世界@名無史さん:2015/08/05(水) 21:18:27.80 0
イスラム以前のアラブ人はペルシャ人だった?

231 :世界@名無史さん:2015/08/05(水) 21:34:08.77 0
バビロニア人とかアッカド人とかアッシリア人とか。
ペルシャ人のアケメネス朝も公用語はアッカド語だった

232 :世界@名無史さん:2015/08/05(水) 21:34:49.51 0
ティグリス川とユーフラテス川の間は歴史も深ければ民族も多彩なのだ
ペルシャやらヒッタイトやらシュメールやらバビロニアやら
一つ一つの文明も民族も紐解いていったらなにが源流にあるのかよくわからなくなる

233 :世界@名無史さん:2015/08/05(水) 21:51:48.26 0
エジプト人はペルシャ人だった・・・?

234 :世界@名無史さん:2015/08/05(水) 22:25:09.47 0
アケメネス朝の皇帝がファラオを兼任していただけだろ

235 :世界@名無史さん:2015/08/05(水) 22:33:20.64 0
ローマ人だってラテン民族だけじゃないしなあ

236 :世界@名無史さん:2015/08/05(水) 22:48:22.17 0
イギリスなんて七王国時代が終わった時点で
ケルト人、デーン人、ピクト人、ローマ人、ゲルマン人、ブリトン人、スコット人
ノルマン人、アングロ・サクソン人という玉石混合で構成されてるし
ノルウェイ出身のフランスのノルマンディ地方からきたノンマン人に国の全土を支配されるという
なんとも意味がわからない状態になるし
もともといたブリトン人はウェールズ地方に追いやられ、スコット人がなぜかアイルランドにいて
スコットランドにはピクト人がいるという

237 :世界@名無史さん:2015/08/05(水) 22:53:31.45 0
>>235
王政から共和制になった辺りから他民族国家になった

238 :世界@名無史さん:2015/08/05(水) 23:00:10.00 0
ピクト人がカレドニアの先住民で
スコット人がヒベルニアからカレドニアに移住した

239 :世界@名無史さん:2015/08/05(水) 23:36:32.84 0
>>237
ローマはラテン人のものでないっていうぽっぽみたいのがいたのか

240 :世界@名無史さん:2015/08/06(木) 00:24:31.20 0
国籍と民族を一緒にしちゃいかんよ

241 :世界@名無史さん:2015/08/06(木) 00:35:59.47 0
日本人は日本人の物だよ

242 :世界@名無史さん:2015/08/06(木) 00:38:14.36 0
宇宙人を日本に関わらさせたのが間違い

243 :世界@名無史さん:2015/08/06(木) 00:38:24.72 0
何と云う奴隷民族

244 :世界@名無史さん:2015/08/06(木) 04:07:10.63 O
デーン人とノルマン人も違うのか

245 :世界@名無史さん:2015/08/06(木) 10:07:26.76 0
>>237
王政時代からサビニ人もエトルリア人も混血もいるやん

246 :世界@名無史さん:2015/08/06(木) 16:13:45.86 O
サビニ人て何者なん?下手すりゃラテン系?

247 :世界@名無史さん:2015/08/06(木) 16:54:12.95 0
音楽のジャンル分けに通じるものがあるな

248 :世界@名無史さん:2015/08/06(木) 17:36:36.48 0
>>246
ラテン人はラテン・ファリスク系、
サビニ人はオスク・ウンブリア系だから一緒にするのは難しい

249 :世界@名無史さん:2015/08/06(木) 18:30:19.49 0
平地(latium,希:platos,英:flat)にいるのがラテン人で、山地にいるのがサビニ人
サビニの語源は諸説あるが、英語のsib、ドイツ語のSippe(血縁、仲間)と関係があるかもしれない

250 :世界@名無史さん:2015/08/06(木) 18:40:01.79 O
「アルバ・ロンガなんて都市はなかった」とかどっかで見たが、
ならローマ人はどっから来たん?

251 :世界@名無史さん:2015/08/06(木) 18:41:57.42 0
みんなローマ帝国構成員

252 :世界@名無史さん:2015/08/06(木) 19:07:11.20 0
全部引っ括めてローマ人になれなかったん?

253 :世界@名無史さん:2015/08/06(木) 20:32:55.00 0
>>244
デーン人はデンマーク人でノルマン人はノルウェー人でしょ
ヴァイキングという呼称でひとくくりにされるけど

254 :世界@名無史さん:2015/08/06(木) 20:50:51.65 0
ゲルマン民族も細分化するとスヴェビ族とかヴァンダル族とか
フランク族とかいろいろいるしね

255 :世界@名無史さん:2015/08/06(木) 20:57:09.35 0
フランス人がいくらドイツ人(ゲルマン)が嫌いだからと言って
自分たちのルーツをゲルマン・フランクじゃなくてケルト人に求めようとするのは正当なのだろうか
フランク王国出来た頃は人種分布どうなってたんだろうな

256 :世界@名無史さん:2015/08/06(木) 21:20:40.98 0
フランスの各地に何百といた周辺部族をローマ人が支配して、とりあえずフランス地域として統一させる
ローマ帝国解体後はシャルルマーニュによるフランク王国が支配する
何百といた周辺部族もフランク人も徐々に同化して中世のフランスらしさを形成していく

257 :世界@名無史さん:2015/08/06(木) 23:08:54.70 0
まあフランク族自体、多数の民族の集合体だし

258 :世界@名無史さん:2015/08/07(金) 01:42:03.49 0
>>255
ガリア人だろ

259 :世界@名無史さん:2015/08/07(金) 05:17:16.06 O
フランス革命以後、王室・貴族が力を失うと共に、民族の起源を
ガリアに求める流れになったのは今さらの話。アレシアの発掘も
ナポレオン三世の肝煎りで行われたし。

260 :世界@名無史さん:2015/08/07(金) 09:23:35.72 0
>>255
フランク王国時代にはまだガリア人が多数派だったそうな
東フランク分離後に森林開墾が進んでドイツの人口が増えた

261 :世界@名無史さん:2015/08/07(金) 18:52:22.03 0
ラテン化されたケルト人がフランス人の基調だろ

262 :世界@名無史さん:2015/08/07(金) 19:20:46.67 0
>>229
あんな感じなのか じゃあ300のクセルクセスって当たらずとも遠からずだな

263 :世界@名無史さん:2015/08/08(土) 09:37:45.61 0
>>261
そういう建前だろうけどゲルマンのフランク族が支配層として入ったので
詳しく調べたら少なくともY遺伝子はフランク由来が多そう

264 :世界@名無史さん:2015/08/08(土) 10:14:00.88 0
なぜローマ人の気風はまったく受け継がれず、イタリア人はあんな風になってしまったのか?
まぁロッシなんかの陽気さ・イタリア語でなまりまくりの英語とか好きだけどw

265 :世界@名無史さん:2015/08/08(土) 10:30:07.32 0
そのローマ人の直系達が共和制時代と帝政末期で雲泥の差だからな
でもやる気出したら凄いあたり、イタリア人もローマ人の末裔って気もする

266 :世界@名無史さん:2015/08/08(土) 10:39:58.20 0
帝政期ですでに父祖の気風なんてものは属州にしかないから

267 :世界@名無史さん:2015/08/08(土) 11:16:44.41 O
カンナエの戦いでは、元老院議員が80人も戦死したというからな。
それが帝政期になると「軍事紛争の無さそうな属州を元老院属州に
します」とアウグストゥスに言われて大喜びする始末。

268 :世界@名無史さん:2015/08/08(土) 14:48:01.96 0
カンネの元老院議員はプロコンスル以外もいたのかねぇ

269 :世界@名無史さん:2015/08/09(日) 05:12:08.28 O
元老院議員はプロコンスル幕下の将校級かな?千人隊長級は?

270 :世界@名無史さん:2015/08/09(日) 10:01:32.16 0
普通に幕僚としても参加してるし
一兵卒としても参加してるだろう
なにせ国家の危機だ

271 :世界@名無史さん:2015/08/09(日) 10:12:04.48 0
>>264
イタリア人からすると、なぜ日本人はサムライの武士道精神をなくしてしまったのかって言うのと同じらしい

272 :世界@名無史さん:2015/08/09(日) 15:15:07.27 0
>>271
日本人「まー今でも日本人が礼儀正しい民族とは言われてるし」
イタリア「オレたちだって、カエサルのナンパ術はちゃんと受け継いでるんだぜ!」

273 :世界@名無史さん:2015/08/09(日) 15:57:30.81 0
侍は一部でしかないからなぁ

イタリアもローマ以降に周辺の大国に翻弄されまくりでそりゃぁ・・・
北部がしゃんとしてる方が不思議かもしれない

274 :世界@名無史さん:2015/08/09(日) 16:44:51.24 O
観光ではなく、イタリアに仕事で行った日本人は
滞在三日目あたりに人生の転換点を迎えるという。
すなわち発狂するか、適応するかだ。
イタリアに適応してしまった日本人は、今度は
日本に帰国した時に適応障害を起こすらしい。

275 :世界@名無史さん:2015/08/09(日) 16:58:45.83 O
ジャズピアニストの山下洋輔がエッセイに書いてたな。
「イタリアではコンサートの主催者が、ミュージシャンに
ギャラを払わずに逃げる」と。

276 :世界@名無史さん:2015/08/09(日) 17:11:39.74 0
でもイタリアってあれだけバラバラなのにルネサンスおこしたり
ローマ後も時々偉大なことをなす地域だよね

277 :世界@名無史さん:2015/08/09(日) 17:12:11.36 0
今月はアウグストュス月間だった

278 :世界@名無史さん:2015/08/09(日) 17:22:21.44 0
次はイタリア抜きでやろうぜ!

279 :世界@名無史さん:2015/08/09(日) 17:37:03.68 0
真の疫病神はドイッチュラント

280 :世界@名無史さん:2015/08/09(日) 17:43:57.62 O
ローマの偉大さを知れば知るほど、パスタどもとの差に
気が遠くなりそうです!

281 :世界@名無史さん:2015/08/09(日) 18:00:29.15 0
イタリア人「そんな北のほうでローマ帝国なんて名乗ってるなよ」
ドイツ人「小国分立でローマらしさもないアンタらに言われたくないわ」
トルコ「東ローマの遺産を受け継いで大帝国を築いたオスマンこそローマ帝国の後継者です!」

282 :世界@名無史さん:2015/08/09(日) 18:13:39.59 0
ロシア「あの…」
一同「「「引っ込んでろよ蛮族」」」

283 :世界@名無史さん:2015/08/09(日) 19:12:58.85 0
>>281
トルコそんなこと言ってんのか たかが遊牧民上がりの癖に許せねえな

284 :世界@名無史さん:2015/08/09(日) 19:27:31.29 0
お前らそうやってイタリア馬鹿にするけど、GDPを人口で割ると日本と大差ないんだぜ

285 :世界@名無史さん:2015/08/09(日) 20:35:12.39 0
ローマは隣に高度な文明を築いていた、ギリシャやエジプトやエルトリアがいなかったらここまで繁栄してなかったろうな

286 :世界@名無史さん:2015/08/09(日) 20:49:01.14 0
文明は突然生まれて栄えるもんじゃないからな

287 :世界@名無史さん:2015/08/09(日) 21:05:37.86 0
ローマが建国直後にギリシャに視察団送ってたよな。

288 :世界@名無史さん:2015/08/09(日) 21:07:07.89 0
日本人が心の底からバカにするのは韓国だけ
日本人はイタリアの歴史や食い物やブランド物には夢中だから

289 :世界@名無史さん:2015/08/09(日) 21:09:36.32 0
本当の日本人には他国を心の底からバカにするような卑しい心根の奴はいないけどな。

290 :世界@名無史さん:2015/08/09(日) 21:17:45.00 0
ネットの書き込み見てると「本当の日本人」なんていないことがわかる

291 :世界@名無史さん:2015/08/09(日) 21:21:40.02 0
>>289
よおシナチョン

292 :世界@名無史さん:2015/08/09(日) 21:25:15.11 0
>>291
同胞が恋しいなら国へ帰れよ。

293 :世界@名無史さん:2015/08/09(日) 22:01:31.52 0
アウグスティヌスがローマで教師をしていた時に、
ローマ人は月謝を払う時期が来ると違う塾に移るとか言うのを聞いてイタリア人の息吹を感じたよ
あの時代にもしたたかなんだなあ

294 :世界@名無史さん:2015/08/09(日) 22:14:11.50 0
アレクサンダー大王とシーザーの比較
ってのを鶴見裕輔訳のプルターク英雄伝で見たけど
訳者はこれ違うと思うけどね!とか言ってるんだが・・・結局なんなんだよっていう
だったら自分の意見も書けよと

295 :世界@名無史さん:2015/08/09(日) 22:56:42.71 0
NHKの大河ドラマで壮大な古代戦記ものやってくれないかな
カエサルの戦記ものの映画ってないよね

296 :世界@名無史さん:2015/08/09(日) 23:20:29.76 0
>>295
NHKの人選でローマの大河ドラマをやって欲しくないな… 原作レイプならぬ史実レイプになってしまいそうで

297 :世界@名無史さん:2015/08/09(日) 23:33:50.02 0
>>295
戦はいやでおじゃるー><

298 :世界@名無史さん:2015/08/09(日) 23:40:55.48 0
ブルートゥスとキケロが主人公になって
暴君カエサルを倒してハッピーエンドだよ

299 :世界@名無史さん:2015/08/09(日) 23:44:58.71 0
>>297
こらこらw
シエは忘れるんだ

300 :世界@名無史さん:2015/08/09(日) 23:47:43.37 0
>>289
心の底から馬鹿にされる様な行動を繰り返す問題児国家があるからね

301 :世界@名無史さん:2015/08/10(月) 00:41:25.65 0
葵徳川三代みたいな感じでやってくれたらなぁ
セリフの言い回し一つ一つがカッコイイのよ

302 :世界@名無史さん:2015/08/10(月) 00:43:02.01 0
ここはチョンに作らせてとんでもねつ造させてみよう

303 :世界@名無史さん:2015/08/10(月) 01:10:37.00 0
まず大河って史実通りか?

304 :世界@名無史さん:2015/08/10(月) 01:59:11.74 0
天地人辺りから完全なファンタジーに成っとるね

305 :世界@名無史さん:2015/08/10(月) 02:11:37.83 0
韓流時代劇なんか時代考証をまともにやってないらしいね
服装の色とかかなりイメージ重視にしてるとのこと

306 :世界@名無史さん:2015/08/10(月) 03:22:32.74 0
黒澤映画の着物の方がカラフルだよ

307 :世界@名無史さん:2015/08/10(月) 04:00:21.78 0
いやゴテゴテ装飾の付いた瑠璃色の鎧とかは黒澤作品でもやってないだろ
ファンタジーと揶揄される今の作品ふとにかく見栄え重視で考証で地味になるのを嫌う

横山光輝三国志みたいなもんでしょ、ちっさい頃は中国の兵隊はあんな感じだと思ってたよ

308 :世界@名無史さん:2015/08/10(月) 05:13:38.65 O
指揮官マントを全員に着せるなハリウッド

309 :世界@名無史さん:2015/08/10(月) 05:54:25.33 0
ローマ敬礼がなあ・・・悪名高いせいで胸ドンだし

310 :世界@名無史さん:2015/08/10(月) 08:25:02.72 0
ローマ式敬礼って古代ローマの時からあったのか

311 :世界@名無史さん:2015/08/10(月) 08:49:57.64 O
敬礼もファスケスも皆ローマからドゥーチェがパクった。
それを更にフューラーがパクるという。

312 :世界@名無史さん:2015/08/10(月) 09:20:32.75 0
ほんの数年暴れただけの奴のタメに2000年の歴史が抹殺されるのか。

313 :世界@名無史さん:2015/08/10(月) 11:05:13.75 0
ローマもナチスもユダヤ人を迫害したからね、仕方ないね
(中世以後のヨーロッパ人のユダヤ人迫害から目をそらしつつ)

314 :世界@名無史さん:2015/08/10(月) 11:59:50.17 0
奴らはなぜにそこまで迫害されるのか

315 :世界@名無史さん:2015/08/10(月) 12:30:53.09 0
集団で強盗殺人を繰り返せばそりゃ嫌われる

316 :世界@名無史さん:2015/08/10(月) 12:42:43.73 0
米帝のことか

317 :世界@名無史さん:2015/08/10(月) 14:09:34.55 0
偽りの名のもとに破壊、殺戮、強奪を行うことを、彼らは支配と呼ぶ。
また街を破壊し人気を絶やすことを、彼らは平和と呼ぶ。
(タキトゥス「アグリコラ」)

318 :世界@名無史さん:2015/08/10(月) 14:52:34.32 0
ローマ式敬礼はローマ時代には無かったそうだから、
ムッソリーニ式敬礼と呼ぶのが妥当

319 :世界@名無史さん:2015/08/10(月) 16:57:36.50 0
江戸しぐさみたいだな

320 :世界@名無史さん:2015/08/10(月) 19:58:52.10 0
>>314
ヒトラーのユダヤ人迫害思考は実はニーチェの超人に影響を受けたせいだ

321 :世界@名無史さん:2015/08/10(月) 21:33:10.59 0
ベンハーは面白かったがグラディエーターとポンペイは期待はずれだった

322 :世界@名無史さん:2015/08/11(火) 05:07:22.68 O
>>320
マルクスの共産主義も超人思想に影響を受けてるという

323 :世界@名無史さん:2015/08/11(火) 06:34:16.89 0
好きな超人はウォーズマンです。 パロ・スペシャルがカコ(・∀・)イイ!

324 :世界@名無史さん:2015/08/11(火) 14:12:52.94 0
>>317
アグリコラって手に入らんなぁ、

325 :世界@名無史さん:2015/08/11(火) 18:01:19.23 0
タキトゥスならそのへんの図書館に叢書でおいてあるはず

326 :世界@名無史さん:2015/08/11(火) 19:13:13.06 0
カーク・ダグラスのスパルタカスを観た後
共和政ローマのあの辺の時代の歴史を詳しく知った時のがっかり感
あんなのに負けたんか・・・

ローレンス・オリヴィエの無駄遣い・・・

327 :世界@名無史さん:2015/08/11(火) 19:24:54.79 0
そりゃぁイタリア人だもの

328 :世界@名無史さん:2015/08/12(水) 10:02:58.74 O
『プリニウス書簡集』が欲しいと思ってアマゾンで検索したら
出るわ出るわヤマザキマリ作『プリニウス』ばっかり。

329 :世界@名無史さん:2015/08/12(水) 17:56:45.13 0
正史三国志が読みたいと思って検索すると
三国志演義どころか、それをベースにした一般小説三国志演義が三国志という名で大量に出版されてて実に厄介

検索めんどいと言えばプルタルコスの『対比列伝』も探すのめんどいな
プルタークとか英雄伝、英雄列伝とか表記バラけすぎィ

330 :世界@名無史さん:2015/08/12(水) 19:35:21.63 0
>>328
風呂漫画と違って話題にならんのにと思ったら尼か
そりゃ仕方ない

331 :世界@名無史さん:2015/08/12(水) 20:48:42.93 0
翻訳者なり出版社で特定できるやん

332 :世界@名無史さん:2015/08/12(水) 20:55:59.84 0
聖書が欲しいと思って検索するとやばい

333 :世界@名無史さん:2015/08/12(水) 21:19:47.77 0
あれは只でもらえるからなぁ
(但しその宗派のバイアス入り翻訳)

334 :世界@名無史さん:2015/08/13(木) 09:47:03.92 0
カエサルがスケコマシだったのはこんなに有名なのに、同時に受けホモもやってたってのが知られてないのはなんでなんだぜ?
同性愛を撲滅したいキリスト教の陰謀なんか?

335 :世界@名無史さん:2015/08/13(木) 10:45:54.02 0
ホモ云々の話って若いころ東行ってた一時期だけでそっれきり
逆に女性の愛人関係は生涯通じてだから差があるのは当然

336 :世界@名無史さん:2015/08/13(木) 12:36:42.29 0
カトーちゃんかわいい
http://i.imgur.com/YdgVQ7x.jpg

337 :世界@名無史さん:2015/08/13(木) 14:18:38.86 0
カエサルは生涯に亘って両刀遣いだったぞ。

詳しくは、京都大学学術出版会・刊行の名著
『西洋古典学事典』
を、しっかりと読むことだ。

分かったな。

皆の者。

338 :世界@名無史さん:2015/08/13(木) 16:52:49.74 0
>>334
逸話があまり残ってないので
面白くない

339 :世界@名無史さん:2015/08/13(木) 17:15:51.01 0
お前ひさびさだな
怠けてるんじゃねえぞ

340 :世界@名無史さん:2015/08/13(木) 23:05:38.35 0
>>337
ナッ爺さん、まだあの本の印税収入が赤字なの?

341 :世界@名無史さん:2015/08/14(金) 19:42:37.97 0
>>193
オリエントとの交易もBC2000年頃からあったといわれている

342 :世界@名無史さん:2015/08/14(金) 20:04:27.26 0
>>341
オリエントとはヨーロッパから見た東方という意味
メソポタミア、小アジア、エジプトのことをいうのだ

343 :世界@名無史さん:2015/08/15(土) 20:09:33.24 0
古代ローマで食われてたチーズケーキってどんな感じだったの?

344 :世界@名無史さん:2015/08/15(土) 21:07:53.99 O
胡椒とガルムをかけて食べます

345 :味噌 ◆Xx.B8LFdvo :2015/08/15(土) 21:51:36.91 0
カトー「農業論」
リブムの造り方
チーズ2ポンドを乳鉢でよく潰し、パン用小麦粉1ポンドを加える。
軽いケーキにしたいなら1/2ポンドにし、チーズと混ぜる
卵一個を加えよくあわせる。
これをパンの形にし、下に木の葉を敷き、レンガ炉の下の熱い火になかに入れゆっくり焼き上げる

346 :味噌 ◆Xx.B8LFdvo :2015/08/15(土) 22:05:25.59 0
同じくカトー
プラケンタの作り方
外皮用としてパン用小麦粉2ポンド、生地用に4ポンドの小麦粉と2ポンドのセモリナ粉
セモリナ粉を水に浸し十分柔らかくなったら水を切り、綺麗なこね鉢に入れ、手でこねる
4ポンドの小麦粉を入れながらこね、麺棒で伸ばし何枚ものうすい生地にし、かごにならべて乾かす
乾いたらもう一度伸ばし、油をしみこませた布で油を塗る
カマドにかぶせるふたは熱しておく

2ポンドの小麦を水でこね、薄く延ばす

酸味のない新鮮な山羊のチーズ14ポンドを水に浸す。
三回水を代え、取り出してから良く絞ってこねばちに入れる

程よく乾いたら綺麗なこね鉢に移し手でこね小麦粉用のこしきで裏ごしする。
蜂蜜4と1/2ポンドを加えチーズと混ぜる。
テーブルの上に外皮をのせ下に油を塗った月桂樹を敷く

外皮の上に薄く伸ばした生地を一枚のせチーズと蜂蜜のペーストを塗る
それを繰り返し層にする

最後に生地で包み炉に入れる

ふたをしてからふたの上にも炭火をおいてゆっくり役

最後に蜂蜜を塗って出来上がり

347 :世界@名無史さん:2015/08/15(土) 22:15:38.91 0
こんなことを考える連中が中世にあそこまで墜ちるとはにわかに信じがたい

348 :343:2015/08/15(土) 22:23:43.45 0
>>345>>346
ありがとう。おいしそう、日曜につくってみる。

349 :味噌 ◆Xx.B8LFdvo :2015/08/15(土) 22:31:24.31 0
つくるんかいw

こね鉢はフードプロセッサで代用してください

350 :世界@名無史さん:2015/08/16(日) 00:33:40.55 0
タラマエロマエ

351 :世界@名無史さん:2015/08/16(日) 02:34:17.72 0
>>347
この時代と中世暗黒期で大きく変わったことが何か。
そこに理由を求められると思う。

中世におけるキリスト教教会の繁栄が人々の生活の自由を著しく拘束してしまったのだと思います!><

352 :世界@名無史さん:2015/08/16(日) 10:42:04.53 0
バビロンの流れのほとりに座りシオンを思ってわたしたちは泣いた

353 :世界@名無史さん:2015/08/16(日) 11:39:39.19 0
単独で独立してる行政区=諸侯が増えすぎて、
生産力の大半を軍備と奢侈と教会に取られてるのも痛い

354 :世界@名無史さん:2015/08/16(日) 11:49:14.58 0
第13軍団!

355 :世界@名無史さん:2015/08/16(日) 13:01:33.32 0
教会に行けば甘くて美味しいもの食べられるの?
カヌレとかは初期の頃なんてゲロまずだったんだろうけど

356 :世界@名無史さん:2015/08/16(日) 17:24:18.05 0
蜂蜜は同量で砂糖の三倍の甘みがあるから結構おいしく作れるで
ハニーチーズケーキとかハニークッキーとか
ドライフルーツ入れてもいいし
まあチョコとバニラはないけど!

357 :世界@名無史さん:2015/08/16(日) 17:56:34.78 0
そうかバニラエッセンス使ったらアカンのか・・・

358 :世界@名無史さん:2015/08/16(日) 19:34:40.17 0
その代わりシルフィウムという絶滅ハーブとか使えるで

359 :世界@名無史さん:2015/08/16(日) 21:20:56.02 0
絶滅といえばバーバリライオンが絶滅した大きな要因として、
古代ローマ人が闘技場で見せ物にするために狩りまくったのが大きいらしいな

360 :世界@名無史さん:2015/08/16(日) 23:06:37.31 0
かつてはヨーロッパバッファローもいたし北アフリカ象もいた

361 :世界@名無史さん:2015/08/17(月) 05:55:18.57 O
ヨーロッパヤギュウは今の家畜牛の先祖だから、絶滅した訳ではない

362 :世界@名無史さん:2015/08/17(月) 18:12:46.37 0
おいらの記憶によると
ヨーロッパオーロックスは全滅しちゃってるんで
最近は細切れになったパズルを組み立ててたはず

363 :世界@名無史さん:2015/08/17(月) 20:46:49.09 0
もしクレオパトラがブスだったら歴史は変わっていた

364 :世界@名無史さん:2015/08/17(月) 20:52:50.35 0
繁殖力を誇るハーブも絶滅するのか

365 :世界@名無史さん:2015/08/17(月) 21:28:01.82 0
古代ローマって地理的にも時代的にも守備範囲が広大すぎて
一筋縄で話が終わらないから好き

366 :世界@名無史さん:2015/08/17(月) 22:16:57.85 0
>>91
奴隷の供給源は戦争捕虜のほかに、捨て子を拾ってきて奴隷として育てて売る専門の業者がいたのだ

367 :世界@名無史さん:2015/08/17(月) 22:50:47.95 0
昭和の日本ですら「娘身売相談所」のいうものがあったと聞いた
人間が売り買いされた歴史は長いものだな……

368 :世界@名無史さん:2015/08/17(月) 22:52:16.93 0
女奴隷が妊娠したらどういう扱いになるの?

369 :世界@名無史さん:2015/08/18(火) 01:40:22.59 0
>>367
戦後のアメリカでさえかなり堂々と子供が販売されてた
養子の支度金扱いだけど広告だしてビジネスになってた

370 :世界@名無史さん:2015/08/18(火) 03:33:22.81 0
>>368
出産するまで中だししまくりでおk(違

371 :世界@名無史さん:2015/08/18(火) 06:35:04.75 0
まあ今現在も人身売買は行なわれているからな、日本も要注意国

372 :世界@名無史さん:2015/08/18(火) 07:34:00.18 0
買い手がつかなかった奴隷ってどうなるんですかね?
殺処分?

373 :世界@名無史さん:2015/08/18(火) 23:34:47.77 0
売れ残ったら間引くしかない
魔女狩りの本質は公的な間引きなのだ

374 :世界@名無史さん:2015/08/19(水) 19:28:37.79 0
そういうのは鉱山とか大農園とかに一括購入されてそう

375 :世界@名無史さん:2015/08/19(水) 19:45:48.92 0
>>368
黒人差別のひどかった時代でも、
アメリカのある有名な大統領がこっそり女黒人奴隷に子どもを産ませていたんだよな
当時は一生懸命隠してたから、後に子孫に対して行われたDNA鑑定でやっと判明した事実らしいが
人類がこんなに繁栄できたのもやはり繁殖力の高さが大きな一因だから、
抑えきれない性欲は古今東西人間の歴史に必ず関わってくるものだよな

376 :世界@名無史さん:2015/08/19(水) 19:51:41.69 0
>>375
それ子孫がやったものかもしれんといういいわけしてたなw

377 :世界@名無史さん:2015/08/19(水) 20:13:25.74 0
ローマ人の物語読了。
10年前、高校時代世界史偏差値70で鼻高々だった自分が恥ずかしいくらい、あまりに歴史を知らないことを知った本だったわ。

著者と、15巻を半年で一気読みできたことに感謝。この本の刊行を15年間毎年のように待つなんて辛すぎる

378 :世界@名無史さん:2015/08/19(水) 20:17:44.71 0
>>377
辛いどころか1年じゃさらなる調べのための資料探しの時間が足りんかった

379 :世界@名無史さん:2015/08/19(水) 20:38:12.82 0
>>377
塩野前からのローマオタかつ塩野ファンだったおれは
待つ時間もまたよしだったよw

他の著者と比較したりしてた

塩野の偉大なところは「読みやすさ」だと思う

380 :世界@名無史さん:2015/08/19(水) 22:15:22.22 0
奴隷制というのは現代では人道主義に反しているというのが常識だが
古代では大きな意味があったとニーチェやアーレントは言ってるいる
人を犠牲にして自分が自由になるのはもっともなことだと

381 :世界@名無史さん:2015/08/19(水) 22:22:57.61 0
単純作業のコストが人間より機械のほうが効率がいい現代の価値観で奴隷制度を評価するのはNG

382 :世界@名無史さん:2015/08/19(水) 22:41:20.67 0
現代の価値ではなくてニーチェとアーレントの思想だよ

383 :世界@名無史さん:2015/08/20(木) 03:05:52.41 0
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150819/k10010195561000.html
IS パルミラ研究で著名な考古学者殺害
8月19日 20時35分

貴重な文化財の破壊を繰り返している過激派組織IS=イスラミックステートが、
シリアの文化財の研究で世界的に知られる考古学者を殺害したことが分かりました。

殺害されたのはシリア中部にあるパルミラ博物館の元館長、ハリド・アスアド氏(82)です。
アスアド氏は世界遺産に登録されているパルミラ遺跡の研究や保護に50年間以上にわたって携わり、
世界的に有名な考古学者ですが、1か月ほど前からISに拘束されていたということです。

イギリスを拠点にシリアの内戦の情報を集めている「シリア人権監視団」によりますと、
アスアド氏は18日、パルミラの広場に連れてこられ、市民の目の前でISに殺害されたということです。

パルミラにはおよそ2000年前の古代ローマ時代の神殿や円形劇場の跡が残されていますが、
ISはことし5月以降、パルミラから政府軍を撤退させて支配下に置いています。
ISはイスラム教の極端な解釈を基にシリアやイラクで文化財の破壊を繰り返していて、
パルミラでも、すでに2世紀に作られた貴重なライオンの像を壊しています。

親交ある日本人「紳士的で懐深い人物」
長年、パルミラ遺跡で発掘調査を行ってきた奈良県立橿原考古学研究所の前の副所長で、
考古学者の西藤清秀さんは殺害されたハリド・アスアドさんと20年余りにわたり、親交がありました。
西藤さんは、アスアドさんについて「遺跡から新たな発見があったと聞けば、
必ず現場に見学に来る研究熱心さで知られていました。
調査に関する相談にも快く応じてくれ当局との交渉の仲介にも入ってくれるなど
紳士的で懐が深い人物でした」と話していました。
さらに、「地域のために長年働いてきたアスアドさんを殺害した理由が理解できず、
とにかく残念で、強い憤りを感じます。
アスアドさんを失い、パルミラの将来が心配です」と無念そうに話していました。

384 :世界@名無史さん:2015/08/20(木) 03:16:40.06 0
>>383
http://www.bbc.com/news/world-middle-east-33984006
Syrian archaeologist 'killed in Palmyra' by IS militants
http://ichef.bbci.co.uk/news/904/cpsprodpb/EA47/production/_85057995_paltwo.jpg
http://ichef-1.bbci.co.uk/news/768/cpsprodpb/1178E/production/_85066517_d29bcebb-add3-4047-ba54-97db20a93d66.jpg
Khaled al-Asaad
Born in Palmyra in 1934
Served as director of antiquities of Palmyra from 1963 to 2003 until his retirement
Worked with Unesco and the European Commission on Palmyra-related projects
Most important discovery was that of the largest part of the city's major intersection and a number of tombs around the ruins
Reported to have written more than 20 books on Palmyra and the Silk Road
Said to be fluent in Aramaic and translated texts from the language up until 2011
Received honours from France, Poland and Tunisia

385 :世界@名無史さん:2015/08/20(木) 03:34:25.25 0
ホント米国人は破壊と殺戮と略奪しか為無いな

386 :世界@名無史さん:2015/08/20(木) 09:01:21.10 0
塩野さんはイタリアの賞を貰ってるけど、
ローマ人の物語とかってイタリア語訳って出てるの?

387 :世界@名無史さん:2015/08/20(木) 09:28:01.79 0
日本にイタリアの歴史を紹介した功績でもらってるんだから、向こうで出版されてるかどうかは無関係だろう。

388 :世界@名無史さん:2015/08/20(木) 16:05:15.32 0
ラテン語訳は無いの?

389 :世界@名無史さん:2015/08/20(木) 16:35:52.54 0
塩婆はいい加減、ローマとかイタリアとか地中海ネタから脱却して
新境地を開拓すべきだな。

390 :世界@名無史さん:2015/08/20(木) 17:38:35.15 0
カエサル級のいい男がいないとモチベが保てないだろう

391 :世界@名無史さん:2015/08/20(木) 17:51:30.07 0
地中海ネタだけでも婆の一生じゃ書ききれんよ
このまま貫いてほしい

392 :世界@名無史さん:2015/08/20(木) 17:59:50.35 0
むしろもっとローマ系で励んでローマジャンルを大きくして地位をあげてほしい

393 :世界@名無史さん:2015/08/20(木) 19:36:06.64 0
ロマ物1巻で語ってた古代ギリシアも好きなんじゃないの
ペリクレスとかアルキビアデスとかイケメンの政治家

394 :世界@名無史さん:2015/08/20(木) 19:37:29.08 0
そうそう
アレだけ読みやすいものを書いてくれるだけで十分

司馬史観より腐女史観のほうがましってもんだ

395 :世界@名無史さん:2015/08/20(木) 22:32:37.33 0
問題はロマ物のあとに続く作家さんがいないことだ
ロマ物がカエサルやアウグストゥスだとすればティベリウスがいない状況

396 :世界@名無史さん:2015/08/20(木) 22:43:01.74 0
イタリアに移住しちゃうほどのひとはなかなか現れないだろね。

397 :世界@名無史さん:2015/08/20(木) 22:46:16.49 0
ローマ人の物語って欧米でも評価されてるの?

それとも日本人にとって新鮮な内容なだけで
欧米人からは「ああ、俺達がもっと詳しいよw」って感想なんだろうか

398 :世界@名無史さん:2015/08/21(金) 00:33:57.92 0
飽く迄も歴史小説なんで其処の処よろしく

399 :世界@名無史さん:2015/08/21(金) 04:41:14.59 O
>>395
ヤマザキマリがそれではあるまいか
プルターク英雄伝ならぬヤマザキ変人伝を期待

400 :世界@名無史さん:2015/08/21(金) 05:07:57.06 0
アド・アストラとかいう漫画も塩婆の影響下っぽい
漫画系は雑多なんで乙女戦争以外は追っかけてないけど

401 :世界@名無史さん:2015/08/21(金) 07:19:04.22 0
>>389
彼女はイタリア語とラテン語以外の言語はしゃべれない

402 :世界@名無史さん:2015/08/21(金) 07:37:27.35 0
日本語は!?

塩野女史はいくらイタリア好きルネサンス好きと言っても日本人だから、
キリスト教についてはあまり好意的でない書き方するけど、
それはあちらさん的にはどうなんですかね?

403 :世界@名無史さん:2015/08/21(金) 07:56:44.01 0
日本人前提にした例え話とか多いし、日本以外での出版は向かないんじゃないかな。

404 :世界@名無史さん:2015/08/21(金) 10:57:48.34 0
韓国中国ではそれなりに人気があるそうな

405 :世界@名無史さん:2015/08/21(金) 11:37:39.72 0
塩野の影響って具体的に塩野はどういう影響を振りまいたんだ?

406 :世界@名無史さん:2015/08/21(金) 11:41:44.76 0
ローマ史を広めた

407 :世界@名無史さん:2015/08/21(金) 11:48:57.85 0
ロマ物をリアルで待ってた人たちは、途中で死ぬんじゃないかと戦々恐々だったんですかね?
宮城谷の三国志みたいに、

408 :世界@名無史さん:2015/08/21(金) 12:04:19.91 0
たまには吉川読んでみるかで初めて手に取ったのが水滸伝だった

409 :世界@名無史さん:2015/08/21(金) 15:44:08.06 O
吉川三国志、死んだはずの武将がまた出て来たりしてなあ。
新聞連載だったらしいから忘れてたんだろうな。

410 :世界@名無史さん:2015/08/21(金) 20:17:54.08 0
ラテン語が理解できると古代ローマから、近代までの文書はわかるから全能的だな

411 :世界@名無史さん:2015/08/21(金) 20:57:07.97 0
十字軍の物語やらヴェネチア物語やらもあるけど、ローマ人の物語に比べると見劣りするんだよなぁ

412 :世界@名無史さん:2015/08/21(金) 21:08:53.04 0
ヴェネチアはよかったよ。
ローマ滅亡から近代手前までのヨーロッパ〜西アジア通史として、自分の認識に一本筋が通ったような気がしたし。

413 :世界@名無史さん:2015/08/22(土) 02:26:55.98 0
私は元々美術好きで西洋美術史とかそれなりに勉強してきたつもりなんだけど、
歴史の本筋は内政(内乱含む)と外交(戦争含む)であって、
美術や文化なんて彩りでしかないんだなぁとつくづく感じたわ>海の都

414 :世界@名無史さん:2015/08/22(土) 05:15:48.65 0
ぶっちゃけ
人間の争いは性欲が根源にあると言われてるし
政治家も、軍人も、商人も、芸術家も、思想家も皆妻を持ちセックスをする

本当の歴史の本筋は内政外交でも文化でも経済でもなく、ずばり性だよ

415 :世界@名無史さん:2015/08/22(土) 08:54:33.41 0
フロイトさんおっすおっす

416 :世界@名無史さん:2015/08/22(土) 10:36:12.28 0
フロイトって相当無能だよな

417 :世界@名無史さん:2015/08/22(土) 11:18:26.41 0
いまどきフロイトの性理論かよ

418 :世界@名無史さん:2015/08/22(土) 11:40:59.62 0
川原泉でも読んだのか?

419 :世界@名無史さん:2015/08/22(土) 11:50:32.60 0
フロイトじゃなくてアザー・ガットの『文明と戦争』じゃね

420 :世界@名無史さん:2015/08/22(土) 14:50:56.68 0
>>393
古代ギリシャは史実と神話がごちゃ混ぜになってるから
ノンフィクションライターの婆にとっては扱いにくいんじゃないか

421 :世界@名無史さん:2015/08/22(土) 17:33:58.33 0
ソクラテスの弟子やペリクレスは好きなんじゃなかったっけ

422 :世界@名無史さん:2015/08/22(土) 17:47:56.53 O
カエサルにペリクレスか
「デキる男」が好きなんだな

423 :世界@名無史さん:2015/08/22(土) 22:13:25.49 0
古代ローマはガチだ。
帝政以前は共和制があったらしいからな。
19世紀に技術革命があり、アジアの文明と
差をつける。だがベースは異なる。

424 :世界@名無史さん:2015/08/22(土) 23:17:40.05 0
カエサルは出来無い男だったろ

425 :世界@名無史さん:2015/08/22(土) 23:20:54.29 0
生えない男?

426 :世界@名無史さん:2015/08/23(日) 00:21:43.86 0
誰が種なしじゃボケ
誰が毛なしじゃボケ

427 :世界@名無史さん:2015/08/23(日) 01:03:32.49 0
何?種無しとな?
じゃあクレオパトラとの子どもは誰の子やねん?

428 :世界@名無史さん:2015/08/23(日) 01:14:34.15 0
サーティーン!

429 :世界@名無史さん:2015/08/23(日) 06:28:09.38 O
「昼にパン1ウンキアと葡萄を二粒食べた」
ウンキアって、ポンペイのあのパンを割った一切れだろ?
アウグストゥスさん少食過ぎ。

430 :世界@名無史さん:2015/08/23(日) 08:20:10.93 0
胃病持ちだし、

431 :世界@名無史さん:2015/08/23(日) 08:35:18.06 0
古代ローマは歴史上最も良い国だったって塩野七生のローマ人の物語から学んだ

432 :世界@名無史さん:2015/08/23(日) 09:44:53.50 0
>>431
宗教弾圧して善良な信仰者を大勢殉死させた国のどこが良い国なんでしょうねえ?

433 :世界@名無史さん:2015/08/23(日) 10:36:38.33 0
いや、狂信者かもしれん

434 :世界@名無史さん:2015/08/23(日) 10:55:39.93 0
狂信者だろうな
初期は特に

435 :世界@名無史さん:2015/08/23(日) 11:24:05.32 O
・アウグストゥス
・プリンケプス
・インペラトル
・護民官職権
・最高神祇官
後はなかったっけ皇帝の称号って

436 :世界@名無史さん:2015/08/23(日) 12:22:22.62 0
カエサルは?

437 :世界@名無史さん:2015/08/23(日) 13:05:08.23 0
>>432
宗教に傾倒する連中に善良もクソもあるか
全員人間蝋燭にするのが最適解

438 :世界@名無史さん:2015/08/23(日) 14:26:47.06 0
善良な信仰者(IS)

439 :世界@名無史さん:2015/08/23(日) 16:53:45.57 0
まじかよ皇室最低やな・・・
国家神道はアカン

440 :世界@名無史さん:2015/08/23(日) 16:58:26.55 0
↑国王の不倫を正当化するために創立されたイギリス国教を褒めたいのですね、分かりますw

441 :世界@名無史さん:2015/08/23(日) 17:26:38.99 0
>>427
プッロ

442 :世界@名無史さん:2015/08/23(日) 21:29:59.00 0
護民官職権があるなら執政官命令権とプロコンスル命令権も

443 :世界@名無史さん:2015/08/23(日) 21:43:55.44 0
普通護民官特権と約すよなw

444 :世界@名無史さん:2015/08/23(日) 23:57:41.99 O
護民官職権37回インペラトール歓呼21回執政官選出12回

445 :世界@名無史さん:2015/08/24(月) 01:13:12.79 0


446 :世界@名無史さん:2015/08/24(月) 10:19:17.27 0
ローマ時代は避妊をする目的でアナルセックスが主流だったらしいけど性病はなかったのかな?

447 :世界@名無史さん:2015/08/24(月) 10:23:48.49 0
いわゆる性病ではなくても尿道炎とかにはかかりそう。

448 :世界@名無史さん:2015/08/24(月) 12:20:31.12 0
http://www.47news.jp/CN/201508/CN2015082401001214.html
パルミラ遺跡の神殿爆破か シリアで「イスラム国」

【ダマスカス共同】シリア文化財保護当局トップ、
文化省文化財博物館総局のマムーン・アブドルカリム総裁は23日、
共同通信の取材に、過激派組織「イスラム国」が
シリア中部パルミラの古代遺跡にある神殿を爆破したと述べた。
パルミラに住む複数の同僚らからの情報としている。破壊された映像や写真は公開されていない。

パルミラは紀元前1世紀〜紀元3世紀、シルクロードの隊商都市として
栄えた古代都市で、1980年に世界遺産に登録された。

遺跡破壊が事実であれば、今年5月の同組織によるパルミラ制圧以降、
世界中が懸念していた悪夢が現実となった形だ。

2015/08/24 10:17 【共同通信】

http://www.47news.jp/PN/201508/PN2015082401001234.-.-.CI0003.jpg

449 :世界@名無史さん:2015/08/24(月) 12:36:53.48 0
壊すのは一瞬なんだよな

450 :世界@名無史さん:2015/08/24(月) 16:05:29.95 0
>>448
がち?
最悪死ねや糞原理主義派

451 :世界@名無史さん:2015/08/24(月) 17:20:42.81 O
ローマがキリスト教を弾圧した気持ちが解るわ。狂信者はクソ。

452 :世界@名無史さん:2015/08/24(月) 17:39:47.22 0
この手の熱狂は段々落ち着くものだがそれでも
良くも悪くも何かをなすものだ

453 :世界@名無史さん:2015/08/24(月) 17:54:34.91 0
ローマ帝政期のキリスト教とは若干違う気がするな〜
当時のキリスト教は新興のカルト宗教で、現代のISは既存の宗教の過激派
弾圧してた当時のキリスト教のテロリストが遺跡や石像を破壊まではやっていない
アンブロシウス到来時が、ISの支配とダブる

454 :世界@名無史さん:2015/08/24(月) 18:30:49.92 0
テロリストのいない宇宙に移築するしかないな

455 :世界@名無史さん:2015/08/24(月) 18:31:34.29 0
あらあらうふふ

456 :世界@名無史さん:2015/08/24(月) 18:33:07.88 0
イスラエルには攻撃しないヘタレ
いやそれとも

457 :世界@名無史さん:2015/08/24(月) 18:46:19.53 0
じゃけんカルタゴに塩撒きましょうね

458 :世界@名無史さん:2015/08/24(月) 19:29:21.42 0
>>456
ご主人様にかみつくわけないだろ

459 :世界@名無史さん:2015/08/24(月) 20:04:43.63 0
フセインもタリバンも飼い主に噛みついたのに

460 :世界@名無史さん:2015/08/24(月) 22:56:56.79 0
ロマ物と海の都の物語の共通点はそれぞれの国家がその時代では特殊なほど、
合理性に満ちた価値判断が行われる社会だったことだな。
ローマなんかは当時に作られた法律・軍事の仕組と歴史が
現代でも教養として学習されてるわけだしな。

461 :世界@名無史さん:2015/08/24(月) 23:17:38.99 0
学習面でいえばプロティノスが計画してた哲学都市が完成してたら良かったのになっておもう。

462 :世界@名無史さん:2015/08/24(月) 23:48:55.58 0
>>446
避妊が達成できるのはいいけど、女が尻穴なんかで気持ちいいってのは疑問なんだけど?
男みたいに前立腺を刺激できるってわけでもないし、
男の側の自分が快感ならそれでいいってエゴを感じるわ

463 :世界@名無史さん:2015/08/24(月) 23:58:28.31 0
>>462
A感覚がV感覚に勝るの

464 :世界@名無史さん:2015/08/25(火) 00:36:15.12 0
>>462
たまたま見て書き忘れたけど売春婦の話で性病予防の為マンコではなく尻穴でしてたそうです

465 :世界@名無史さん:2015/08/25(火) 09:07:17.87 0
その手の話よく聞くんだけどさあ信頼できる一次資料ってあんのか?
シスターは処女を守るためにケツでしてたとか

466 :世界@名無史さん:2015/08/25(火) 10:08:11.79 O
グリークセックス=アナルセックスだそうだ。
正教会もうるさかったらしい。

467 :世界@名無史さん:2015/08/25(火) 11:54:23.39 0
>>465
ローマ正教徒の男女にとって快楽に耽る為のアナルセックスは当然の行為

468 :世界@名無史さん:2015/08/25(火) 14:01:28.95 0
アウグスティヌスも泣いてるな

469 :世界@名無史さん:2015/08/25(火) 18:49:29.47 0
>>464
これは残念な結果にww

470 :世界@名無史さん:2015/08/25(火) 22:15:31.70 0
http://www.47news.jp/CN/201508/CN2015082501002111.html
パルミラ遺跡破壊画像を公開 「イスラム国」がネット上に

【カイロ共同】過激派組織「イスラム国」は25日、シリア中部の世界遺産パルミラ遺跡にある
バール・シャミン神殿を破壊したとする画像をインターネット上に公開した。

画像は5枚。戦闘員が爆弾を神殿に運び込む姿や、神殿内部や柱に置かれた爆弾、
神殿が煙を上げて爆発する様子などが写っており、いずれも同組織のロゴが付いている。

バール・シャミン神殿の破壊については、シリア文化財保護当局トップ、
文化省文化財博物館総局のマムーン・アブドルカリム総裁が23日、明らかにしていた。
国連教育科学文化機関(ユネスコ)のボコバ事務局長をはじめ、国際社会で非難の声が上がっている。

2015/08/25 21:28 【共同通信】

http://www.bbc.com/news/world-middle-east-34051870
Islamic State photos 'show Palmyra temple destruction'

http://ichef-1.bbci.co.uk/news/872/cpsprodpb/135E9/production/_85173397_85173396.jpg
Syria's director of antiquities said the Temple of Baalshamin was blown up on Sunday
http://ichef.bbci.co.uk/news/768/cpsprodpb/8786/production/_85149643_028680673-1.jpg
The oldest parts of the temple, seen here in 2014, dated back to the 1st Century AD
http://ichef-1.bbci.co.uk/news/768/cpsprodpb/16DFE/production/_85149639_028683937-1.jpg
Palmyra is one of the archaeological jewels of the Middle East

http://ichef-1.bbci.co.uk/news/768/cpsprodpb/49E3/production/_85151981_palmyra_sites_624_v3.jpg

471 :世界@名無史さん:2015/08/25(火) 22:37:25.26 0
>>470
http://ichef-1.bbci.co.uk/news/768/cpsprodpb/49E3/production/_85151981_palmyra_sites_624_v3.jpg
まさかこれ全部破壊済みなんて言わないよな


嘘だろ

472 :世界@名無史さん:2015/08/26(水) 06:07:35.74 0
悲しいわ。生きてるうちにいつか行こうと思ってたのに

473 :世界@名無史さん:2015/08/26(水) 06:28:55.02 0
廃墟を作ってそれを平和と呼ぶローマ人に比べれば、まだマシかもな

474 :世界@名無史さん:2015/08/26(水) 09:50:56.34 0
ヨーロッパだと古代の建造物が結構残ってたりするが日本は地中に埋まっている遺跡以外だと破壊しまくってるよね

475 :世界@名無史さん:2015/08/26(水) 10:02:51.85 0
もったいない話ではあるけど木造は維持するのも大変だしな

476 :世界@名無史さん:2015/08/26(水) 10:35:17.37 0
日本には建築イコール生き物という考え方があるからな

477 :世界@名無史さん:2015/08/26(水) 10:37:12.40 0
日本人は作り方を伝承すれば良い、って感じじゃね?

478 :世界@名無史さん:2015/08/26(水) 14:40:44.99 0
地震多発地帯
活火山地帯
湿気多し
山岳地帯
台風地帯
と天から恵まれた環境なので遺跡は残しにくいのかも

479 :世界@名無史さん:2015/08/26(水) 15:28:06.15 0
木造だからというのもあるけれど、連続して住んでいるからが大きいでしょ。
今住んでる家だって、1000年経てば世界遺産かもしれないけど、今住んでる人は古くなれば建て替える。
だから遺跡として残らない。

480 :世界@名無史さん:2015/08/26(水) 15:32:09.29 0
>>473
破壊はするけどそれ以上にあれこれ作りまくるローマ人の方がはるかにマシだわ
イスラム国連中は破壊しかしないもん

481 :世界@名無史さん:2015/08/26(水) 16:21:15.83 0
>>473はタキトゥス曰くだからそういう意味じゃないと思う

482 :世界@名無史さん:2015/08/26(水) 19:18:48.08 0
アンティオキアってトルコ領だから大丈夫だよな?
ティルスもレバノン領だから大丈夫かな
カルケミシュが一番危ないのか?

483 :世界@名無史さん:2015/08/26(水) 21:12:02.28 0
日本には残すに値する偉大な建築物がなかったんだろ

484 :世界@名無史さん:2015/08/26(水) 21:17:09.48 0
ヨーロッパの遺跡も価値があったから遺したってもんばかりじゃないけどな。
ギリシャの遺跡が大理石の採掘場になってたってのは有名な話。

485 :世界@名無史さん:2015/08/26(水) 21:19:20.98 0
飛田新地ぐらいか

486 :世界@名無史さん:2015/08/26(水) 21:46:49.32 0
パルミラの神殿爆破されたな
やんなるわー
これだから一神教は

487 :世界@名無史さん:2015/08/26(水) 22:25:36.75 0
廃仏毀釈をやったのも疑似一神教だったな

488 :世界@名無史さん:2015/08/26(水) 23:42:51.03 0
過去のモノをそのオリジナリティを残すのが至上とする考え方と
過去の良いモノはその時の技術や考えで継ぎ足していくのが良いとする考え方がある
日本の場合は後者なんだろう

489 :世界@名無史さん:2015/08/27(木) 04:54:50.09 0
同じ塩野作品でもローマではなくルネサンスモノの話なんだが、
シャルル8世のイタリア侵攻で、イタリアに「フランス病」「ナポリ病」「ヴィーナスの病」が広まったとあるのに、
それがどういう病気なのか一切書いてないんだが、
今ならぐぐれば分かるけど、刊行当時の昭和40年代ではそうもいかなくね?
注釈入れなくてもあの通称で通じるくらい当時の常識だったの?

490 :世界@名無史さん:2015/08/27(木) 05:00:48.51 O
フランス病 french diseaseといえば梅毒。
昭和の大人の知識やね。

491 :世界@名無史さん:2015/08/27(木) 05:10:22.12 O
>>489
表立って語られることもなく、書き残されもしないが、
訳知りのオジサンや悪い先輩等に聞くと、ニヤニヤしながら
教えてくれる大人の知識というのがありましてな。

492 :世界@名無史さん:2015/08/27(木) 06:47:00.46 0
ちなみにこの梅毒、フランス人はイタリア病とかスペイン病とか呼んでいたが
イギリス人はフランス病と呼んだ
名前で伝搬経路がわかる

493 :世界@名無史さん:2015/08/27(木) 11:24:17.15 0
ポルトガル人はカスティーリャ病
ロシア人はポーランド病
ポーランド人はロシア病と呼んだ

494 :世界@名無史さん:2015/08/27(木) 11:31:14.04 0
よーし、どんどんさかのぼって梅毒の起源になった諸悪の根元国を突き止めようゼ!
エイズ(HIV)は猿から感染ったって噂あったよね?

495 :世界@名無史さん:2015/08/27(木) 11:47:40.07 0
スペイン風邪の本当の発生源は北米。
当時WWI で参戦国は情報統制を敷いていたので、中立国スペインのニュースが最初に世界的に報道されたため、スペイン風邪と呼ばれるようになった。

496 :世界@名無史さん:2015/08/27(木) 12:48:53.06 0
「住民のことも心配して」

イスラム国も、これまでイラク北部の世界遺産ハトラ遺跡などを破壊。「偶像崇拝」を理由にしているものの、「勢力誇示が目的」(専門家)とみられる。
組織への賛同者を引きつけたり、支配地の住民に恐怖を与えたりするためだ。
イスラム国がパルミラを制圧したのは約3カ月前の5月。イスラム国の研究で知られるイラク政府顧問、ヒシャム・ハシミ氏は「イスラム国はこの間、パルミラ遺跡の多くの文化財を密売してきた。残ったものは破壊される可能性がある」と指摘する。
一方、パルミラで生まれ育った元遺跡ガイドで、12年からシリア国外で暮らす20代男性は「破壊は本当にひどい」と強調。
その上で「世界は遺跡のことばかり心配する。そこで暮らす人々をどうして心配してくれないのだろう」と付け加えた。

http://www.sankeibiz.jp/express/news/150827/exd1508270700002-n1.htm

497 :世界@名無史さん:2015/08/27(木) 14:15:56.36 0
イギリス←フランス←イタリア←スペイン←アメリカ大陸
コロンブスの船の乗組員の誰かが貰って帰ってきたようだ
ちなみにトルコ人は「キリスト教徒病」、ペルシア人は「トルコ病」と呼んでる

498 :世界@名無史さん:2015/08/27(木) 14:21:11.85 0
イギリスではフランス病、フランスではイギリス病だっけ

499 :世界@名無史さん:2015/08/27(木) 14:21:38.87 0
イスラームは成立当初から戦争ばかりさてるな
1400年程度たったんだから少しは落ちつけと

500 :世界@名無史さん:2015/08/27(木) 18:36:00.39 0
常時戦争と射殺ばかりしてる飼い主の米帝様

501 :世界@名無史さん:2015/08/27(木) 18:46:02.75 0
逆にキリスト教は成立当初は暇でそれから暴れはっちゃくだったな

502 :世界@名無史さん:2015/08/27(木) 19:36:18.26 0
>>499
今でいうアラブ世界ってイスラム教が成立する前から争いが絶えないんじゃないか

503 :世界@名無史さん:2015/08/28(金) 00:40:09.48 0
いつだってパンサーカスハゲの三連コンボ

504 :世界@名無史さん:2015/08/28(金) 10:42:30.77 0
http://www.asahi.com/articles/ASH8X2QTGH8XUHBI00D.html

昔はエジプトが防波堤になってたのかね?

505 :世界@名無史さん:2015/08/28(金) 10:50:32.18 O
>>503
カエサル「ハゲは関係ないだろハゲは」
ウェスパ「そうだそうだ」

506 :世界@名無史さん:2015/08/28(金) 11:04:33.66 0
毛が無い→怪我無い→そうだ、戦場に行こう

507 :世界@名無史さん:2015/08/28(金) 11:23:59.56 0
ついこの間も沈没してたよなー

508 :世界@名無史さん:2015/08/29(土) 02:31:35.78 0
http://www.47news.jp/CN/201508/CN2015082801002166.html
危機遺跡の立体映像収集へ 「イスラム国」に対抗

【ロンドン共同】シリア中部の世界遺産パルミラ遺跡の神殿を破壊した
過激派組織「イスラム国」に対抗し、英オックスフォード大と米ハーバード大の研究者らは、
紛争地に3Dカメラを送って破壊の恐れがある遺跡を撮影してもらい、
立体映像データを収集する計画を発表した。英メディアが28日伝えた。

蓄積したデータを使えば、遺跡が破壊されても、
3Dプリンターを使って建造物を再建することが可能になる。

研究者は「デジタル保存された記録には、野蛮な破壊が及ぶことはない」と強調している。

2015/08/28 22:53 【共同通信】

http://www.youtube.com/watch?v=QO5VJgD0oH0
3D Cameras To Stop IS 'Wiping The Slate Clean'
Voice of America

509 :世界@名無史さん:2015/08/29(土) 04:23:41.56 0
国連は何でISに対してアクションを取らないの?

510 :世界@名無史さん:2015/08/29(土) 07:45:17.32 O
国連本体が出来るのは非難声明を出すことだけ

511 :世界@名無史さん:2015/08/29(土) 07:48:10.75 0
ハイハイ、巣に帰ってね

512 :世界@名無史さん:2015/08/29(土) 10:21:33.79 O
>>511←まさかのISIS工作員?

513 :世界@名無史さん:2015/08/29(土) 11:15:50.34 0
古代ローマに関して何か知りたくば、

京都大学学術出版会より刊行されている

『西洋古典学事典』を

キチンと読むことだな。

それ以外に方法は無いぞ!

514 :世界@名無史さん:2015/08/29(土) 11:31:27.38 0
事典を読むのかよ…

515 :世界@名無史さん:2015/08/29(土) 16:24:09.36 0
そうだ。

楽しめること

請け合いだ。

516 :世界@名無史さん:2015/08/29(土) 16:29:48.41 0
>>514
513・514は「ナッ爺」という悪質なスバマーなので
スルー推奨

517 :世界@名無史さん:2015/08/29(土) 17:29:51.08 0
>>503
皇帝妹カエサルちゃんやめろ

518 :世界@名無史さん:2015/08/29(土) 17:40:29.77 0
橘・シルフィン・フォード

519 :世界@名無史さん:2015/08/29(土) 19:01:39.85 O
容姿端麗成績優秀な女子高生なのに家では皇帝なのか

520 :世界@名無史さん:2015/08/30(日) 01:42:15.52 0
>>511-512
ネット戦略に長けた奴らだしなw

521 :世界@名無史さん:2015/08/30(日) 12:52:36.69 0
『西洋古典学事典』は、
516番の超ド白痴以外、まともな人間ならば、
誰でも楽しんで読める傑作だから、
購入して間違いは無いぞ。

522 :世界@名無史さん:2015/08/30(日) 13:31:01.52 0
以後、スルーで

523 :世界@名無史さん:2015/08/30(日) 14:42:36.23 0
アマゾって見たけど3万もする・・・

524 :世界@名無史さん:2015/08/30(日) 23:13:12.32 0
521
スパマーナッ爺徒労お疲れちゃん

525 :世界@名無史さん:2015/08/31(月) 23:10:22.46 0
明日大学図書館で西洋古典学事を閲覧してくるわ
そんなに面白い本なのか?

526 :世界@名無史さん:2015/09/01(火) 10:18:38.12 0
自作自演はネロの十八番

527 :世界@名無史さん:2015/09/01(火) 12:41:42.02 0
http://www.47news.jp/CN/201509/CN2015090101001286.html
シリアの「ベル神殿」破壊も確認 衛星写真で国連

【ニューヨーク共同】国連訓練調査研究所(UNITAR)は8月31日、
過激派組織「イスラム国」がシリア中部の世界遺産パルミラ遺跡にある
主要建築物「ベル神殿」の大半を破壊したことを衛星写真の分析により確認したと発表した。
米紙ワシントン・ポスト電子版などが伝えた。

UNITARは、破壊前後の写真を比較。ベル神殿の本殿とそばの列柱が破壊されたことを確認した。

ベル神殿はパルミラ遺跡最大の神殿で、最も有名な建物の一つ。
1世紀から2世紀にかけて建設された。列柱に囲まれた本殿や祭壇などで知られていた。

2015/09/01 11:37 【共同通信】

http://www.47news.jp/PN/201509/PN2015090101001317.-.-.CI0003.jpg
シリア・パルミラ遺跡のベル神殿=2010年8月(ロイター=共同)

http://www.theguardian.com/world/2015/sep/01/satellite-images-reveal-isis-destruction-of-palmyras-temple-of-bel
Satellite images reveal Isis destruction of Palmyra's Temple of Bel

http://i.guim.co.uk/img/media/addd2103daf3caab24178fd57693b85ee017d5d7/39_0_2194_1316/master/2194.jpg

http://i.guim.co.uk/img/media/df83d0b4c984d7820345c917741051d8bd114c8f/260_0_1936_1162/master/1936.jpg

528 :世界@名無史さん:2015/09/01(火) 12:43:04.87 0
>>527
http://i.guim.co.uk/img/media/addd2103daf3caab24178fd57693b85ee017d5d7/39_0_2194_1316/master/2194.jpg?w=620&q=85&auto=format&sharp=10&s=905bd6493f4a61371e330c457ecd312d

http://i.guim.co.uk/img/media/df83d0b4c984d7820345c917741051d8bd114c8f/260_0_1936_1162/master/1936.jpg?w=700&q=85&auto=format&sharp=10&s=15d74c67e218d917bcfd4274ae6975cb

529 :世界@名無史さん:2015/09/01(火) 17:02:13.05 0
また米ちゃんは他人様の遺跡を破壊してんのか

530 :世界@名無史さん:2015/09/01(火) 17:21:59.25 0
     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://ヽ:::::::::::::::|
    l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::// ヽ::::::::::::::l
    l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::「'ヽ::::::::::://   ヽ:::::::::::|
    |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノl:::ノ l:::::::/      ヽ::::::::|
   ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ ゙゙  ノ:::/ ,,;;;;;;,,    ,,,,ヽ:::::l
   ):::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/    ノ/ __,'''i: ('''__):::l
  )::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/         ̄ ̄ン:. :「 ̄`ヾ
 1:::::::::::::::::::::::「 `┤l:::::::::::::::::l          ̄   ,  ヽ ̄ l
  `l:::::::::::::::::::::ヽ  :l li:::::::::::::/           /´   `l  |   <ヴッ!!!
  ヽ::::::::::::::::::::::\_」 lヽ::::/            !:-●,__ ノ  /   
  ノ:::::::::::::::::::::::::::ノ | l `゙゙            ,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,  /ヽ
,/ ヽ::::::::::::::::::::::(  l l::::::::..         /.:''/´ ̄_ソ  /  `ヽ
     ヽ:::::::::::::::ヽ | l:::::::::::...      /::// ̄ ̄_ソ  /    \
        ヽ:::::::\| l::::::::::::::::...    / :::.ゝ` ̄ ̄/ /       ヽ
           ヽ:::l l:::::::::::::::::::..      ̄ ̄;;'' /         ヽ
              l l;;;;;;:::::::::::::::.....;;;;............;;;;;;''ノ            l
              l l '''''''''''''''''''''''''''''''''''''' ̄l |             |

http://y2u.be/z2qK2lhk9O0

531 :世界@名無史さん:2015/09/02(水) 03:11:03.61 0
映画グラディエーター冒頭の蛮族との合戦シーンだけど、
演出には誇張が多かったりする?
迫力はすごかったが、野戦であんなにバリスタを並べて運用できたのかなって疑問に思った
あと、最近まで戦場で戦ってた壮年の将軍がいきなり隠居して農村で働こうとしたりとかありえたの?

532 :世界@名無史さん:2015/09/02(水) 03:18:11.13 0
誇張しか無えよ

533 :世界@名無史さん:2015/09/02(水) 05:25:45.44 O
いくら蛮族でも、ローマ軍が陣容を整えて万全の構えの
ところに真っ正面から突撃したりしないよなあ。

534 :世界@名無史さん:2015/09/02(水) 08:37:20.82 0
隠居は共和制初期の独裁勘みたいな例はあるが
阿保時代のおそらくプロコンスルは引退なんて出来ないだろう

535 :世界@名無史さん:2015/09/02(水) 09:26:26.16 0
ブダペスト東駅で退去命令、駅を出た難民らデモ ハンガリー
http://www.afpbb.com/articles/-/3059092

ガリア戦記の発端を思い出したw

536 :世界@名無史さん:2015/09/02(水) 12:12:40.51 0
大都市に貧民が集中するのは昔も今も変わらない

537 :世界@名無史さん:2015/09/02(水) 13:25:27.81 0
>>534
息子に譲位して隠居したはずの元皇帝が諸属州漫遊の旅にw
お供にスケサブロウスやカクノシノスを引き連れて、
「この紋章が目に入らぬか!」
「そ、それは鷹の御紋!?」
「ここにおわす御方をどなたと心得る!畏れ多くも先の皇帝──」

538 :世界@名無史さん:2015/09/02(水) 13:28:38.02 0
「そ、それは鳩の御紋!?」
「ここにおわす御方をどなたと心得る!畏れ多くも先の首相──」

539 :世界@名無史さん:2015/09/02(水) 13:52:40.94 0
>>538
「そいつ絶対生きて返すな!」
「え?え?」

540 :世界@名無史さん:2015/09/02(水) 14:06:36.61 0
「こいつを生きて帰して欲しくなかったら身代金を払え!」

541 :世界@名無史さん:2015/09/02(水) 15:35:33.80 0
すげぇよなぁ 元首相なのに非国民で売国奴w

542 :世界@名無史さん:2015/09/02(水) 16:19:44.88 0
>>538
真剣に記録抹殺刑に処すべきだと思う

543 :世界@名無史さん:2015/09/02(水) 17:33:54.88 O
真面目な話、アレが首相になった時、俺は日本の政治制度に
絶望したね。あんな馬鹿はそこにたどり着く前に、どこかで
淘汰されるべきなのにされなかった事にね。
「無能者の淘汰」はローマでも難しい問題だったが。

544 :世界@名無史さん:2015/09/02(水) 18:17:15.69 0
鳩山はここ二十年で最も優秀で愛国心に富んだ首相だよ
姦僚や痴呆劫務員受けわ悪いが

545 :世界@名無史さん:2015/09/02(水) 18:18:03.39 0
>>544
下痢は?

546 :世界@名無史さん:2015/09/02(水) 18:23:21.99 0
わの字は民主党員だったのか
道理で

547 :世界@名無史さん:2015/09/02(水) 19:03:02.91 0
人類史ですれ違い、お互いに面識のない
古代ローマとイスラム教。

もっとイスラム誕生が早かったら
欧州に伝わってたか・・・と思ったけど無理だろうな
飽食のローマ人に断食は絶対無理そう

548 :世界@名無史さん:2015/09/02(水) 19:47:14.47 0
ローマ時代のキリスト教って清貧を旨としていたのかな?
中世には飽食のローマ教会の求心力が低下して、清貧な修道士が流行ったけど
ローマ時代のキリスト教も基本が清貧だったらイスラム教の教義を受け入れられる土壌はあるが、
実態はアラブ戦士に戦闘で負けた上でコーランか死かといわれるんだから、
相手を倒した上で寛容な条約を結ぶ、負けてる条件下では交渉はしない古きのローマの精神的には受け入れられんだろうな
イスラム的偶像禁止も相性悪そう

549 :世界@名無史さん:2015/09/02(水) 20:04:15.69 0
マイナー宗教だから必然的に清貧になったのではないかな?

550 :世界@名無史さん:2015/09/02(水) 20:15:35.67 0
1世紀半ばのユダヤ社会では
上・中階級=ユダヤ教、
下層・賤民階級=キリスト教って分かれてたみたいだが

ローマ社会では階級と宗教に相関はあったのかね

551 :世界@名無史さん:2015/09/02(水) 21:16:20.98 0
キリスト教が普及するまでの時代だと兵役に就いてる軍人はミトラ教が主流だが
ギリシャ・ローマ神話の神々を信仰することもあった
ローマ帝国の東方では階級に関係なくゾロアスター教やマヤ教徒も多数いた
一般的に知られてないが東は中国から西は北アフリカまで、マヤ教が広大な地域を支配していた時代があったのだ

552 :世界@名無史さん:2015/09/02(水) 21:32:40.55 0
マニ教では?

あと「コーランか死か」でなくて「クルアーンか剣か貢納か」な
あんまりホイホイ改宗されると租税が少なくなるじゃないか

553 :世界@名無史さん:2015/09/02(水) 23:17:35.30 0
マヤ教が広大な地域を支配してたなんてしらなかった

554 :世界@名無史さん:2015/09/02(水) 23:39:51.71 0
>>548
末期の話だけどある大商人がローマ司教に「私をローマ司教にしてくれればすぐに改宗しますよ」
なんて言ったとかいうエピソードもあったり
かつての元老院や名士がそのまま司教にシフトしてたりするから、上は相当儲かってる

555 :世界@名無史さん:2015/09/03(木) 02:33:11.01 0
既にヨハネ福音書が書かれる頃にはそこそこの知識層が参入してるっぽいし

556 :世界@名無史さん:2015/09/03(木) 05:13:17.43 O
新約聖書は全編ギリシャ語だから、ガリラヤの属州民ばかりの
使徒達には、自分で書くのは荷が重かろう。

557 :世界@名無史さん:2015/09/03(木) 09:24:11.88 0
ローマ帝国期にもキリスト教会って各村に一つみたいな感じで存在してたの?

558 :世界@名無史さん:2015/09/03(木) 18:10:31.49 0
都市だけ
農村部は多神教が主流

559 :世界@名無史さん:2015/09/03(木) 19:26:47.24 0
異教徒をpaganus(田舎者)と呼ぶぐらいだしな

560 :世界@名無史さん:2015/09/03(木) 19:30:31.06 0
>>556
新約聖書の写本は一番古い物もギリシア語だけど、最初から全編
ギリシア語で書かれた訳ではないらしい
ルカを除く福音書にはヘブル語から翻訳された痕跡があるそうな
アラム語もあった説も存在するけど、こちらは推測の域を出ない

http://www.nunochu.com/bible/faq/z_greek.html

561 :世界@名無史さん:2015/09/04(金) 06:13:48.31 O
パウロという人物が興味深い。ユダヤ属州民でなく小アジア生まれ。
ギリシャ語話者でローマ市民権保持者。熱心なユダヤ教徒だった
のが、なぜキリスト教に回心したのか。

562 :世界@名無史さん:2015/09/05(土) 13:04:08.08 0
>>561
当時だとユダヤ教パリサイ派→ユダヤ教ナザレ派な

563 :世界@名無史さん:2015/09/05(土) 15:10:39.13 O
ナザレ派からキリスト教への転換の立役者がパウロではないか?

564 :世界@名無史さん:2015/09/05(土) 15:17:50.41 0
パウロ自身がユダヤと袂分かってないんで
転換はパウロ死後

565 :世界@名無史さん:2015/09/05(土) 20:46:05.55 0
属州が属州を救うのか
「移民国」誕生!?エジプトの億万長者、難民のために島を買う意向

 エジプトの大富豪ナギブ・サウィリス氏は、地中海の無人島を買い取り、
そこを戦闘地域から逃れた難民を受け入れる「独立国」に変える考えだ。

 サウィリス氏は、AFPの取材に対し「イタリアとギリシャは、多くの無人島を地中海に持っており、
それらをこの目的に使用する事ができる。
そうした島々には、数十万人が住めると思う」と述べ、次のように続けた-

「ギリシャとイタリアが私に島を売り、私はそこの独立を宣言し、移民を受け入れ、
彼らが新しい国をつくれるように仕事を与える。
イタリアあるいはギリシャ領の島の値段は、数千万ドルから数億ドルだろう。
そこにはまず最初に、難民用の一時避難所をつくり、
その後、学校や病院など必要なインフラを整備する事になる。」

http://jp.sputniknews.com/middle_east/20150904/850658.html

566 :世界@名無史さん:2015/09/05(土) 21:42:44.96 0
>>565
ギリシャなら今金がないし売ってくれそうだな
現代の移民国家ってロマンがあっていいな

567 :世界@名無史さん:2015/09/05(土) 22:19:45.75 0
これで解決するならウァレンス帝もうらやましがるな

568 :世界@名無史さん:2015/09/05(土) 22:51:56.01 0
安全保障はどうすんの?

569 :世界@名無史さん:2015/09/05(土) 22:55:37.31 0
>>568
属国だから不要、政治的独立が無いだけ

570 :世界@名無史さん:2015/09/06(日) 00:21:20.36 0
まるで鉄道模型Nゲージのような暗闇のシルエットの車体と室内灯の輝き
常磐線E531系とE657系特急の鉄橋上での擦れ違いシーン

https://www.youtube.com/watch?v=KkQ2ikmfOQE

------------

571 :世界@名無史さん:2015/09/06(日) 11:42:17.70 0
ホノリアって何を考えてアッティラと結婚しようとしたんだ

572 :世界@名無史さん:2015/09/06(日) 19:08:10.08 0
>>570
ここはローマ帝国のスレだから標準軌の電車にすべきだった。あと手振れがひどい

573 :世界@名無史さん:2015/09/06(日) 20:33:41.14 O
ローマスレだからベスビオ登山鉄道を語るべき

574 :世界@名無史さん:2015/09/07(月) 04:02:05.98 0
>>571
いつの時代もワルのトップはモテるものです

575 :世界@名無史さん:2015/09/07(月) 18:10:52.05 0
神聖ローマ帝国が、西ローマ帝国の轍を踏みはじめた件について

シリア難民80万人受け入れるって約束しちゃったけど
ムスリムの多産ぶりを計算に入れてないようだな
こりゃ国中にモスク乱立するな

576 :世界@名無史さん:2015/09/07(月) 18:26:41.85 0
>>574
一般男性が最初からアウトロー女に食指を伸ばす事はそうそう無いが(後から美人局発覚は除く)
一般女性はアウトロー男に惹かれる不思議

577 :世界@名無史さん:2015/09/07(月) 18:28:04.46 0
同化することも共存することも結局はできないだろうな。

578 :世界@名無史さん:2015/09/07(月) 18:52:24.82 O
不寛容を旨とするアブラハムの宗教ですからねお互い。

579 :世界@名無史さん:2015/09/07(月) 21:05:34.11 0
スティーブ・ジョブズの父親ってシリア人だったのか

580 :世界@名無史さん:2015/09/08(火) 04:17:11.85 O
元ヒッピーですから人種は関係ありません

581 :世界@名無史さん:2015/09/08(火) 09:53:30.14 0
>>579
トライアヌスと同じで適切な環境(国)があったから成功したんだな

582 :世界@名無史さん:2015/09/08(火) 10:19:04.85 0
話変わるが、塩野の
「わが友マキアヴェッリ フィレンツェ存亡」
「マキアヴェッリ語録」

マキアヴェッリ自身の
「君主論」
「ローマ史論」
「フィレンツェ史」
をまとめて買ったんですが、どういう順番で読んだら良いですかね?

583 :世界@名無史さん:2015/09/08(火) 11:35:23.18 0
今直ぐ全部ゴミ箱に捨てて他の塩婆作品を買い直す。

584 :世界@名無史さん:2015/09/08(火) 12:29:57.17 0
マキャベリの置かれていた環境と解説の概論を読んでから本人の著作を読んだ方が理解しやすい
マキャベリの著作でもフィレンツェ史を読んでから君主論だとマキャベリがどう思ったからこれが書かれたのかってのが理解しやすいだろうな

585 :世界@名無史さん:2015/09/08(火) 15:57:20.78 0
これが時代の最先端か
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2577671.html

586 :世界@名無史さん:2015/09/08(火) 16:33:21.81 0
最近、ネロは悪帝ではなくキリスト教のデマだみたいな風潮あるけど
ネロは自死に追いつめられるくらいキリスト教に
ネガティブキャンペーンされてたのかな?
当時のキリスト教にそんな力あったの?

587 :世界@名無史さん:2015/09/08(火) 17:07:42.86 0
コンスタンティヌス帝の時代からルター、カルヴァンが登場するまでの文明文化の流れを見れば一目瞭然だろ

588 :世界@名無史さん:2015/09/08(火) 17:11:16.56 0
ちょいと話がそれるが、京都文化博物館に行くと、
いまマキャヴェッリの肖像画置いてるね。
現物を見たのは初めてだよ。

589 :世界@名無史さん:2015/09/08(火) 17:57:41.94 0
>>588
婆に不細工といわれたアレか
京都は遠いなぁ

>>586
庶民にとっては悪ではなく、親しみやすいアンちゃん。
ローマ帝国にとってはやや問題児
元老院議員にとっては悪逆非道の皇帝
キリスト教徒にとっては「他のローマ皇帝並みには悪逆非道」
だと思う

当時の知識階級元老院を敵に回したため
過剰に悪辣と評価されていると思う

590 :世界@名無史さん:2015/09/08(火) 18:44:19.57 0
有能か無能かで言ったら間違いなく無能
しかし日本人の目線から見ると悪党というよりバカなんだろうと思える

591 :世界@名無史さん:2015/09/08(火) 18:46:40.10 0
ネロを自殺に追い込んだのは元老院であってキリスト教徒ではない
パルティアにとってはちゃんと和平を守るいい相手だったようだが

592 :世界@名無史さん:2015/09/08(火) 22:10:43.99 0
ジャイアンリサイタルに毎日付き合わされる身にもなってくれ

593 :世界@名無史さん:2015/09/08(火) 22:22:17.84 0
美少女にされてるネロを見かけたが
ナルシストでバイで音痴な所はブレてなかった

594 :世界@名無史さん:2015/09/09(水) 02:08:35.47 0
ネロわ典型的な暴君、しかも暗愚
擁護するのわ代々無能なジャパンの上級国民さまと奇を衒う捻くれ者だけ

595 :世界@名無史さん:2015/09/09(水) 05:52:43.75 0
少なくともキリスト教は関係ない
タキトゥスの時点で辛辣に評価されてる

596 :世界@名無史さん:2015/09/09(水) 06:06:28.92 O
やはりドムス・アウレアがいかんかったのかね

597 :世界@名無史さん:2015/09/09(水) 06:23:00.83 0
ギリシャの歌合戦では皇帝の威光で一位もらったみたいな扱いだが、
実際はどうだったんだろう?
歌なんてのはある程度以内は技術だから、一流どころに稽古つけてもらえばそれなりにはなるはずだが、

598 :世界@名無史さん:2015/09/09(水) 08:51:13.22 0
こんな感じかな?
ネロ 人気とそれなりの能力はあった
元老院 皇帝とかウンザリだしネロはなんかやってきそうで怖い
国民 よくわかんないけどネロは派手で好き
    →内乱後 よくわかんないけどネロのせいなんだろ最悪
後々のキリスト教 人気ある皇帝にケチ付けると嫌われるからネロに悪評押し付けよう 

599 :世界@名無史さん:2015/09/09(水) 10:19:39.04 0
つーかネロは英雄伝に出てくる、あるいは歌い上げるような詩人になりたい!って気持が先行してて
楽器の練習したりして自分を高める努力を続けられる持久力が無いと思う

同時代の庶民には人気があったってのはちょっと疑問
現代の芸能人政治家に対するような気持ってのはあったと思う
見世物を提供してくれる人気と、自分自身が見世物な人気は異なるように

600 :世界@名無史さん:2015/09/09(水) 11:33:27.68 0
ネロって両刀だったっけ?

601 :世界@名無史さん:2015/09/09(水) 13:51:27.42 0
>>531
ドイツのテレビ番組からの情報だが、アルミニウムが
パンノニア戦にローマ騎士として参加していて、蛮族が
野戦の会戦で壊滅するのを目の当たりにして、ゲルマンの地に帰った時、
徹底して森の中でのゲリラ戦をしたそうだ。
 カタパルト等の飛び道具を大量に使ったそうだよ。

602 :世界@名無史さん:2015/09/09(水) 14:10:17.34 0
>>531
ルキウス・ウェルギニウス・ルフスは軍人で元老院議員で、
皇帝に推挙されたが、引退して詩作等して余生を過ごしたそうだ。
ローマは本人の意思を尊重するので、そういうことはあったと思う。

603 :世界@名無史さん:2015/09/09(水) 14:26:42.39 0
ネロ帝は何人もの男性を愛したが、

女をも愛でているぞよ。

詳しくは、京都大学学術出版会より刊行されている傑作
『西洋古典学事典』を
参照しろ。

よいな。

604 :世界@名無史さん:2015/09/09(水) 16:17:01.68 0
昔からそれ鬼のように押されてるけどちょっと興味ある
読んだことある人いたらレビューしてほしい

605 :世界@名無史さん:2015/09/09(水) 17:51:55.95 0
アルミニウムはトイトブルグの森でヴァールス軍団を
壊滅させた後も、ローマの反撃を受けて、すべて森の中での
ゲリラ戦に持ち込んで、どうにか撃退している。

アルミニウムはローマ軍の正当な教育を受けた騎兵だったけど、それを放棄したね。
 やはりローマ軍の野戦会戦の能力はすごかったと思うよ。

606 :世界@名無史さん:2015/09/09(水) 18:01:12.98 0
「全て森の中でのゲリラ戦」てのは語弊があると思うよ
対ゲルマニクス戦ではヴェーザー川近郊一帯にangrivarii wallなどの陣地を築いて戦い、
Idistavisoでは大規模な会戦も行ってるから

607 :世界@名無史さん:2015/09/09(水) 18:25:44.03 0
考古学調査からだと、
ウァルスとゲルマニクスの時とでゲルマン側の戦い方が若干変わってるんだっけ
俺が見たその論文だとアルミニウス側が自ら戦術を変えたのか、
ゲルマニクス側が引き込んだのかは判別つかないとしていたけども

608 :世界@名無史さん:2015/09/09(水) 19:14:37.31 0
>>601
日本語でおk

609 :世界@名無史さん:2015/09/09(水) 19:18:04.36 0
アルミニウ「ス」だろ
アルミニウムと混同すな

610 :世界@名無史さん:2015/09/09(水) 19:40:55.71 0
>>606
そうだね。でもその会戦でも、ゲルマン人は茂みに隠れていて、
ローマ軍が集合した時に、急襲したとTerra-Xで説明してたよ。

611 :世界@名無史さん:2015/09/09(水) 19:43:28.73 0
アルミニウムが発見されたのは19世紀になってから

612 :世界@名無史さん:2015/09/09(水) 19:57:01.90 0
>>611
Sie sind sehr laestig. Koennen Sie den Inhalt meiner Aussage kritisieren?

613 :世界@名無史さん:2015/09/09(水) 20:02:50.90 0
>>610
その言い方も大雑把すぎて語弊がある
Idistavisoの戦いで森に潜んでいたのはアルミニウス率いるケルスキ精鋭隊
多数の本隊は平野で(わざと)姿が見えるようにちゃんと布陣してた

614 :世界@名無史さん:2015/09/09(水) 20:12:37.54 0
>>612
Ist Ihr Anweisung, die Aussagen zu?

615 :世界@名無史さん:2015/09/09(水) 20:14:05.90 0
>>612
ラテン語でおk

616 :世界@名無史さん:2015/09/09(水) 20:18:29.73 0
>>613
細かく解説すると、そうなるよ。
貴殿には反論してない。
私は言いたいのは、アルミニウスがローマ軍の会戦能力を
高く評価していて、蛮族出身ながら決戦をできるだけ回避したということ。

531の質問者への答えだよ。
ローマ軍を知らない蛮族は正面からいて、壊滅して、
ゲルマン人はどうにか、ローマ軍を撤退させることが出来た。
これには反論しないだろう。

617 :世界@名無史さん:2015/09/09(水) 20:21:44.77 0
>>614
Anweisungは女性名詞、だからIhr Anweisungではなく、
Ihre Anweisungになるよ。
 あと、zuの用法がおかしい。

618 :世界@名無史さん:2015/09/09(水) 20:45:20.55 0
>>616
ティベリウスに鎮圧されたイリュリア人の反乱を教訓にして
アルミニウスはローマ軍と会戦を避けるようになったわけだね

イリュリア人の反乱が成功していたのならばディオクレとか
イリュリア人の皇帝らは存在しなかっただろうね
アルミニウスの反乱が成功しなければゲルマン人が
イリュリア人のように皇帝になったかもしれないね

619 :世界@名無史さん:2015/09/09(水) 20:50:34.25 0
シャルルマーニュ「」

620 :世界@名無史さん:2015/09/09(水) 20:53:56.12 0
Ksohilt delnen!
Burbur dernen!

621 :世界@名無史さん:2015/09/09(水) 21:06:32.33 0
>>618
そうですね。ローマは個人能力主義だから、
出身部族がなんであれ、出世できる。 
 アルミニウスは出世より、部族を取った。

622 :世界@名無史さん:2015/09/09(水) 21:16:32.57 0
世襲権力者以外で、
ローマ市出身の偉人って居る?

江戸出身者にも勝海舟のような偉人はいるし
東京出身の北野武も、関西勢の強い芸能界で気を吐いた訳で

623 :世界@名無史さん:2015/09/09(水) 22:16:28.07 0
ローマ市出身の平民となると確かに思いつかんな
属州ならけっこういるけど

624 :世界@名無史さん:2015/09/09(水) 22:36:27.12 0
ロムルスを育てた狼はローマ出身

625 :世界@名無史さん:2015/09/09(水) 22:48:27.54 0
ウイルギリウス

626 :世界@名無史さん:2015/09/10(木) 01:10:44.53 0
エンリコ・フェルミ

627 :世界@名無史さん:2015/09/10(木) 03:21:33.80 0
>>621
アルミニウスのケルスキ族はなんとかローマ軍を追い払ったけど
ローマ軍との激戦で消耗したのでやがて他の部族に征服された

イリュリア人も反乱によりローマ軍のボヘミア遠征が中止されたので
ボヘミアのマルコマンニ族とかに何度も攻め込まれる事になった
やがてマルコマンニ族に代わりボヘミアから南下してきたスラブ人らに
イリュリア人は滅ぼされた

628 :世界@名無史さん:2015/09/11(金) 08:16:00.43 0
                          認識齟齬なんてどこでもあるな

629 :世界@名無史さん:2015/09/12(土) 00:23:04.51 0
マ○コ◎ンニ族?

630 :世界@名無史さん:2015/09/12(土) 15:02:24.52 0
マルコマンニ族 = バイエルン族

アレマンニ族 = スエビ族

西ゴート族 = テルヴィンギ族

東ゴート族 = グルツンギ族

631 :世界@名無史さん:2015/09/12(土) 18:41:12.89 0
マンコクンニ族とか下ネタかよ

632 :世界@名無史さん:2015/09/12(土) 18:49:37.18 0
うるせえヌメリアヌスぶつけんぞ

633 :世界@名無史さん:2015/09/12(土) 18:59:40.42 0
オーストラリアにエロマンガって街があったな

634 :世界@名無史さん:2015/09/12(土) 19:19:20.57 0
クロペニス vs エロアヌス・ヴァギナス同盟の戦い(ローマ史)

635 :世界@名無史さん:2015/09/12(土) 20:27:48.33 0
アウロリアヌス・トライアヌスの二亀頭政治

636 :世界@名無史さん:2015/09/13(日) 04:40:25.33 0
キリスト教以前のローマ人にとって、
「死んだらどうなる」って信じてたの?
エジプトみたいに死後の世界で普通に生活?
キリスト教みたいに生前の行いで天国と地獄?
仏教みたいに何かに生まれ変わる?
死んだら無になる?

637 :世界@名無史さん:2015/09/13(日) 06:07:55.03 O
死んだらエリュシオンに行くんじゃなかったか。
常世とか黄泉みたいなやつ?

638 :世界@名無史さん:2015/09/13(日) 06:47:58.18 0
そっちの世界のものを食ったら返ってこれなくなる冥府がある。

639 :世界@名無史さん:2015/09/13(日) 07:22:49.66 0
>>637
>エリュシオン
横田守?

640 :世界@名無史さん:2015/09/13(日) 09:54:27.26 0
墓碑の銘文や図表をみると死後の生活を描いたものってのは少ない
大体が埋葬者の生前の姿や暮らしを描いている
銘文も「無になった自分」、「死んでただの物になった自分」をからかうものが多い
配偶者の墓碑も生前の伴侶がいかに素晴らしい伴侶であったかを書いたものが多く
死後や来世でも一緒に、みたいな銘文は自分は見たことがない

ローマは多神教で様々な宗教が混合した世界だから一概には言えないかもしれん
知識階級にはギリシア哲学の影響も大きいし、ストア派の考え方なんかはキリスト教がパクルくらいだし

641 :世界@名無史さん:2015/09/13(日) 11:14:58.91 O
「今のうちに酒をしこたま飲んでおけ。ここに入ったら飲めないぞ!」
あの世にワインはないようです。

642 :世界@名無史さん:2015/09/13(日) 12:21:38.87 0
>>641
呼んでるんですね、わかります、、、

643 :世界@名無史さん:2015/09/14(月) 09:14:51.94 0
そういう楽しい碑文文化はキリスト教圏に受け継がれたな
むしろなんで日本と中国で本人の功績や遺言?を墓に刻む文化が根付かなかったのだろう

644 :世界@名無史さん:2015/09/14(月) 09:32:23.68 0
自分の功績を吹聴するのは卑しいとする儒教思想だろう。
日本は今でも、匿名の陰徳以外は売名行為と軽蔑し罵る傾向がある。

645 :世界@名無史さん:2015/09/14(月) 09:33:07.72 0
不死身の男ここに眠る

646 :世界@名無史さん:2015/09/14(月) 11:28:37.66 O
中国の墓誌は「故散騎常侍某州之人何某 某年某月卒」と
官位と出身地しか記さないよな。

647 :世界@名無史さん:2015/09/14(月) 11:32:54.74 O
日本は墓碑銘の代わりに辞世の句だな。
「面白き 事も無き世を 面白く
すみなすものは 心なりけり」
  ――高杉晋作辞世

648 :世界@名無史さん:2015/09/14(月) 12:43:42.37 0
アダムスミスの墓碑が「国富論の作者」とだけあるのはかっこいい

まぁ国富論の正式名称は糞長いけどw

649 :世界@名無史さん:2015/09/15(火) 06:25:18.90 0
日本では死ぬまで待てずに生きてるうちに碑を立てたりするがな
なかには自ら建てちゃうずうずうしい奴も。

650 :世界@名無史さん:2015/09/15(火) 07:25:14.70 O
高輪の日本財団の前にある、母親を背負った笹川良一の
銅像は恥ずかしい。

651 :世界@名無史さん:2015/09/15(火) 13:05:25.78 0
ローマ:自腹で公共事業をする→そこに自分の名前をつけたり碑を建てたりする→利用者から尊敬される→真似するやつが現れる
日本:自腹で公共事業をする→そこに自分の名前をつけたり碑を建てたりする→売名行為を軽蔑される→割が合わないので誰も真似しない

652 :世界@名無史さん:2015/09/15(火) 13:09:49.77 O
ムネオハウスを思い出すな。

653 :世界@名無史さん:2015/09/15(火) 13:35:57.55 0
>>649
ローマ人だって生前に自分で建てまくってるよ
「○○が自身のためにこれを建てた」という決まり文句は腐るほど刻まれてる

654 :世界@名無史さん:2015/09/15(火) 13:39:36.41 0
伊達直人を名乗る寄贈は流行ってるだろ。

655 :世界@名無史さん:2015/09/15(火) 14:53:25.12 0
そういう風に素性を隠してあしながおじさん的善行をするのが日本らしくていいのだ

基本的にいいことでも悪いことでも自分が自分が的に前に出て来るのを嫌い、
出る杭を打つ文化だからね
その分海外では自己主張や積極性に欠けると非難されてしまうマイナス面にもなるのだが

656 :世界@名無史さん:2015/09/15(火) 15:05:02.73 0
>>649>>650のように公への自己主張を卑しいことだと認識しているのをみると
良くも悪くも日本の価値観を改めて実感するね

657 :世界@名無史さん:2015/09/15(火) 15:30:48.30 0
自分の功績を吹聴できるのは、人材が貴重な不安定な時代ならではだよ。
日本だって戦国時代は自分の手柄を声高に主張して褒美をを求めていたし、それに応えない主は見捨てられていた。
平和な時代では相当有能でも 代えが効かない人材 って分けじゃないから、高い褒美を求める奴は要らない。
日本はそんな平和な江戸時代が長かったからな。

658 :世界@名無史さん:2015/09/15(火) 16:40:29.83 O
自分で功績録書いたオクタはどうなんだ

659 :世界@名無史さん:2015/09/15(火) 18:17:49.89 0
アウグストゥスは自身の権力の正統性を強調しなきゃならないから
次の代のためにもね

660 :世界@名無史さん:2015/09/15(火) 18:43:35.61 O
アウグストゥスの晩年の、何とか自分の血筋に帝位を
継がせたいという耄碌ぶりは見るに堪えん。結局孫どもは
プレッシャーに耐えかねて自滅という結末。

661 :世界@名無史さん:2015/09/15(火) 20:16:04.64 0
>>651
淀屋橋とか道頓堀とか

662 :世界@名無史さん:2015/09/15(火) 21:01:36.60 0
>>660
ただの夭折だろ
政敵の暗殺かもしれんけど

663 :世界@名無史さん:2015/09/15(火) 23:39:19.71 0
>>661
昔の関西にはそういう気風があった。けいおん小学校も

664 :世界@名無史さん:2015/09/16(水) 01:07:23.98 0
中之島公会堂は岩本栄之助の寄付
中之島図書館は住友の寄付

665 :世界@名無史さん:2015/09/16(水) 23:10:39.15 0
tp://www.asahi.com/articles/ASH9J1S4VH9JUHBI003.html
パルミラ遺跡、消滅の危機 IS、一部をパン工場に
ダマスカス=春日芳晃
2015年9月16日18時56分

シリア文化省で遺跡保存を担当する文化財・博物館局の
マムーン・アブドルカリム局長(48)が15日、朝日新聞記者と会見した。
過激派組織「イスラム国」(IS)による世界遺産パルミラ遺跡の破壊は
中枢の神殿にとどまらず、周辺にも拡大しているとして
「極めて重要な古代遺跡が消滅してしまう」と警告した。

アブドルカリム氏によると、住民の証言や国連機関の衛星写真調査で破壊が確認されたのは、
@遺跡を象徴するベル神殿の本殿と列柱Aバール・シャミン神殿
B遺跡西側に広がる「墓の谷」の墓9カ所と塔墓Cパルミラ博物館のライオン像――など。

ISは博物館を監獄に変え、一部はパン工場にしているという。

シリア文化省はISがパルミラに迫った昨年5月、遺跡の元管理責任者で、
世界的に著名な考古学者ハレド・アサド氏が中心となって、
パルミラ博物館などが所蔵していた神像やローマ時代の胸像など
約400点、陶器など美術・工芸品数百点を急きょ別の場所へ移動させた。

666 :世界@名無史さん:2015/09/16(水) 23:29:13.39 0
>>661,>>664-665
どうなんだろね
皮肉や揶揄で呼び名がつけばそれはそれで嫌がるわけだろ?
向こうで寄付者の名前がついてるのだって詳しい経緯はわからんよ

667 :世界@名無史さん:2015/09/16(水) 23:31:13.35 0
移籍逃げてー!

668 :世界@名無史さん:2015/09/17(木) 01:09:56.00 0
>>666
ローマわ収奪が激しいから多少は還元しないと反乱起きるしな

669 :世界@名無史さん:2015/09/17(木) 02:01:11.02 0
はぁ?

670 :世界@名無史さん:2015/09/17(木) 03:34:03.64 0
国会で騒然としてるから思ったんだけど、ローマ皇帝も元老院議会はほかのでは議員たちと並んで座ったの?
それとも別の席?
玉座みたいな特別扱いは建前上は嫌ったんだよね?

671 :世界@名無史さん:2015/09/17(木) 06:48:34.52 0
一応訂正
ローマ皇帝も元老院議会ではほかの議員たちと並んで座ったの?

672 :世界@名無史さん:2015/09/17(木) 09:01:05.88 0
座った

アウグストウスは自分の周りを友人で固めたとされている

ただ第一人者として発言を真っ先にする必要があり議場のまえのほうに座っただろう

673 :世界@名無史さん:2015/09/17(木) 10:21:28.55 O
フォロ・ロマーノの元老院とか、特別席もないし
素っ気ない造りだよね。

674 :世界@名無史さん:2015/09/17(木) 11:54:50.80 0
>>651
日本の場合は陰徳という考えがあるから。
善行は自分の為に積むものであり、他人の為になすのではない。
自分一人が満足すればよいので、他人に知らしめる必要はない。

675 :世界@名無史さん:2015/09/17(木) 17:27:42.68 0
聖書にも似た様な事が書いてあるんだけどな

676 :世界@名無史さん:2015/09/17(木) 23:13:11.47 0
よほどローマの成金どものやり口が気に入らなかったらしい

677 :世界@名無史さん:2015/09/17(木) 23:40:03.67 0
でもローマの公共事業は政治的宣伝のためなんで隠れてやる意味が無い

大体一族郎党の総意としての事業なんで隠したら一門がキレるだろう

678 :世界@名無史さん:2015/09/18(金) 00:06:34.85 O
フィリピンの選挙みたいだなあ。
立候補者が小銭をばらまきながらパレードするという。

679 :世界@名無史さん:2015/09/18(金) 00:08:44.62 0
自腹を切って公共事業をしたローマの成金どもと、信者にたかった金で贅沢する教団幹部
何故差がついた慢心環境の違い・・・

680 :世界@名無史さん:2015/09/18(金) 02:32:11.42 0
>>665

シリアでは内戦以降、各地の遺跡や墓所から胸像や立像を盗み、
美術品として販売する目的で国外に持ち出す犯罪が横行。
昨秋には、レバノン政府から「シリアで盗まれた文化財」として胸像など約90体が返還された。
うち約20体はパルミラ関連で地下墳墓などから盗掘されたものだった。

アブドルカリム氏は、ISもパルミラの文化財を資金源にしようとしていると指摘。
ISは今年8月、アサド氏を殺害したが、
その動機を同氏が移動させた文化財の保管場所を明かすのを拒否したためだとみる。

アブドルカリム氏は「シリアで盗まれた文化財を扱う闇の国際市場ができており、ISも利用している。
国際社会は不正な文化財の流入を許さず、見つけたらシリアに返す仕組みをつくってほしい」と訴えた。
(ダマスカス=春日芳晃)

681 :世界@名無史さん:2015/09/18(金) 05:34:07.56 0
>>674
それで満足する奴は基本的に少数だし、小額だろう。
大きな慈善事業は出来ない。

682 :世界@名無史さん:2015/09/18(金) 08:15:11.74 0
うーん

ローマの元老院議員は部下に数百から数千人の兵役義務所を抱える豪族という視点がかけてるぞ
慈善事業は一族とクリエンティスたる「市民」である兵士達のための名誉と地位向上のためでもある

683 :世界@名無史さん:2015/09/18(金) 13:03:17.74 0
>>681
20年前に日本人が中国の砂漠の緑化事業を宣伝することなく、粛々と行っていた。
反日デモが切っ掛けで、その事業の存在がわかって、君みたいなのが無駄だから中国人に宣伝しろとか言ってた。

684 :世界@名無史さん:2015/09/18(金) 15:15:09.11 0
慈善事業を自らぶち毀した害務省、ホント売国しかしないよなアノ姦庁

685 :世界@名無史さん:2015/09/18(金) 17:03:51.83 0
民間が頑張って築き上げてきた信頼を一瞬で破壊するのが外務省なのか政府のどっちか

686 :世界@名無史さん:2015/09/18(金) 20:13:36.93 0
本日9月18日は至高の皇帝、最良の皇帝、秀でた皇帝こと
マルクス・ウルピゥス・ネルヴァ・トライヤヌスさんの誕生日。
この人が著したダキア戦記、どっかの屋根裏にでも残っていないもんかな

687 :世界@名無史さん:2015/09/18(金) 20:24:07.79 0
ローマの地下にありそう

688 :世界@名無史さん:2015/09/18(金) 20:46:58.77 0
ローマ時代の遺跡は大半がまだ地下に手付かずで眠ってるから
ダキア戦記も含めて失われたとされてる書は断片くらいはどこかに必ず残ってるはず
特に中東圏の砂の下は保存環境が素晴らしくて古代の書物がそのまま残ることも多々
まあ発掘できるか・発見できるかはまた別の問題だろうけども

689 :世界@名無史さん:2015/09/19(土) 14:22:38.94 0
最近、海底遺跡発掘という技術が進んでいて
地上で発見できていない未知なる遺産が海の底から出てくるかもしれない

690 :世界@名無史さん:2015/09/19(土) 18:07:59.35 O
アンティキティラ島の機械の完品が出て来ないものか

691 :世界@名無史さん:2015/09/19(土) 19:13:35.19 0
金属製品はかちのわからん人間によって解かされるから無理だろう

692 :世界@名無史さん:2015/09/20(日) 17:32:58.01 0
イタリアの遺跡もイギリス人が管理すべきだとお塩さんは言ってるな

693 :世界@名無史さん:2015/09/20(日) 18:10:31.28 O
いやまずイタリア半島からイタリア人を退去させないと

694 :世界@名無史さん:2015/09/20(日) 19:45:43.33 0
>>692
イギリス男が好きだからなあ塩婆

695 :世界@名無史さん:2015/09/20(日) 21:36:19.72 0
古代ローマ
驚きの技術 〜巨大帝国発展の非道〜

>>692
イギリス人ならちゃんと白く保ってくれますよね

696 :世界@名無史さん:2015/09/21(月) 02:21:43.72 0
>>695
秘密と書こうとしてタイポしたんだけど
これはこれでありだなww

697 :世界@名無史さん:2015/09/21(月) 11:23:28.92 0
ttp://togetter.com/li/876123
ローマ将棋ってあったんだな

チェッカーが普及していた事は知っていたが
チャトランガが欧州到達してない古代にあっても
人々は戦争ゲームを楽しんでたんだな


大駒が雑魚に一突きでやられる普通の将棋になんか違和感感じてたんで
百人隊長は四人で包囲して殺すってのに妙に納得した。

698 :世界@名無史さん:2015/09/21(月) 21:34:53.59 0
クラウディウス帝のカルタゴ史とエトルリア史凄い気になるけど残ってないんだよな…

699 :世界@名無史さん:2015/09/22(火) 00:20:27.97 0
あの人の業績じたい消せられてたしなダキア遠征記と同じく興味ある資料なんだがな

700 :世界@名無史さん:2015/09/22(火) 12:54:21.44 0
ブリタニア遠征の史実も気になるところだ

701 :世界@名無史さん:2015/09/22(火) 14:10:26.36 0
ダキア遠征、2世紀の三つのパルティア遠征、マルコマンニ戦争あたりも
ガリア戦記並みに詳しい史料が欲しいよね
せっかくのローマ史上最強時代なのに
その期間の軍事行動の詳細がすっぽり抜け落ちてるなんて悲しいところがある

702 :世界@名無史さん:2015/09/22(火) 15:53:55.36 0
手書きの時代の書物は大変だ

703 :世界@名無史さん:2015/09/22(火) 17:00:09.07 0
むしろガリア戦記と内乱記はなぜ残ったのか?

704 :世界@名無史さん:2015/09/22(火) 17:14:01.45 0
・カエサルの宣伝戦略
・帝政期からのカエサルの超神格化および最上の英雄視
・後世の欧文化圏でも英雄視が継続
・文学として質が高いのと読み物として面白かったから
この辺が積み重なったからかな
大量に写本される環境と質が揃ってたんだと思う

705 :世界@名無史さん:2015/09/22(火) 17:17:44.57 0
ダキア戦記などは流行ったとしても同時代だけで
トラヤヌス死後も継続してガンガン写本される、なんてことはなさそう
結局少数が公文書館や軍人・歴史家の手元に残ってのちの混乱で消失というパターン

706 :世界@名無史さん:2015/09/22(火) 18:27:52.73 0
キケロの友達の発刊したキケロ書簡録とかよーのこっとるわな

707 :世界@名無史さん:2015/09/22(火) 19:33:41.87 O
同時代の書物なのに、プリニウス書簡集は残って
ダキア戦記は消えた謎。

708 :世界@名無史さん:2015/09/22(火) 19:45:50.40 0
運の好悪ってのはありそうだね。
アレクサンドリアの焼き討ちで消失した記録なんて山ほどあるだろうし、
中世あたりに誰の本棚に眠っていたかで存否が別れたかって話だけで
もうひと箱アレクサンドリア図書館がたちそう

709 :世界@名無史さん:2015/09/22(火) 21:19:20.04 0
運も大きいだろうなあ。
運が良ければアッリアノスの「アラニ人に対する布陣」とか
軍関係者以外にはケツ拭く紙にしかならん覚書でも残るし。

710 :世界@名無史さん:2015/09/22(火) 22:04:05.49 0
哲人皇帝の時代辺りから妙にローマ軍がスキピオ以来の動きを忘れてるのか弱くなっていくけど
それもやっぱどこかでとぎれとぎれになっちゃうからなのかね?

711 :世界@名無史さん:2015/09/22(火) 22:16:00.60 0
蛮族に戦法がばれて強くなってるんのもあるだろう

元補助兵の蛮族が隣の部族に行ったらそれがローマ同盟国でないという場合もあんだろ

712 :世界@名無史さん:2015/09/22(火) 22:47:47.05 0
>>710
その頃はまだ思いっきり最強期だよ
アウレリウス帝の軍才欠如のおかげで戦略面のグダりポイントはあるけど、
ローマ軍そのものは安定して強い
パルティア遠征ではパ側は久々の統一王のもと全面的に応戦したけど結局ローマ無双
マルコマンニ戦争だって中期までの泥沼展開から弱体化イメージされがちだけど、
ゲルマン側の戦術・装備事情の進歩や、
のちの大移動時代のどの戦役よりも大規模な戦力かつ激烈な戦いだったことを踏まえれば、
これを防ぎきって後半は反撃侵略して圧倒すらしたローマ軍はやっぱり凄まじく強い

コンモドゥス挟んでそのあとのセウェルス帝時代も各方面に対して暴れまくりで、
ローマ軍がグダりだすのはその次のカラカラ帝あたりから

713 :世界@名無史さん:2015/09/22(火) 22:59:06.14 0
マルコマンニ戦争は2世紀ローマだからこそ凡将皇帝がトップでも凌げたからな
共和制期や3世紀後半以降の軍事力・国力じゃあ
カエサルのような天才指揮官がトップじゃないかぎり確実に押し潰される
下手すると1世紀ローマでも耐えられない

714 :世界@名無史さん:2015/09/22(火) 23:07:35.75 0
逆に考えるとゲルマン側が、
二世紀には最強期ローマでも全力出さないと抑えられないくらいに強くなっていたということだから、
三世紀以降の衰退期ローマの苦戦が目立ってくるのは必然なんだな

715 :世界@名無史さん:2015/09/22(火) 23:22:49.32 0
アウレリウスが10年かかったところを、トラヤヌスなら5年で。
カエサルならそれに加えて目覚しい戦績を刻んだろうな。
まあカエサルは統治困難とみて早々に引き上げるところを
トラヤヌスは勢いで新属州設立して別の形でグダりそうだけど。

716 :世界@名無史さん:2015/09/23(水) 12:57:14.71 0
8 名前:世界@名無史さん

京都大学学術出版会が出している
『西洋古典学事典』のI-PAD版が大変
役に立ちます。

有益この上ないツールですので、買わないと損をしますよ。


とくに古代ギリシャ・ローマに関心のある方々にとりては必携ですぞ。

717 :世界@名無史さん:2015/09/23(水) 13:48:59.17 0
ルネサンス三部作 緋色のヴェネツィア 銀色のフィレンツェ 黄金のローマ 読了。
正直、塩野さんって時代小説はあんまり向いてない?
登場人物達がヴェネツィアについて、フィレンツェについて、特にローマの都市と歴史ついてを語る時、
年齢も職業も社会的地位も違うのに、みんな同じ価値観で語っている要に感じる。
立場の違いによる見え方の違いを感じないから、塩野七生の独演会に思える。

718 :世界@名無史さん:2015/09/23(水) 14:05:36.72 0
>>716
だからそれ毎回気になってるんだって
誰かレビュー書いてくれよ

719 :世界@名無史さん:2015/09/23(水) 14:07:50.88 0
ローマ史ならこんなサイトもあるぞ
http://www.geocities.jp/timeway/kougi-13.html
http://www.geocities.jp/timeway/index.html

720 :世界@名無史さん:2015/09/23(水) 14:29:07.01 0
ロマ物以外の塩野作品ってこのスレ的にどうなの?

721 :世界@名無史さん:2015/09/23(水) 14:39:17.15 0
ローマ以外だとほとんどが中世になるから
著者の力量というより時代背景的につまらない

722 :世界@名無史さん:2015/09/23(水) 14:39:55.37 0
>>717
個人的嗜好だが完全な塩婆小説はおれはあまり好きでないw

723 :世界@名無史さん:2015/09/23(水) 15:12:01.15 0
本格的な小説を書くと洗練されてないところが目立つね。それこそ塩婆の言う「二流」になってしまう。読めないほどではないが

724 :世界@名無史さん:2015/09/23(水) 15:23:26.51 0
自分は小説はドラマだからあれでいいと思うが
「ルネサンスとはなんであったのか」みたいな凝ったというか、変則的な形式がダメ
なんかハナにつくというか、イライラして読んでいられない

725 :世界@名無史さん:2015/09/23(水) 15:46:45.70 O
え?塩婆はカエサルヲタの歴史同人誌作家だろ?

726 :世界@名無史さん:2015/09/23(水) 16:20:36.46 0
海都物とロマ後は面白かった

727 :世界@名無史さん:2015/09/23(水) 16:43:35.41 0
wkwkして読んだチェーザレ・ボルジアは尻すぼみ感が半端無かった

728 :世界@名無史さん:2015/09/23(水) 17:19:30.40 O
コンスタンチノープルの陥落は小説部分が蛇足もいいところ。
あれなら最初からノンフィクションでやれ。

729 :世界@名無史さん:2015/09/23(水) 17:23:08.30 0
中世に手を広げたりいらんエッセイばっか書いてないでガチローマものをもっと書けや塩婆
塩ブランドを最大限利用してローマカテゴリをもっと広げろや
日本でローマものがマイナーカテゴリを抜け出すにはまだまだ有名作品が足らんのじゃ

730 :世界@名無史さん:2015/09/23(水) 17:51:04.86 0
ホモ描写がすごいのってやっぱロードス島戦記なのかな

731 :世界@名無史さん:2015/09/23(水) 18:30:47.32 0
>>728
三部作で一番イランのはロードスのホモ小説部分

732 :世界@名無史さん:2015/09/23(水) 18:31:22.57 0
個人的に十字軍は期待してたが、
訳の分からないリチャード1世ageをした挙句、尻すぼみで終わって大変残念だった

中東十字軍全般がgdgdとは言え、ローマよりも質が良くないのは塩婆的にあまり食指が動かんかったんだろうな

733 :世界@名無史さん:2015/09/23(水) 19:14:25.22 0
ローマ人、いやラテン人に起源について考えてるけど、
君たちはどう思う。Y染色体はR1bだろうから、
骨壺墓地文化でインド・ヨーロッパ言語を獲得した集団かな。

734 :世界@名無史さん:2015/09/23(水) 19:16:59.93 0
あと、ローマ人が勢力を拡大できたのは、
マラリア対策が良かったのかなとも考えている。

735 :世界@名無史さん:2015/09/23(水) 19:21:41.52 O
>>731
取って付けたような描写で、塩婆が明らかに萌えてないしなww
編集者の要望で後から書き足したとか?

736 :世界@名無史さん:2015/09/23(水) 19:37:16.52 O
>>734
クロアカ・マキシマですか

737 :世界@名無史さん:2015/09/23(水) 20:11:43.21 0
>>736
そうそう。そもそもローマの丘に住み始めたのは
カが飛んでこれないからだよね。
 空間把握の能力と因果関係を理解する合理性があったと思う。

738 :世界@名無史さん:2015/09/23(水) 20:15:08.09 0
まあ肝心の拡大繁栄期に入るとローマ市が大都市化して低地にも市域が広がり
そして郊外に半湿地のゴミ捨て場ができてチャラになっちゃうんですけどね

739 :世界@名無史さん:2015/09/23(水) 20:23:11.45 0
丘に住んだのは洪水にあわないことと、防御にすぐれていたからじゃろ
ただ沼地がいわゆる「瘴気」をうみ病の元だということは知ってるだろうけど

740 :世界@名無史さん:2015/09/23(水) 20:29:27.89 0
>>738
じゃー、ローマはマラリア対策に失敗して滅んだと言えるのでは?
ゲルマン人以前に衛生管理が破綻してしまった。

741 :世界@名無史さん:2015/09/23(水) 20:36:45.44 0
>>740
ローマが拡大して繁栄を極めるのはローマ市が大都市化してあなたの言う「衛生管理」が破綻してからだよ
この部分は盛衰にはそこまで大きく影響していないと思うよ

742 :世界@名無史さん:2015/09/23(水) 20:36:57.74 0
>>739
他のインド・ヨーロッパ語圏の中では
BC8以降ローマが急激に発展するんだよね。
その前はイタリアはむしろ後進地域。
この原因は何かと考えている。

743 :世界@名無史さん:2015/09/23(水) 20:45:38.19 0
>>741
ローマの繁栄は征服地の農村からの傭兵に支えられていた。
健康な兵士を外部から調達できたから、繁栄した。
でもローマ内部では健康障害が進んでいた。
とも考えられない?

「都市化と農村」の普遍的テーマだね。

744 :世界@名無史さん:2015/09/23(水) 20:45:59.59 0
後進地域といえばエトルリアから建築学ぶまではあらゆる点で劣ってたのでは?
基礎科学や哲学はローマ帝政初期でも劣っていたし

単にそれなりに大規模で最初からある程度統率された
流民が作った都市なので優れていたところは特に無かったが
アメリカと同じく人口が足らんかったので移民を受け入れる文化とノウハウが育ち
それをもって大国になったのでは?

745 :世界@名無史さん:2015/09/23(水) 20:52:24.12 0
>>743
共和制末期からアウグストゥス帝時代までの拡張期、
それを支えたローマ軍団を構成していたのはほとんどイタリア半島出身者やぞ。
属州出身者が本格的に軍団に入りだすのは拡張期終わって安定した1世紀終わりから。
傭兵に支えられる云々はもっと後の4世紀以降の陰ってからの話で。

746 :世界@名無史さん:2015/09/23(水) 20:53:19.15 0
神聖ローマ皇帝がイタリア遠征中マラリアで死んでいる。
もっとも衛生状況が良いはずの皇帝が死んでるので、
一般兵士はもっと死んでいるはず。
 イタリアでマラリアは蔓延してたのかな。

747 :世界@名無史さん:2015/09/23(水) 20:56:28.93 O
神聖ローマはもっと後の時代じゃない

748 :世界@名無史さん:2015/09/23(水) 20:59:36.84 0
>>746
さっきから時代がバラバラすぎる気がする
王政期の話してるかと思えば末期にあたる傭兵話でてきたし
今度は中世の話でてきたし
各時代から都合のいいエピソードだけ抜き取ってる感じ

749 :世界@名無史さん:2015/09/23(水) 21:02:50.93 0
>>745
イタリア半島出身者も市民権を与えられた傭兵でしょう。
また、カエサルの軍でも騎兵の主力は懐柔したゲルマン騎兵とケルト騎兵。
 ローマ市民だけでは軍隊を構成できなかったことは事実でしょう。

750 :世界@名無史さん:2015/09/23(水) 21:08:18.43 0
>>749
あくまで「騎兵の主力」であって軍の主力ではないぞ。
カエサル軍だって主力は常にローマ正規軍団で騎兵戦力の仕事はそのサポートだから。
あとイタリア半島出身者も市民権を与えられた傭兵って暴論すぎじゃない?
お前の考える「本当のローマ市民」とはなんなんだ?

751 :世界@名無史さん:2015/09/23(水) 21:10:29.54 0
>>748
基本的な時代区分はみんな出来てるよ。
私が言いたいのは1000年後に皇帝がマラリアで
死んでるので、古代ローマ時代でもイタリアではマラリアが蔓延していた。
ということ。

752 :世界@名無史さん:2015/09/23(水) 21:12:22.76 0
市民権を与えられたものは傭兵という理論になぞると
建国期から周辺部族に市民権を与えて取り込んできたローマは傭兵の国になってしまうんだが

753 :世界@名無史さん:2015/09/23(水) 21:15:37.52 0
ローマ市民と自覚して志願して生涯の忠誠を誓った連中を「傭兵」とするのは無理がありすぎる
そんな理論だと例えば現代アメリカ軍とかも傭兵軍になっちゃうわ

754 :世界@名無史さん:2015/09/23(水) 21:17:16.06 0
>>750
ガリア戦記では、征服したガリアの地から歩兵も編成したと
書いてある。
 指揮官はローマ人だったであろうが、兵卒は共和制時から、
多国籍だったんじゃない。
 ローマ正規軍団が純粋ローマ人という認識がおかしいと思う。
 

755 :世界@名無史さん:2015/09/23(水) 21:22:46.26 0
>>742
それより同時期のメソポタミアが集落していったのが不思議

756 :世界@名無史さん:2015/09/23(水) 21:22:48.61 0
>>752
そうです。
 私の主張はローマはマラリア対策で成功し、その失敗で滅びた。
 ザビーネ族も紛争のあとローマの丘で暮らし始めでしょう。
 これは、ローマ人が丘の生活がいいよと言って懐柔したから。

757 :世界@名無史さん:2015/09/23(水) 21:25:30.57 0
>>751
古代ローマより中世ヨーロッパの方が衛生環境は劣るぞ

758 :世界@名無史さん:2015/09/23(水) 21:26:21.80 0
>>754
それ補助部隊だろ。
正規軍団はローマ市民で編成されるという基本事実を無視するほうがおかしいと思うが。
新正規軍団を編成するためにわざわざ市民が多く住む地域に行って募兵活動とかしてるし。

あと正規軍団とそれ以外の区別もしっかりされてわりと厳しい。
ガリア系で編成された第5軍団が正規軍団として承認昇格されてようやく市民権を得たのは内戦後だったり。

759 :世界@名無史さん:2015/09/23(水) 21:29:12.09 0
>>756
え?認めるとダメじゃない?
それじゃあ>>749で言ってる、
> ローマ市民だけでは軍隊を構成できなかったことは事実でしょう。
このそっちが言ってる(傭兵じゃない)「ローマ市民」とは何者なんだという話になるわけで

760 :世界@名無史さん:2015/09/23(水) 21:38:33.81 0
>>759
私が言っている「ローマ市民」は実際ローマに住んでいた人。
この人たちだけでは、全軍団を編成できなかったと私は主張している。
 そうすれば、私の主張に整合性はあるよ。

761 :世界@名無史さん:2015/09/23(水) 21:38:44.31 0
>>756
だからそのお前が言う『マラリア対策の失敗』以降に滅びるどころか拡張繁栄時代に突入してるじゃないか。
ローマ市はポエニ戦争の頃から都市化でとっくに『マラリア対策の失敗』を起こしてるけど、
この頃から外部の傭兵に頼ってたと?
ローマ史の根幹をひっくり返すほどのすごい説になるぞそれ。

762 :世界@名無史さん:2015/09/23(水) 21:44:27.82 0
>>760
いやそれ自体が破綻してるでしょ
市民権を与えられたものは傭兵という理論になぞれば
ローマ市に実際住んでる者も半数以上が外部由来の「傭兵」になるんだから

763 :世界@名無史さん:2015/09/23(水) 21:45:33.98 0
この人の主張は、ローマ市在住のローマ市民は健康問題(マラリア等)で衰退した
ローマの繁栄は他都市の人材を吸収し続けたから
って言いたいらしんだが、それがそのまま数百年後の民族移動期の滅亡に結びついてるのが論理の飛躍すぎてついていけない

764 :世界@名無史さん:2015/09/23(水) 21:58:42.52 0
このひと言いたいことはわかるんだけど
時代ごとの認識曖昧だしローマ人やローマ市民の定義がムチャクチャでついていけない

765 :世界@名無史さん:2015/09/23(水) 21:59:16.61 0
>>763
そうですよ。
「都市化と農村」の基本的テーマをローマ史で考えたわけ。
ローマ帝国の膨張が終わった時点で、農村からの健康な男女の
流入が終わってしまい。ローマ帝国は言わば病人の帝国になった。
 そして農村出身の健康なゲルマン人に対抗できなかった。

766 :世界@名無史さん:2015/09/23(水) 22:00:57.53 0
鉛中毒でローマ人は滅んだ論より滅茶苦茶だな

767 :世界@名無史さん:2015/09/23(水) 22:02:24.45 0
>>765
マラリア云々はどこにいった

768 :世界@名無史さん:2015/09/23(水) 22:11:44.53 0
ぶっ飛びすぎててちょっと面白い
半島出身者も市民権を与えられた傭兵というフレーズが
全ローマ史学界の普遍認識に喧嘩を売っててすごく好き

769 :世界@名無史さん:2015/09/23(水) 22:13:01.77 0
大都市は人口を再生産できないというのが、
社会学の結論。それは政治体制がどうであれ。
 そこにマラリア等の問題があれば、崩壊は加速する。

でも、大都市の成立時にはなんらかの手段で衛生問題を
解決して、多くの人を引き付けた。

770 :世界@名無史さん:2015/09/23(水) 22:18:28.69 0
>>768
傭兵は農村出身の健康な若者という意味です。
健康でなければ、傭兵になどなれない。

771 :世界@名無史さん:2015/09/23(水) 22:20:43.91 0
用語を厳密な意味以外で使うな、とは言わないが
後出しで変な定義作るのマジでやめてくれ
>>770の意味なら傭兵じゃなくて別の単語で言い換えられるだろうに

772 :世界@名無史さん:2015/09/23(水) 22:24:51.04 0
>>770
傭兵と書いて農村出身の健康な若者と受取れだなんて無理やりすぎんだろ
酷すぎて笑う
しかも結局は
> 傭兵になどなれない。
傭兵ということはそのままで変わらんし

773 :世界@名無史さん:2015/09/23(水) 22:26:33.38 0
表現が曖昧とかじゃなく
もう日本語を間違ってるレベル

774 :世界@名無史さん:2015/09/23(水) 22:29:06.94 0
> 健康でなければ、傭兵になどなれない。
訂正してるつもりで何も訂正されてないやんけやっぱ傭兵じゃん

775 :世界@名無史さん:2015/09/23(水) 22:31:47.12 0
>>769
人をひきつける最大の要因は衛生じゃなく経済やで
生活(仕事と金)のためなら衛生を無視して都市に集中するのは
産業革命期のイギリスで証明されてる
そしてローマ市も共和制中期から人口過多で衛生環境が悪化し続けたけど
そんなもん関係なくさらに人が流入してきて2世紀までの400年にわたって人口が増え続けた

衛生が無関係とは言わないけどローマ衰退の最大理由を衛生問題とするのは無理があると思うよ
辻褄合わせるために既存通説を片っ端から覆す超論理を展開しなくちゃならないし

776 :世界@名無史さん:2015/09/23(水) 22:46:56.75 0
>>775
私もそう考えているよ。
大都市が膨張するのは経済的要因だというのは一般理論だね。

 私が言いたいのは衛生問題を無視続けて膨張した大都市は
いずれ滅亡するということ。
 ロンドンはその問題を下水道の整備で解説して、
それを各都市が見習ったので、現代の大都市文化がある。
 あなたの意見は私に対する反論ではなく、むしろ応援だね。

777 :世界@名無史さん:2015/09/23(水) 22:49:06.39 0
間違い 解説。
正 解決。

778 :世界@名無史さん:2015/09/23(水) 22:54:34.30 0
>>740でじゃー、なんてとってつけて切り返してる時点で、
その程度のちょろっと考えた話でしょ
んでここまでいま無理やり考えた内容でしょ
だからあちこち破綻する

779 :世界@名無史さん:2015/09/23(水) 23:10:42.46 0
>>776
いや反論だよどう読めば応援になるのかな
広義ではここまでの流れでローマ市の衛生問題をローマ拡大と衰退の第一理由にしてることへの
狭義では>>769で人を引き付けた理由を衛生環境だとしてることに対する反論
もう一度言うけどローマ市には悪化し続ける衛生環境を無視して人々が集まってたから

それに衛生悪化した後も400年以上にわたって人口増大し続け、
滅ぶにはそこからさらに数百年かかったローマに対して「いずれ」滅んだなんて言い方はズルイでしょ
しかもその悪化期間の間にも国威は成長し続けて拡大・繁栄期を迎えてるんだし
そんだけの期間と成長繁栄の事実があるのに滅びの始点を衛生問題にするのはおかしいと思わない?
より後ろの年代である経済問題や政治混乱など別の理由のほうが大きいと思うけどな

780 :世界@名無史さん:2015/09/23(水) 23:24:56.00 0
> いずれ滅亡するということ。
こういう話では、いずれという表現だけ使うのは禁忌なんだよなあ。
チリが積もれば山になるのは当たり前のことで、
そこで論点にするべきなのは、山になるまでの具体的な速度と、
他要素を上回る影響力があるかどうかなんだから。
○○が続けばいずれ○○なんて言うと、
具体性なくどんな理由でも当てはまるからそもそも論じる意味が無くなる。

781 :世界@名無史さん:2015/09/23(水) 23:44:27.99 0
衛生悪化はいずれ滅亡
軍部暴走はいずれ滅亡
政治内紛はいずれ滅亡
経済破綻はいずれ滅亡
気候変化はいずれ滅亡

ローマの歴史においてダメージ蓄積速度の速い順に並べると
少なくとも衛生悪化は一番下になると思う

782 :世界@名無史さん:2015/09/24(木) 00:12:31.66 0
古代の話ってロマン溢れて面白いのに、なぜ中世になるとこれほどまでに退屈でつまらなくなるのだろうか

783 :世界@名無史さん:2015/09/24(木) 00:46:50.48 0
中世の猫の額の土地を権謀術数での奪い合いを面白いと思えるかどうかは好みかな
現代まで続く国家の系譜はやはり古代より中世に多いし、その繋がりも面白いと言える
まあ両方面白いよ

784 :世界@名無史さん:2015/09/24(木) 05:20:00.90 0
>>757
風呂なんか入らなかったもんな

785 :世界@名無史さん:2015/09/24(木) 10:47:41.44 0
しかし日本人の風呂好きの理由は湿気が多くすぐあせがべとつくからという説明がされてるが
ローマ市は地中海性気候であせはすぐ乾くよな

なんで風呂好きになったのか

786 :世界@名無史さん:2015/09/24(木) 11:17:04.85 0
その気候がキリスト教に入浴を半分禁止されてもキリスト教信仰が続いた理由だろうな
日本で入浴は止めよとか言われたら誰もキリスト教に入らないだろう

787 :世界@名無史さん:2015/09/24(木) 12:11:09.25 0
>>785
乾燥してるからこそじゃないかな
その割には水も豊富だったし

788 :世界@名無史さん:2015/09/24(木) 12:59:29.82 0
乾燥してるからの意味がわからんw

日本に風呂が流行ったのは
・高温多湿
・温泉が多かった
・水と燃料が豊富

などが理由とされてるが

イタリアは温泉はあったな

789 :世界@名無史さん:2015/09/24(木) 13:22:50.52 0
大都市が火山の噴火で埋もれてしまうぐらいだからな
そういえばローマ人の物語でポンペイの噴火の話は興味深かったな
同時代人の目撃証言が生々しくて、現代の事件をニュースで読んでるような感覚がした

790 :世界@名無史さん:2015/09/24(木) 13:31:29.14 0
記載したのがかなりオタク気質の小プリニウスだしな

791 :世界@名無史さん:2015/09/24(木) 16:16:17.55 0
古代ローマ人も日本人も裸のつきあいが大好きなんだよ

792 :世界@名無史さん:2015/09/24(木) 16:19:20.05 0
>>791
どちらもホモを容認する文化ではあったなw

ローマはギリシア趣味とされてはいたが

793 :世界@名無史さん:2015/09/24(木) 16:35:20.42 O
>>790
しかしあれ、タキトゥス宛てに手紙を書いたのは、噴火から
二、三十年後なんだよなあ。あそこまで詳細とは。

794 :世界@名無史さん:2015/09/24(木) 16:39:36.78 0
1:手紙で知らせたのは2・30年後だが記録自体は当時にからした。
2:すごい記憶力。
3:憶違いや妄想が多分に含まれている。

795 :世界@名無史さん:2015/09/24(木) 16:46:44.46 0
小プリのことだから災害直後の、
伯父の行動を調べた際にちゃんと詳細記録を書いてたんじゃないかな

796 :世界@名無史さん:2015/09/24(木) 17:05:01.48 O
被災直後に災害記録を残す17歳…
小プリ恐るべし

797 :世界@名無史さん:2015/09/24(木) 17:24:05.71 0
伯父がローマ史上トップクラスの好奇心モンスターで知識好きであり書き物好きだもんな
そんな伯父に幼少から目をかけられてた小プリも17歳当時ですでに出来上がっててもおかしくない

798 :世界@名無史さん:2015/09/24(木) 17:28:54.72 0
伯父プリの20巻にもおよぶゲルマニア戦争記が読みたくて読みたくて震える

799 :世界@名無史さん:2015/09/24(木) 17:38:37.93 0
>>603
自分でレビューを書くな馬鹿者。

ttp://www.amazon.co.jp/gp/aw/review/4876989257/R467Y16XONL1A/ref=cm_cr_dp_aw_rw3?cursor=3&qid=1443003162&sort=rd&sr=8-1

800 :世界@名無史さん:2015/09/24(木) 18:20:25.96 O
プリニー式噴火!

801 :世界@名無史さん:2015/09/24(木) 20:45:52.85 0
>>799

├参考になった(18人中12人)

ワラタwww
このひとおもすれぇwww

802 :世界@名無史さん:2015/09/24(木) 20:52:54.86 0
ふたりはプリニュア!

803 :世界@名無史さん:2015/09/24(木) 22:12:08.28 0
ローマの近くで、5世紀ごろの子供の遺体50人が
発掘されたが、マラリアが死因だという鑑定が出た。

804 :世界@名無史さん:2015/09/24(木) 22:16:36.19 0
http://ptaforum.pharmazeutische-zeitung.de/index.php?id=2782

ここでは、最初に排水事業が破たんして、沼地が増えて、
マラリアが大流行したと予測している。

「マラリアとローマ帝国」は興味深いテーマだ。

805 :世界@名無史さん:2015/09/24(木) 22:22:01.84 0
その話を続けたいのなら都合悪いレスをスルーしたままにはしないでね

806 :世界@名無史さん:2015/09/24(木) 22:25:02.30 0
マラリアは日本では北海道が最後の流行地だったか

807 :世界@名無史さん:2015/09/24(木) 22:42:29.06 0
>>805
あのねー、私には仕事があって忙しいのよ。
今でも報告が一つ残っている。
全部を読んでいる暇はないよ。

808 :世界@名無史さん:2015/09/24(木) 22:47:32.68 0
>>807
ここは曲がりなりにも複数で語る場所であって、
君個人の思索を綴るメモ帳じゃないぞ。
あんだけ長々と論じ合って知識不足からくるボロを散々指摘されたのに、
それらを一切認めず放置してまた続けるなんてことはやめてくれ。

809 :世界@名無史さん:2015/09/24(木) 22:48:51.97 0
>>806
だから、マラリアが熱帯、亜熱帯の病気というイメージは間違いだよね。
私はラテン地域がマラリア多発地域でそれで、後進地域になっていたと思うな。

810 :世界@名無史さん:2015/09/24(木) 22:52:50.10 0
>>809
根拠を出しましょうね

811 :世界@名無史さん:2015/09/24(木) 22:54:19.73 0
>>808
この前は休日、今日は出勤日だよ。
ここには無職で時間ある人間だけが参加できるのか?

812 :世界@名無史さん:2015/09/24(木) 22:56:40.28 0
>>811
そうじゃなくて単純に広げたものはちゃんと始末つけろってことだろ
実生活が忙しいだのなんだのは関係ない
そもそも数分で読めるレスを忙しくて読めないってのがすでに言い訳臭がすごいけどな
秒単位でスケジュール組んでる生活してるの?

813 :世界@名無史さん:2015/09/24(木) 23:07:51.13 0
>>810
http://www.zdf.de/terra-x/terra-x-grosse-voelker-die-roemaer-das-volk-der-superlative-mit-vielen-erfindungen-und-errungenschaften-31924170.html

これのビテオをみてて、ローマ成立まえの
ラテン地域の復元が出てくるから。(1.30あたりから)

仕事が終わったら帰ってくるよ。

814 :世界@名無史さん:2015/09/24(木) 23:19:08.98 0
「マラリア(衛生環境の悪化)がローマを滅亡させた」というテーマ自体はすごく良いと思うよ

問題なのはその根拠を固めるべきローマの包括的な知識があまりにも不足していて、
さらに傭兵云々などのトンデモ論をこねくり回して強引に通そうとしたことね
そんで最後は「いずれ滅亡する」なんて答えになってない答えでまとめた気に
このテーマでは通説で挙げられている政治混迷や財政破綻などとの比較が論点になるべきで、
いずれ〜なんて主張しても何も意味がないんだよ

思うに知識が建国〜王政時代に偏っていて共和政以降はそこまでじゃない感がある
だから共和政期からの具体的な軍事や「ローマ市民」「ローマ人」の定義の変化をよく理解していなくて、
それで傭兵云々の変なことになったりする

815 :世界@名無史さん:2015/09/24(木) 23:23:48.51 0
マラリアの流行の頻度とか、やろうと思えば史料からまとめられそうだしなー
ローマ帝国の盛衰なんて大テーマに挑まずに、都市ローマの盛衰史に絞れば十分面白いと思う

816 :世界@名無史さん:2015/09/24(木) 23:32:43.78 0
ドイツ語できるならたぶん英語もできるだろうし素養は充分あるんだから、
視野を広げてもっと広範囲の知識を取りこめばいい感じになると思う。
現状は視野が狭すぎ知識偏りすぎだから破綻する。
ローマ全体の盛衰につなげるなら全時代の政治軍事経済をある程度理解しないと。

817 :世界@名無史さん:2015/09/24(木) 23:34:08.33 0
後の話だけど、チェーザレもマラリアで肝心な時に倒れてたな

818 :世界@名無史さん:2015/09/24(木) 23:49:15.35 0
英語ならともかくドイツ語のをベタベタ張ってるところからして
無駄に知的優位を自負している人でしょ
誤りを指摘されてもアホみたいな自尊心が許さず絶対に認めない

819 :世界@名無史さん:2015/09/24(木) 23:54:37.63 0
>>814
「傭兵」はちょっと挑発したんだよ。
ローマ兵卒は小麦で給与が支払われていた。これだと実際的に傭兵と同じじゃないか?
市民軍という理解は不十分では? ということ。

当然、農地所有者で無給で、政治的野心から将校として
参加した上級ローマ市民はたくさんいたよ。

あと、兵役年数で市民権授与を約束された解放奴隷も初期からいたよね。

820 :世界@名無史さん:2015/09/24(木) 23:56:52.95 0
挑発か

しょうも無い

お前間違いなく若く(もしくは幼稚)でかつ友達が少ない阿呆だ

821 :世界@名無史さん:2015/09/24(木) 23:59:33.47 0
>>815
歴史学が専門ではないよ。
でも、歴史的知識を専門に生かそうとしている。
ユルゲン・コッカとかオットー・ダンとか昔読んだな。
構造史だよね。

822 :世界@名無史さん:2015/09/25(金) 00:04:27.36 0
>>816
ドイツの大学の博士号がある。上級ラテン語も取った。
でも、ラテン語はサビついたね。
政治軍事経済も好きだよ。けっこう勉強した。

823 :世界@名無史さん:2015/09/25(金) 00:08:04.73 0
> ローマ兵卒は小麦で給与が支払われていた。
ええ?

824 :世界@名無史さん:2015/09/25(金) 00:10:22.31 0
>>818
新しいテーマ開拓であせっている老人と思ってくれ。
専門は歴史学じゃなく、もっと簡略化された命題がほしいんだよね。

825 :世界@名無史さん:2015/09/25(金) 00:15:39.67 0
>>824
自覚してるなら>>770>>819みたいな苦しすぎて壊れてる言い訳はやめようよ
2chなんかで指摘されるなんて自尊心が許さないのはわかるけど誤りは認めないと
思考を柔らかくしないとテーマ開拓なんて夢物語だよ

826 :世界@名無史さん:2015/09/25(金) 00:18:37.81 0
>>823
特に駐屯地ではね。 ローマ兵卒はその小麦で駐屯地の外で
生活していた家族を養っていた。
 出典はハイデルベルク博物館の解説書。学術書からの引用だったかな。

827 :世界@名無史さん:2015/09/25(金) 00:20:01.45 0
ムハンマドが活躍していた時代に牛と豚ウイルスが流行って
牛豚を食べるとなぜか病気になるって理由でイスラム教で牛豚は食用禁止になったんだよな

828 :世界@名無史さん:2015/09/25(金) 00:27:56.61 0
>>826
それは否定しないけどその時代の給与の基本は貨幣でしょ
一部の例を摘んでいかにも全てがそうであったかのような都合のいい口ぶりを繰り返しててウンザリ

829 :世界@名無史さん:2015/09/25(金) 00:39:13.82 0
>>828
だから、出典はハイデルベルク博物館の解説書だって。
オレが妄想したわけじゃない。
 当然君のいうように、貨幣で支払われた時もあっただろう。

その解説書だと、ローマ兵卒は40歳ぐらいまで兵役があって、
それまで独身であったのではなく、非公式が家族があった。
兵役のあと、一緒にローマに帰ったのもいれば、現地に居ついたのもいた。

830 :世界@名無史さん:2015/09/25(金) 00:45:39.49 0
>>829
なんでそう受け止めるのかな
そのソースを疑ってるのではないよ、あなたの言い方について指摘してるの
背景を理解せず(あるいは無視して)
それが全体に当てはまるかのような口ぶりで提示するを止めてと言ってるの

あと帝政期は「貨幣で支払われた時もあっただろう」じゃなく「給与の基本が貨幣」だからね
現物支給はあくまでもサブだから
そもそもちょっとでも理解してれば「貨幣で支払われた時もあっただろう」なんて
言い方は絶対にしないはずなんだけどね

831 :世界@名無史さん:2015/09/25(金) 00:47:58.05 0
> その解説書だと、ローマ兵卒は40歳ぐらいまで兵役があって、
> それまで独身であったのではなく、非公式が家族があった。
> 兵役のあと、一緒にローマに帰ったのもいれば、現地に居ついたのもいた。

ローマスレじゃ当っっっったり前のこんな初歩知識をドヤ顔で引用してる時点で明らか浅いでしょ

832 :世界@名無史さん:2015/09/25(金) 00:50:45.03 0
>>819
> これだと実際的に傭兵と同じじゃないか?
まったく同じじゃないし
> 市民軍という理解は不十分では?
>>826でおっしゃってる通り小麦云々は帝政期の話だよね
それなのになんで共和政期にあたる市民軍が出てくるの?

こういった点が共和政以降の包括的な認識が足りないってこと
様々な時代を混同してる

833 :世界@名無史さん:2015/09/25(金) 00:58:32.45 0
>>830
じゃー、君はローマ帝国軍の兵卒には給与支給があった。
だから実際は「傭兵」的な存在だったことに、賛成するんだね。
 

834 :世界@名無史さん:2015/09/25(金) 01:01:56.97 0
>>833
そこに飛躍する論理が意味不明
その理由でどうして「傭兵」になるの?
その理屈だと無給の義勇兵以外すべて「傭兵」になるけどそれでいいの?

835 :世界@名無史さん:2015/09/25(金) 01:04:27.49 0
>>833
でたでた傭兵の超理論。
これだと現代各国の軍も全て傭兵ということになりますね。
アメリカ軍もEU諸国軍も、自衛隊も実質軍事組織だから傭兵だね。

836 :世界@名無史さん:2015/09/25(金) 01:15:20.21 0
>>832
私の持論だが、共和制と帝政制で軍人の編成要素には根本的な
変化はなかった。だた、その編成のパーセントが変わった。

 帝政で傭兵の割合が増大した。
 共和制では市民権を持った軍人が多かった。

837 :世界@名無史さん:2015/09/25(金) 01:22:09.18 0
えー、ちがうの?
正規兵とは土地の支配権を授与された戦闘員。

じゃー「傭兵」はやめて、非正規兵でもいいよ。

838 :世界@名無史さん:2015/09/25(金) 01:37:56.11 0
>>837
まーた一部の解釈を全体にあてはめようとしてる。
一般論では「正規兵」とは国家あるいはそれに準ずる体制の公式な軍に所属し、
その身分を公式に認められ保証されている戦闘員を指すんだけど。
なんでここではその第一の意味を無視するのかな。

というか言葉や解釈をコロコロ変えすぎでしょ。
ほんとに博士号なんかとってんの?
まともな論文書けるの?こんなブレブレの言葉遣いで。

839 :世界@名無史さん:2015/09/25(金) 01:48:04.00 0
傭兵って中世西欧みたいな一時雇いの日銭稼ぎ雑兵でしょ?
ローマ軍が雇用兵で

840 :世界@名無史さん:2015/09/25(金) 01:55:57.69 0
傭兵騎士みたいなのもいるし都市の傭兵だと何年も契約していることもある。
傭兵隊長が集めてくる最下層の傭兵は一時雇いが多い。

841 :世界@名無史さん:2015/09/25(金) 02:02:55.68 0
主張がどんどん変わってるな
>>743>>749では共和政期でも傭兵軍であり市民権もってても傭兵だと論じ、
>>819では市民権の区別なくまるごと「ローマ兵卒=傭兵」と主張し、
>>836では今度は「帝政で傭兵の割合が増大した」と言い、
それに対比させる形で「共和制では市民権を持った軍人が多かった」と今度は市民権で区別し、
つまり共和政期は傭兵じゃない軍人が多かったという意味を示してる

論理の軸がグ〜ニャグニャ
これで博士号とか冗談だろ

842 :世界@名無史さん:2015/09/25(金) 02:14:47.76 0
>>836
それ持論じゃなく都合のいい独りよがり妄想。

共和軍も帝制軍も根本的には一緒というのは、
そういう論調の学者もいるしまあわかるけども、
この手の軍制にずっぽりかかわる話で、
区別つけず一まとめにするのは有り得ないわ。
上記の学者たちでも共和中期までと、
共和末期と帝政移行の区別はハッキリつけてる。
こういった一般通説を無視するのは傲慢すぎ。

843 :世界@名無史さん:2015/09/25(金) 02:36:22.98 0
>>839
ローマ軍の傭兵は雑兵ではなく、専門的領域で秀でた異国人。
クレタの弓兵、ケルト騎兵、ゲルマン騎兵等。
これらは共和制時代から存在した。
 彼らには十分な給与が支給されたが、土地の支配権は直接には与えられなかった。
 でも、アルミニウスのように、戦闘員騎兵から階級として騎士にとりたてられたのもいる。

844 :世界@名無史さん:2015/09/25(金) 02:43:10.38 0
>>842
>共和軍も帝制軍も根本的には一緒というのは

これをオレは主張してない。
軍人の構成要素が同じ。だたその割合と編成が変わったということ。
構造主義的理解だよ。ビーレフェルト学派だよ。コッカやダンをしってるだろう。

845 :世界@名無史さん:2015/09/25(金) 02:54:55.56 0
都合の悪いレスをスルーするなよ
こんな時間まで入り浸っておきながら忙しいとか言うんじゃないぞ

846 :世界@名無史さん:2015/09/25(金) 02:58:55.84 0
>>845
明日、金曜日は休み。若い人に付き合うよ。
でも、土曜日は仕事だ。

847 :世界@名無史さん:2015/09/25(金) 03:01:31.91 0
うわぁ

848 :世界@名無史さん:2015/09/25(金) 03:06:04.28 0
>>843
帝政期からの補助兵は傭兵とは呼べないと思うけどなあ
装備や仕事は違えど雇用関係は市民からなる正規軍団と同じだから

傭兵側には契約期間を決めたり給与交渉する余地があるけど、
補助兵側にはその辺りの権利なんて一切ないし

傭兵の給与は単純に能力を売った代価な一方、
補助兵の給与は奉仕に対しての褒美あるいは生活保証だから、
同じ給与という言葉でも含まれる意味が異なってくる

849 :世界@名無史さん:2015/09/25(金) 03:06:45.84 0
>>841
だらか、ローマ史では

市民権ありで、土地所有者 =上級ローマ市民
市民権ありで、非土地所有者 =下級ローマ市民 = 実質的「傭兵」

実際の身分規定では、もっと細かく区分されていたが、
歴史を説明する段階では、これでいいんじゃない。

850 :世界@名無史さん:2015/09/25(金) 03:09:00.26 0
>>846
別に無理しなくていいよ。
見苦しいから。

851 :世界@名無史さん:2015/09/25(金) 03:20:15.53 0
>>848
補助兵はドイツ語で言うと、Pferdeknechte「馬下僕」
それとも、補給部隊の要員?

852 :世界@名無史さん:2015/09/25(金) 03:24:37.36 0
>>851
ラテン語でAuxilia
ドイツ語でAuxiliartruppen

というかAuxiliaを意識せずにここまで語ってたことにビックリ

853 :世界@名無史さん:2015/09/25(金) 03:43:26.91 0
>>849
主張のブレに対する反論にはまったくなってないが
それだと区別の指標は土地の有無だけど、>>836ではなぜ市民権で区別してるの
そもそも>>752>>756などで上級下級の区別なくサラッと認めてるじゃん
そんで>>759>>760では傭兵じゃないローマ市民とはローマ市に実際に住んでる者という、
非土地所有のローマ市住み市民を「傭兵じゃない市民」に含める別の定義も行ってるし

854 :世界@名無史さん:2015/09/25(金) 03:45:10.00 0
>>852
Auxiliartruppenのことを言ってるの?
じゃー、補助兵じゃないだろう。補助兵団。
レギオン軍団とは、別個に編成された集団

855 :世界@名無史さん:2015/09/25(金) 03:50:25.49 0
>>852
あのー、AuxiliaもTruppenも複数形だからね。気をつけて。

856 :世界@名無史さん:2015/09/25(金) 03:50:54.36 0
>>854
日本語では補助兵という訳語も一般的に使われるよあなたが知らないだけ

>レギオン軍団とは、別個に編成された集団
こんな当たり前のことここで言う意味がわからないけども、
ともかく帝政期の弓兵や騎兵などの「専門的領域で秀でた異国人」はほとんどがここに所属して、
そんで>>848のとおり正規軍団とほとんど同じ雇用関係で軍務につくからね
一般的な「傭兵」とは別物だよ

857 :世界@名無史さん:2015/09/25(金) 03:53:33.83 0
>>855
日本では別に間違いじゃねえよ

858 :世界@名無史さん:2015/09/25(金) 03:56:31.52 0
>>854
あのー、レギオン軍団は同じ言葉を無駄に繰り返してるだけだからね。気をつけて。

859 :世界@名無史さん:2015/09/25(金) 03:58:40.36 0
>>853
じゃー、君ならどう説明する?
ローマの身分階級は5あって、それに従い複雑に編成されていた。

事実はその複雑な組織にローマ周辺人や異邦人が
組みこまれていっただろう。

860 :世界@名無史さん:2015/09/25(金) 04:10:48.18 0
>>859
具体的な内容そのものじゃなく論理の軸がグニャグニャという構造が論点なんだけど

どう説明するかなんて
芯を決めて最初にちゃんと定義するよ
そして新たな定義の後出しなんてしない
そんで指摘されて破綻したら言い訳がましい反論はしないで認めるか、
醜態を晒し続ける前にROMになる

861 :世界@名無史さん:2015/09/25(金) 04:11:33.29 0
>>858
ラテン語Legionの元は動詞、legere「集める」という意味。
軍隊という意味ではないよ。

君はそれをどこで習ったの?

862 :世界@名無史さん:2015/09/25(金) 04:17:35.70 0
>>861
legionは英語でラテン語はlegioじゃないの
あとlegionもlegioも軍団という名詞の意味もあるけどまた都合よく無視?
本当にラテン語習ったの?

863 :世界@名無史さん:2015/09/25(金) 04:22:20.41 0
>>860
ルーマン理論を知っているだろう。
人文科学では学問とは現実の模写ではない。現実の複雑性を低下させ、
わかりやすい図式で説明することだ。
 

864 :世界@名無史さん:2015/09/25(金) 04:27:23.29 0
>>863
相変わらず関係ない知識を披露するだけでなんの反論にもなってないし
>現実の複雑性を低下させ、わかりやすい図式で説明することだ。
後出しで定義足したり解釈変えたりして複雑にしてるお前がそれ言うか

865 :世界@名無史さん:2015/09/25(金) 04:29:24.58 0
傭兵博士号さんブーメラン投げすぎでわけわからん
あたまがおかしくなりそう

866 :世界@名無史さん:2015/09/25(金) 04:30:43.77 0
>>862
legioは本来「集められた男たち」の意味で
元は動詞legereから作られた。
 この説明でダメか? 

867 :世界@名無史さん:2015/09/25(金) 04:36:35.68 0
>>866
それ苦しいよ〜
現状のローマ史学ではlegioは軍団の意味で使われるのが一般的だし
あとラテン語のレギオ(legio)ならともかく
英語のレギオン(legion)になると集められた男たちという意味もなくなるから

868 :世界@名無史さん:2015/09/25(金) 04:44:17.60 0
まぁなんだ、ドイツ人もとんでもねぇ留学生を引き受けたんだな
日本語でこれだけ通じないとは

869 :世界@名無史さん:2015/09/25(金) 04:53:30.49 0
>>867
legereに軍隊、軍団という意味はない。「集める」「選択する」という意味。
legio という単語が唐突に登場したのではなく、
動詞 legereが変形して出来た名詞だ。

 だからLegionstruppen は君が主張したように。「軍隊軍隊」ではない。
 「集められた男たちの軍隊」だ。

870 :世界@名無史さん:2015/09/25(金) 05:03:17.27 0
>>869
一体何言ってるんだあんたは
「レギオン軍団」という日本語の表現が「軍団軍団」になると指摘してるんだよ
ドイツ語表記の話なんて一切してない

871 :世界@名無史さん:2015/09/25(金) 05:16:41.71 0
このひと上辺だけ日本語が上手なドイツ人じゃね
この会話の不成立っぷりはとても日本人とは思えない

872 :世界@名無史さん:2015/09/25(金) 05:17:44.00 0
>>870
ドイツ語じゃないよ。ラテン語の原意から理解すると
そういう翻訳になるということ。
 legioは「軍団」ではなく、「選ばれた男たち」という意味。
歴史学会の先生たちがこれを説明するのはめんどうだからしないだけ。
みんなわかっているよ。
 これを国際学会で否定する人はいません。

873 :世界@名無史さん:2015/09/25(金) 05:28:21.67 0
>>872
だからカタカナと漢字を用いた日本語表記の「レギオン軍団」について指摘してるんだけど
legioでもlegereでもlegionstruppenでもなく「レギオン軍団」ね?
意味が分からない?

874 :世界@名無史さん:2015/09/25(金) 05:31:12.48 0
だから、legio を正確に訳すと
「選手団」になる。
実際ローマ兵はそういう意識だったんだろう。
選ばれた高貴な男の集団だよ。

875 :世界@名無史さん:2015/09/25(金) 05:37:11.83 0
ついに壊れたか・・・

876 :世界@名無史さん:2015/09/25(金) 05:38:08.75 0
オリンピックの選手団とかも レギオン って呼んでたの?

877 :世界@名無史さん:2015/09/25(金) 05:51:04.00 0
博士号(大嘘)
頭のおかしい奴に付き合ってると自分までおかしくなるぞ、スルー安定
と言いたいんだがこの板はIDないんだよなぁ…

878 :世界@名無史さん:2015/09/25(金) 06:43:28.06 0
>>831
>当たり前

ほんそれ

879 :世界@名無史さん:2015/09/25(金) 06:44:33.19 0
>>832
ちなみに補助兵と正規兵の差はわかってるんだろうか

880 :世界@名無史さん:2015/09/25(金) 06:47:37.65 0
>>877
そもそも資料の読み方を知らん人間が高学歴な訳ねーよな

881 :世界@名無史さん:2015/09/25(金) 07:06:16.94 0
こんなちょっとWikipediaかじった程度で知識を使うのにも不自由してるような人間がドイツでは博士になれるのか
向こうでは余程成り手がいないらしい

882 :世界@名無史さん:2015/09/25(金) 07:30:30.86 0
君たちは語源の説明を理解しないのか、
じゃー、これ以上の議論は無駄だな。

好きにやってくれ! バイバイ

883 :世界@名無史さん:2015/09/25(金) 07:45:23.80 0
>>881
そうだろ。私はとっぴょうしもないことは言ってない。

 私の博士論文はreclamにも引用されているので、不滅だよ。絶版になっていない。
 その点は心配しないでくれ。

884 :世界@名無史さん:2015/09/25(金) 08:06:22.89 0
>>883
専門は?

885 :世界@名無史さん:2015/09/25(金) 09:16:31.93 0
字源を遡れば、武は戈と足、士は斧だから
武士とは戈足斧という意味であって人間ではない
そういうことか

886 :世界@名無史さん:2015/09/25(金) 11:00:19.30 0
つーか金を貰って、小麦を貰って兵士やってたら傭兵とか謎理論なんなん
自衛隊も日本円で給料もらってるけど、彼らは傭兵なの?

自分の言葉の誤用に対する意見はスルーして、他の人の枝葉の部分に噛みついて
既に訳語が定着してる物に珍訳をつけて、それを説明しない謎

887 :世界@名無史さん:2015/09/25(金) 11:19:48.40 0
>>852
君が最初にAuxiliartruppen を使ったので、
それの対応表現はドイツ語ではLegionstruppenになるので、
「レギオン軍団」と付き合ったのよ。

Auxiliartruppen は日本語では、補助兵ではなく、補助軍、支援軍だろう。

ローマ軍内の異邦人というテーマで、「補助兵」を使ったら、
補助軍に属さない異邦人と混同されるよ。気を付けてという 意味だよ。

888 :世界@名無史さん:2015/09/25(金) 11:29:28.79 0
で、それは傭兵なの?

889 :世界@名無史さん:2015/09/25(金) 11:46:08.70 0
傭兵博士さん、頼むからトリップ付けてくれ

890 :世界@名無史さん:2015/09/25(金) 11:56:52.70 0
>>888
詳しいことはまだわっていないが、武器は持っていた。
各レギオンで700人ぐらい配属されていた。
 戦闘能力があるという意味では「兵」で、
 給付があっただろうから、広い意味で「傭」になる。
 
 

891 :世界@名無史さん:2015/09/25(金) 12:05:38.37 0
お前が勝手な訳語作るなよ
アウクシリアを補助軍だと断言するなら、ローマ研究者でそう主張している人の論文を引用してくれ
生兵法のローマ研究者のお前が補助兵ではない、補助軍だとか言い出しても
既に日本には補助兵って訳語が含蓄を持って存在している

補助兵は満期まで勤めあげたらローマ市民権を貰えるんだから
ローマ軍内の異邦人で問題ないだろ
補助兵ですらない異邦人ならそれこそが傭兵だわ

892 :世界@名無史さん:2015/09/25(金) 12:09:48.66 0
まずは定義からだな

893 :世界@名無史さん:2015/09/25(金) 12:13:46.56 0
いわゆる傭兵が増えるのってアントニヌス勅令以後ちゃうん

894 :世界@名無史さん:2015/09/25(金) 12:35:22.68 0
>>887
日本ではAuxiliaを補助兵とも表記するのは間違ってないし、
その意味で長らく使われて一般化してるから、
Auxiliaに属さない異邦人と混同されるなんてことは絶対ないわけで

895 :世界@名無史さん:2015/09/25(金) 12:46:07.55 0
こいつ一回もテーマや反論に対してまともな答えに到ってねえな
苦しくなると後からいろいろ付け足して前提定義の意味や論点をすり替えるか
無意味知識の引用で煙に巻くかで結局なにも答えねえ
典型的な話すだけ無駄な人種だからそろそろスルーしろお前ら
無駄に自尊心強いタイプにありがちな特徴的文体だから区別つくだろ

896 :世界@名無史さん:2015/09/25(金) 12:50:45.04 0
でもまあ軍団と補助軍だよね

897 :世界@名無史さん:2015/09/25(金) 13:06:47.01 0
俺は支援軍のほうがしっくりくるかな。
まあ日本語じゃどれも間違いじゃないし、基礎知識おさえてたら他と混同することもまずないから、
傭兵博士さんの言ってることはどのみちお門違い。

898 :世界@名無史さん:2015/09/25(金) 13:35:43.90 0
>>893
この人の定義だと
・ローマ市に住んでいない者=傭兵
・給与を貰ってる=傭兵
・非土地所有者の下級ローマ市民=傭兵
なんだって
だから正規軍団も共和制末期からほとんど傭兵なんだと

899 :世界@名無史さん:2015/09/25(金) 14:11:05.07 0
ポリス時代のギリシア人みたいな定義だな

900 :世界@名無史さん:2015/09/25(金) 16:29:52.62 0
じゃー、同盟国出で、補助軍団兵ではない人間も補助兵でいいんかね?

901 :世界@名無史さん:2015/09/25(金) 16:40:42.61 0
「補助軍団兵」ってなんだ
アウクシリアのことか?

902 :世界@名無史さん:2015/09/25(金) 17:11:25.94 0
>>901
そうだよ。

903 :世界@名無史さん:2015/09/25(金) 17:17:46.07 0
アウクシリアの日本語訳で「補助兵」は間違いじゃないよという話から
どうして「アウクシリアではない人間も補助兵でいいんかね」という結論になるんだろう

904 :世界@名無史さん:2015/09/25(金) 17:25:15.46 0
>>898
そのように単純化して考えると、
ローマとは、その政治体制を維持するために、外部から健康な
人間を内部に吸い込み続けた機構。
 そして、吸い込まれた人間もいけにえとしていづれ滅んでいく。
 言わば、モレクだな。

905 :世界@名無史さん:2015/09/25(金) 17:28:13.42 0
>>904
同意 モレクがなんだか知らないけど。

906 :世界@名無史さん:2015/09/25(金) 17:31:16.41 0
(文体からすごく自演っぽい)

907 :世界@名無史さん:2015/09/25(金) 17:32:52.87 0
>>903
共和制初期にはアウクシリアは存在しなかっただろ。
その場合、ローマ市民でない同盟軍兵士を補助兵って呼んでいいのか?
という疑問。

908 :世界@名無史さん:2015/09/25(金) 17:46:36.42 0
>>907
そこで呼んでいいのかどうかと疑問になる思考回路が不明
アウクシリア=補助兵とハッキリ言われてるじゃん
アウクシリアじゃないのは補助兵と呼ばないのは当たり前でしょ
同盟軍はそのまま同盟軍と呼ぶだけで

909 :世界@名無史さん:2015/09/25(金) 17:48:49.58 0
同盟軍というよりジエイタイ、属国兵のがしっくり来る

910 :世界@名無史さん:2015/09/25(金) 17:50:30.15 0
>>904
また論点すりかえ
話題はあんたの傭兵の定義の仕方なのであって
ローマの吸収体質なんて当たり前のことは誰も話してねえぞ

911 :世界@名無史さん:2015/09/25(金) 18:04:16.82 0
>>908
Ponsという辞書では
ラテン語auxilium 単数形は「助け」と行為をあらわす。
複数形auxiliaは「補助軍団」と訳されていて、組織体をあらわす。
「兵」という人間の意味はないんだよね。

auxiliaが「補助兵」と訳している辞書を知りたい、

912 :世界@名無史さん:2015/09/25(金) 18:09:45.36 0
脳内設定学者の本当に頭おかしい人なんじゃないかこの人…

913 :世界@名無史さん:2015/09/25(金) 18:22:40.31 0
典型的な藁人形論法だよ
相手にするだけ無駄

914 :世界@名無史さん:2015/09/25(金) 18:24:15.71 0
いわゆるサヨクな人達とか、論点横滑りさせながらヌラヌラ言い張る人多いし
そういう奴らがどこかで量産されてるんじゃないかな

915 :世界@名無史さん:2015/09/25(金) 18:43:03.47 0
いやほんとうに、どの辞書が
auxiliaを「補助兵」と訳しているを知りたい。

916 :世界@名無史さん:2015/09/25(金) 18:52:15.98 0
辞書云々は関係なく「日本では長らくその意味で使われてきて一般化してる」
という言葉が理解できないんだね。
実際の使用状況も「ローマ 補助兵」でググったりすれば丸分かりなのに、
自分でそうする知能もない。

917 :世界@名無史さん:2015/09/25(金) 19:03:46.98 0
あと、auxiliaが「補助兵」でだめな理由は
auxiliaの将校や下士官はローマ市民だからだよ。

918 :世界@名無史さん:2015/09/25(金) 19:16:56.88 0
ああはいはいわかりましたからどっか行って下さい
全共闘世代のお爺さんですかあんたは

919 :世界@名無史さん:2015/09/25(金) 19:18:35.02 0
>>916
ちなみに、君の辞書には何て書いてある。
ラテン語の辞書は持っているよね。

920 :世界@名無史さん:2015/09/25(金) 19:18:47.19 0
これだけの説明でも受け入れられないのなら、ここにいるのはもう意味無いよ。
日本ではauxiliaを「補助軍」や「支援軍」と並んで「補助兵」とも表記することが一般的に広まってしまっているから、
ここの住人にいくら食いついたところでその現状は変わらん。
この現状が受け入れがたいのならこんなスレにいないで、
この表記法を広めた日本のローマ史学会や出版社のほうへ申し立ててください。

921 :世界@名無史さん:2015/09/25(金) 19:21:29.59 0
>>919
なにが「ちなみに」だよまたサラッと論点滑らせてるじゃねえぞクソジジイ

922 :世界@名無史さん:2015/09/25(金) 19:24:34.37 0
もういいよ、こいつはほっとこう
リアルでも友達いないタイプだ

923 :世界@名無史さん:2015/09/25(金) 19:27:43.69 0
はい、あとはスルーで

924 :世界@名無史さん:2015/09/25(金) 20:39:24.36 0
国勢調査で兵力を把握!

925 :世界@名無史さん:2015/09/25(金) 21:01:10.84 0
そもそもこの脳内博士様は資料調査能力や論理構成能力は学部生より劣る

どうやって博士論文が通ったんだw
ありえんw

926 :世界@名無史さん:2015/09/25(金) 21:01:45.75 0
今年のハロウィンはちょっと見栄張ってロリカ・セグメンタータ着用したいです

927 :世界@名無史さん:2015/09/25(金) 21:10:09.71 0
では私はヘリオリガバスを・・

928 :世界@名無史さん:2015/09/25(金) 23:00:21.67 0
ヘリオガバルスみたいに掘られたいって?
仕方ないなあいいよ

929 :世界@名無史さん:2015/09/25(金) 23:40:04.59 0
蒸し返して悪いが
auxliaの将校、下士官がローマ人だったのって
バタヴィ戦争以後の一部の期間だけじゃね
共和制、帝政初期、帝政後期は現地民が指揮官だったはず(市民権持ってること多いけど)
加えて言うと日本語の「兵」は西洋でいうsoliderのような兵士という概念だけでなく
組織体としての「軍」や軍備、武器、兵器、さらには「戦」そのものなど多種多様な意味を含んでいる


だから別に補助兵でもいんじゃね

930 :世界@名無史さん:2015/09/25(金) 23:50:56.19 0
日本語の兵って個人すけど

931 :世界@名無史さん:2015/09/26(土) 00:14:48.41 0
「兵」という字を単体で単語として使用する場合は個人だけど、
「○○兵」みたいに単語のいち構成要素として用いる場合は広範な意味が生じるよ
アメリカ兵や日本兵という表現が個人としてでも複数としてでも意味が通るように

932 :世界@名無史さん:2015/09/26(土) 00:18:15.85 0
蒸し返さないでくり

933 :世界@名無史さん:2015/09/26(土) 06:25:49.88 0
また脳内学者様が喜ぶような真似するなよ

934 :世界@名無史さん:2015/09/26(土) 07:07:09.64 O
2ちゃんには、平均年齢の高いスレほどスルースキルが
低いという法則がありましてな。

935 :世界@名無史さん:2015/09/26(土) 07:18:24.43 0
古代ローマのアゴラでも真っ赤になって
いい歳の爺さんが口角泡飛ばしたりしてたんだろうな

それをヘラヘラ笑って見てるギリシャ人の若僧とか

936 :世界@名無史さん:2015/09/26(土) 07:21:00.58 0
人間とは噂の奴隷であり、しかもそれを、自分で望ましいと思う色をつけた形で信じてしまう。(カエサル)

937 :世界@名無史さん:2015/09/26(土) 10:10:38.06 0
>>936
特に情報アクセスが苦手な人たちに多いね
日本語のソースが読めな程度の日本語習得力の在日外国人社会は
本当に自分達に都合がいい噂がぱっと広まる

話をきくと条件があったり、勘違いしてたり

938 :世界@名無史さん:2015/09/26(土) 20:27:25.91 0
>>929
ローマ市民出がauxlia部隊を指揮すると、自動的に一階級出世する。
ゲルマニクスがその例。なのでauxliaの下士官はほとんどローマ市民だった。
野心を持ったローマ下層市民はauxliaをコマンドして出世を望んだみたいだ。

君もローマに興味があるなら、自由に発言してね。
まあー、いろいろ話しましょう。

939 :世界@名無史さん:2015/09/26(土) 20:43:29.70 0
いやー、古代ローマに興味がある人がこんなにいるんだね。
たのもしいわー。
 バタヴィ戦争のことはよく知らないよ。
 私は君たちの出世をじゃまする存在ではないので、なかよくやろうよ。
 

940 :世界@名無史さん:2015/09/26(土) 20:53:53.25 0
>>937
それ、私に言ってるの?
私の母方は甲斐源氏ですよ。

甲斐源氏はモングル系だというのなら、詳しく話し合いましょう。

941 :世界@名無史さん:2015/09/26(土) 21:01:01.53 0
トリップ付けてもらえます?

942 :世界@名無史さん:2015/09/26(土) 21:17:15.54 0
とりま、次スレには傭兵博士氏に関する注意喚起文盛りこんどいたほうがいい希ガスる

943 :世界@名無史さん:2015/09/26(土) 21:22:50.48 0
急に甲斐源氏が出てきて噴いた
誤爆なのかネタなのかコピペなのかガチなのか

それとも真正か

944 :世界@名無史さん:2015/09/26(土) 21:27:59.28 0
うちは父方の祖がヘラクレス
母方の祖はアキレウスです

945 :世界@名無史さん:2015/09/26(土) 21:32:18.94 0
>>940
どこの誤爆だ

誤爆で無いならびっくりとしかW

946 :世界@名無史さん:2015/09/26(土) 21:34:41.19 0
>>920
auxiliaは「補助軍」や「支援軍」で訳した方がいいと思うな。
auxiliaを「補助兵」で訳した先生はラテン語の辞書を
見ていなかったと思う。
 

947 :世界@名無史さん:2015/09/26(土) 21:37:29.82 0
>>944
ずいぶん貧弱な家系じゃないか
ウチは父方がアトラスで母方はキュベレだ

948 :世界@名無史さん:2015/09/26(土) 21:39:46.32 0
親戚のおじさんはカエサルです

949 :世界@名無史さん:2015/09/26(土) 21:40:53.94 0
>>946
兵の日本語の意味を良くわかってないアナタならではの見解だな

ラテン語だけでなく日本語にも習熟する必要があるのが翻訳

950 :世界@名無史さん:2015/09/26(土) 21:51:20.44 0
>>948
最近の研究で、ラテーネ人の墓を掘り起して調べたら、
なんと日本人特有のDNAが出てきたんだって。
 もしかしたら、逆に君はローマ人かも。
 東京駅の八重洲口は、家康が取り立てたヤウスという
 英国人に由来するそうだ。

951 :世界@名無史さん:2015/09/26(土) 22:00:27.18 0
>>947
大王の家系だぞ

952 :世界@名無史さん:2015/09/26(土) 22:01:17.40 0
>>939
バタヴィ戦争は4皇帝の年の内乱の終わりにバタヴィ族の首長キヴィリスが引き起こした反乱で
詳細はタキトゥスの内乱記にあるが一部散逸している
この反乱をきっかけに現地民にauxliaをそのまま率いらせるのはまずいてことになって
指揮官をラテン系のローマ人に、勤務地も出身部族の土地から遠く離れた地に設定するようになった
五賢帝時代の終わりまではこの状態が続いていたがセウェルスの時代に廃止されたと思われる
それを裏付ける史料としては碑文研究がある
碑文によって補助軍指揮官の出身地は大体割合が判明している
1世紀にはイタリア出身者が約68%いたけど、2世紀には38%まで落ち込んでる、3世紀には20%台まで下がる
だから補助軍指揮官をラテン系ローマ人が占めていたのは一世紀末のフラヴィウス〜二世紀初期のセウェルス朝まで
のおそらく100年にも満たない期間

953 :世界@名無史さん:2015/09/26(土) 22:43:14.00 0
池沼博士

954 :世界@名無史さん:2015/09/26(土) 22:47:18.34 0
ヤン・ヨーステンはオランダ人だろ…

955 :世界@名無史さん:2015/09/26(土) 23:31:17.96 0
ウチの血筋はローマには関係ないけど
まぁ海を挟んで隣の国だからなんか多分メイビー近い

956 :世界@名無史さん:2015/09/27(日) 00:51:02.09 0
>>955
シリア難民ですか

957 :世界@名無史さん:2015/09/27(日) 01:41:31.43 0
>>947
うちは父方がアダムで母方がイブです。

958 :世界@名無史さん:2015/09/27(日) 02:03:25.23 0
僕のパパがローマ皇帝と知り合いでね

959 :世界@名無史さん:2015/09/27(日) 05:11:47.76 O
近所の養老院から尊厳者の称号と護民官職権をもらった
んですが皇帝を名乗っていいですか?

960 :世界@名無史さん:2015/09/27(日) 06:04:39.29 O
悪いな、この皇帝職は二人までなんだ。

961 :世界@名無史さん:2015/09/27(日) 08:02:56.99 O
近所の養老院の、よく夜間徘徊してる老人で、いつも
「けしからん」とかブツブツ言ってる大カトーっぽい
爺さんに「アウグストゥスって名乗っていい?」って
聞いたら「いい」って言ってたから、僕が皇帝で
間違いありません!

962 :世界@名無史さん:2015/09/27(日) 08:46:36.78 0
住所不定、職業自称・ローマ皇帝の容疑者を逮捕し……

963 :世界@名無史さん:2015/09/27(日) 11:20:55.30 0
遊牧民か

964 :世界@名無史さん:2015/09/27(日) 11:51:45.60 0
それ、私に言ってるの?
私の母方はウェヌスですよ。

965 :世界@名無史さん:2015/09/27(日) 12:24:41.39 0
おお、同じ哺乳類の親戚同士だ仲良くしよう

966 :世界@名無史さん:2015/09/28(月) 17:06:29.56 O
昔そんなスレがあったなぁ。『征夷大将軍になりたいんですが』スレ。
「まず源氏長者になれ」という手続き論から、「とりあえず関ヶ原で
勝って出直してこい」まで様々だった。

967 :世界@名無史さん:2015/09/28(月) 22:40:34.72 0
藤原家や親王でもなっとるがな

968 :世界@名無史さん:2015/09/28(月) 23:13:30.64 0
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM28H8N_Y5A920C1FF8000/

969 :世界@名無史さん:2015/09/29(火) 09:42:36.61 0
カタルーニャ+ラングドック ベルギー+ラングドイル

イタリア+コルシカ オーストリア+バイエルン

ルーマニア+モルダビア リトアニア+ラトビア

970 :世界@名無史さん:2015/09/29(火) 10:00:50.96 0
カタルーニャ+ラングドック
ベルギー+ラングドイル
イタリア+コルシカ
オーストリア+バイエルン
ルーマニア+モルダビア
リトアニア+ラトビア

971 :世界@名無史さん:2015/09/30(水) 13:09:56.30 0
>>952
やはり「補助軍指揮官」の方が、「補助兵指揮官」よりいいよ。

これが、私が言う「傭兵とローマ下層市民一体論」の根拠です。
一緒に戦った男たちは団結するからね。

972 :世界@名無史さん:2015/09/30(水) 14:24:52.26 0
ヒスパニア属州からタッラコ付近が独立するようだ
属州名は「カタロニア」になるらしい
どっから来た名前なのかは知らん

973 :世界@名無史さん:2015/09/30(水) 19:51:23.92 0
カタロニアは城塞という意味から来ているらしいけど、ラテン語由来かどうかは分からん

974 :世界@名無史さん:2015/09/30(水) 20:02:09.23 0
カストラ(要塞)は歴としたラテン語だが…
イベリア人のラケタニ族から来ているとも、ケルト語が起源だとも
ゴート人が住んでいた(ゴートランド)からとも
ゴート人とアラン人が住んでいたから(ゴート・アラン)とも
まあ諸説紛々のようだ

975 :世界@名無史さん:2015/09/30(水) 20:22:39.78 0
バスク地方なんて独立したいけどできなくて、テロまで起こしてるのにカタルーニャときたら・・・

976 :世界@名無史さん:2015/09/30(水) 20:31:13.72 0
ローマ帝国がいかに偉大であったか思い知らされる

977 :世界@名無史さん:2015/09/30(水) 20:31:33.82 0
>>974
カストラが由来となってるのはカスティリアの方やな

地域名だけで判断するならイベリア半島って城塞ばっかやないか

978 :世界@名無史さん:2015/10/02(金) 01:03:20.15 0
ローマ時代ってどんなテロしてたの?
放火?

979 :世界@名無史さん:2015/10/02(金) 06:50:44.85 0
キリスト教徒が神殿に放火

980 :世界@名無史さん:2015/10/02(金) 07:25:09.66 0
貯水槽で遊泳

981 :世界@名無史さん:2015/10/02(金) 07:34:07.24 0
自分の母親が乗った船を沈没させる

982 :世界@名無史さん:2015/10/02(金) 08:27:42.71 0
政治的主張のため威嚇を目的とした実力行使という意味では
ほとんどなさそうだな
単なる暴動はあるが
マスコミがないので効果が少ない

983 :世界@名無史さん:2015/10/02(金) 09:46:18.86 0
立ちションしてる皇帝を刺し殺す

984 :世界@名無史さん:2015/10/02(金) 09:56:53.92 0
酒場に突然皇帝が現れてヘタクソな歌を聞かせる
酒場は近衛兵に包囲されていて逃げることはできない

985 :世界@名無史さん:2015/10/02(金) 10:07:05.98 O
何その早朝ヘビメタ

986 :世界@名無史さん:2015/10/02(金) 10:13:54.35 0
ネロはそれなりにレッスンは受けてるんだし、
聞くに堪えないほどの下手ッぴだったとは思えない。
ある程度の水準までは才能ではなく技術。

987 :世界@名無史さん:2015/10/02(金) 10:34:54.31 0
ユダヤ人がローマ軍の飲むぶどう酒に毒盛ったりした

988 :世界@名無史さん:2015/10/02(金) 17:33:43.04 0
最大のテロはローマの水道に毒を入れることだろう。
しかしローマ人への
水道水供給量は現在の東京都を超えるんだってね。
やはり、ローマは偉大だ。

989 :世界@名無史さん:2015/10/02(金) 17:54:17.24 O
井戸程度ならともかく水道とか、どんだけ大量の毒が
必要なのかと昔から思ってた。某スーパーの貯水槽に
死体が浮いてたのに、何ヶ月も死体水を飲んでて、誰も
気付かなかったりな。

990 :世界@名無史さん:2015/10/02(金) 18:11:35.69 0
>>989
ローマの近くにあった防砂水槽の話だよ。
流れてきた水をいったん止めて、砂を沈殿させて、
それからローマに送った。

991 :世界@名無史さん:2015/10/02(金) 18:37:51.15 0
日本は基本井戸だから簡単にできただろうな

992 :世界@名無史さん:2015/10/02(金) 19:02:11.12 0
ローマ水道は流しっぱなしなので水は大量

993 :世界@名無史さん:2015/10/02(金) 21:45:23.09 0
死体が浮いてるのがやっとこばれて大騒ぎになるくらいなんだから
普段から変なモノ入りまくってるんだろうな

994 :世界@名無史さん:2015/10/02(金) 23:42:47.70 0
不良が小便入れたりとか?

995 :世界@名無史さん:2015/10/03(土) 00:43:04.56 0
ともかく遷都の時期である!
新たな地に都を築き、栄光の帝国を存続させねばならぬ!

996 :世界@名無史さん:2015/10/03(土) 10:39:45.34 0
仙台か新潟かな佐賀でも善いけど

997 :世界@名無史さん:2015/10/03(土) 10:45:12.98 0
日本最大の平野なんで関東でいい

998 :世界@名無史さん:2015/10/03(土) 11:33:55.08 0
東京一極集中すぎて不測の事態が怖いから
ある程度分散させて欲しいとは思ってる

ただ、今の時代遷都なんてできるもんだろうか

999 :世界@名無史さん:2015/10/03(土) 11:41:07.56 0
まあ内戦して勝った国が首都に成るよ

1000 :世界@名無史さん:2015/10/03(土) 11:48:12.99 0
江戸幕府は負けたはずじゃ?

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

207 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)